税理士試験の受験資格が緩和されます③ 簿記1級を回避することで失うもの

令和5年からの税理士試験改正

簿記1級を回避できる可能性が高いです

 

 

前回の投稿では、税理士試験の令和5年改正のうち、税法科目の要件緩和についてお話しさせていただきました。

 

税理士試験の受験資格が緩和されます② 税法科目も緩和しています

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

簿記1級を回避できることはとても良いことですが

 

前回・前々回の投稿で、令和5年の税理士試験の改正についてお話しする中で、受験資格として、簿記1級を通過する必要がなくなりそうだ、というお話しをさせていただきました。

ちょっと古い話になりますが、私が簿記1級に挑戦していた頃、とある税理士事務所の先生から、こんなことをいわれたことがあります。

 

「1級受かってから税理士試験を受験するとなると、相当時間かかるよ。

なにしろ、簿記1級は税理士試験の1.5科目分のボリュームだからね。

最低1年はかかるから、だいぶ時間がかかるでしょうね。」

 

そう言われたものの、当時の私は、簿記3級と2級を独学で一発合格して、ノリノリの若造(といっても33歳)でした。

面接では「簿記1級は半年で取ります」くらいに息巻いていたかもしれません。

 

その時の私は、税理士試験の勉強がどのくらい大変なものかはわかりませんでした。

とはいえ、税理士試験の1.5科目分という言葉を聞いて、なにかとても大変な試験にチャレンジしてしまっているんだな、ということはわかりました。

その先生は、すでに5科目揃えている税理士か、残り1科目くらいの受験生をやとって、将来的に税理士法人化するビジョンで即戦力を求めていたようで、会計事務所未経験+税理士科目0科目の私はあっさりと面接に落ちましたね。
その辺の情報は履歴書を見ればわかったはずなので、違う部分で落とされた可能性が高いですが。。

その先生の予言(?)通り、私は簿記1級のカベに苦しみ、突破に3年近くかかってしまいました。

トータルの時間に換算すると、2000時間くらいは突っ込んだかもしれません。

 

簿記1級に受からなくても、税理士になることができた私

 

簿記1級が開いてくれた扉

 

ですが、簿記1級のカベを乗り越えた経験は、私の人生の中でかなり重要なターニングポイントになっていたように思います。

 

先にご紹介した先生がいうように簿記1級の学習量が税理士試験の1.5科目分に相当するかというとちょっと微妙ですが、少なくとも1科目分には匹敵するかなと私は考えています。

 

そして、この簿記1級の合格体験が、その後の税理士試験に勢いをつけてくれました。

というのも、簿記1級の学習内容は税理士試験の簿記論とかなりの部分でかぶっているためです。

ですので、簿記1級(私の場合は全経上級)に合格して、すぐに簿記論に申し込めば、そのままに流れで税理士試験にスムースに入ることができます。

 

簿記論のほうが簿記1級よりつまらないです

 

私は全経簿記上級を突破して、税理士試験の簿記論の勉強をはじめました。

簿記論の勉強をはじめてすぐに感じたことは、簿記論は簿記1級の勉強よりも全然おもしろくない、ということです。

 

税理士試験の簿記論は、内容的に難しい部分もありますが、ひたすら計算がハードなだけだったり、ボリュームが多いだけだったりで、力技の部分が多い印象でした。

その点、簿記1級とはだいぶカラーが違う試験だなという印象を持ちました。

 

私が好きだった簿記1級の工業簿記・原価計算が、税理士試験の簿記論ではまったくでてこないところも大きいでしょうね。

工業簿記の最適セールス・ミックス、受注可否の意思決定、といった簿記というよりは経営学的な学習内容は、自分が経営者になったかのような視点で勉強することができ、とても楽しかったのです。

 

税理士試験の受験生からは簿記論に絡まないため嫌われてしまう工業簿記・原価計算ですが、私は好きでした。

むしろこの科目があったから、簿記1級に挑戦し続けることができたようにも思うのです。

そして、簿記1級を経由せずに簿記2級から簿記論・財務諸表論に入っていたら、勉強がつまらなくて挫折していたかもとすら思います。

 

私は変わった例かもしれません。

ですが、今回の改正で税理士試験の受験生と簿記1級の距離感は大きく変わるように思ったので、記事化してみました。

会計や税法よりも、経営や投資に興味があるという税理士試験の受験生にとっては、簿記1級の勉強は楽しめると思います。

わざわざ受ける必要がないのに受験するのは、時間のロスが大きいのでおすすめできませんが、興味があるかたは、なんらかの参考にしていただけたら幸いです。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

4:00起床。

この正月休みは、毎日2度寝していしまい、悪い習慣がつきました。
まずは、ブログの加筆をして、事務所ホームページのほうも投稿。
税務記事の投稿は、年末年始休まずに更新してます。
少しづつ、楽しくなってきました。

その後、レアル・マドリーの試合を視聴。
ヴィニシウス選手がコロナ陽性で欠場。
下位ヘタフェに痛い星を落としました。
いつの間にか、アーセナルに行っていたセバージョス選手が帰ってきてますね。
早くプレーが見てみたいです。

午前中は次男のサッカーのウォームアップに付き添い。
所属するサッカー少年団で「初蹴り」というイベントがあるのですが、リフティング競争があるので、優勝するために準備をしてきました。

そのおかげか、なんとか1位をとることができ、景品のうまい棒をたくさんゲット。
初蹴りでは、クラブOBのプロ選手が来てサイン会をしたり、いっしょにプレーしたり、親子サッカー大会をしたりして、盛り上がりました。

夕方は洗濯をしたり、明日からのスキー旅行の準備を。
雪山での運転が初めてなので、ちょっと恐怖です。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

税理士試験の受験資格が緩和されます② 税法科目も緩和しています

税理士試験制度の改正

ありがたいですが、微妙なかたもいるかもしれません。

 

 

前回の投稿では、税理士試験の受験資格が緩和されたというお話しさせていただきました。

 

税理士試験の受験資格が緩和されます 会計2科目は受験資格不要に

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

2つ目の緩和は?

 

前回の投稿で見たとおり、今回の税制改正大綱では、税理士試験制度について、大きな2つの改正が入りました。

 

税理士試験の受験資格要件の緩和

税理士試験の受験資格について、次の見直しを行う。

① 会計学に属する科目の受験資格を不要とする。

② 大学等において一定の科目を修めた者が得ることができる受験資格につい
て、その対象となる科目を社会科学に属する科目(現行:法律学又は経済学)に拡充する。

(注)上記の改正は、令和5年4月1日から施行する。

 

 

本日取り上げるのは、2番めの話しになります。

前回お話した通り、会計学に属する科目である簿記論と財務諸表論については、受験資格が不要になりました。

ですが税法科目については、受験資格要件がまだ残っています。

 

税法科目の受験資格要件は「社会科学」に属する科目に

 

改正前の「学識による要件」では大学等で「法律学又は経済学」に属する科目を取得していることでした。

これは別に法学部や経済学部に所属していたということではなく、法律学や経済学に関する科目を一つでも取っていれば良いということです。

私も学生時代に、教養課程のときに自分の学部の授業だけではなく法律学や経済学についての授業をとっていればよかったのですが、当時はまったくそちらの方面に関心がなかったんですよね。

 

今なら逆に文学部系の授業よりも経済学や法律学の授業を取りますが、同時の私は文学や哲学のほうが興味があったのです。

そんな話はどうでも良いのですが、今回の改正では「社会科学」という広い言葉に変わりました。

 

「社会科学」が具体的に何を指すのかが、現時点ではわかりません。

令和5年から改正される税理士試験の詳細は、令和4年の税理士試験の合格発表後にわかると思います。

おそらく確実に法律学や経済学以外にも、政治学経営学は入ってくるでしょうね

さらに社会学教育学まで入ってくるとかなりの拡充になるような気がします。

 

「社会科学」という言葉は「自然科学」(いわゆる理系科目)との対比で単に文系科目という文脈でも使われますので、そうなるとさらに広くなります。

哲学、心理学、文化人類学、歴史学、地理学、言語学といった人文科学系の科目もここに含まれます。

 

こうなると文系の学部を出たかたであれば、ほぼ確実に受験要件を満たすでしょう。

理系学部出身のかたでも、心理学や教育学などの単位を教養課程のときに取られているかたは多いでしょうから、かなりのかたが受験資格を取得できるかもしれません。

 

2年間の実務経験でもOKです

 

このように「社会科学」が具体的にどの学問を指すのかが微妙なために、しばらくの間は、もやもや感が残りますね。

どうせなら会計科目と同じように受験要件をなくしてくれればフェアでいいのでは?と個人的には思います。

「社会科学」というもはやあまり意味がない枠を残した理由が、逆に謎ですね。

これでは中卒、高卒、専門卒のかたや理系学部出身のかただけ排除しているみたいで差別的です。。

 

そうはいってもどうしても欲しいのが、税理士資格。

合格するためには、制度に文句をいっても仕方ありません。

粛々と要件をみたすべく、行動するのみですね。

 

大学での履修科目要件のほかにも「職歴による受験資格」の要件もあります。

 

職歴による受験資格

法人又は事業行う個人の会計に関する事務に2年以上従事した者

銀行、信託会社、保険会社等において、資金の貸付け・運用に関する事務に2年以上従事した者

税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助事務に2年以上従事した者

 

国税庁HP 税理士試験受験資格の概要より

 

↑いろいろありますが、税理士登録をする際に、会計事務所等での実務経験が2年必要になることや将来の独立を視野に入れる場合、どちらにしろ会計事務所での勤務経験は必要になりますね。

ですので、受験資格がないかた(令和5年試験から)の実際の受験プランとしては、簿記論と財務諸表論の合格を目指しながら、会計事務所で2年以上の実務経験を積む、というパターンが王道になると思います。

いずれにしても簿記1級を回避することができるだけでも大幅な時間短縮になると思いますので、今回の改正は大きいでしょうね。

 

当ブログ、今回が年内最後の更新とります。

新年は4日から更新をスタートする予定です。

今年一年お世話になりました。

皆さま、良いお年をお迎えください。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

Have a happy new year !!

 

【昨日のできごと】

4:13起床。

軽く寝坊しました。
ブログを仕上げて、年末調整の続きを。
朝の6時台から仕事をスタートしてるって、なかなかすごいですね。
私は、勤務時代でも始発に乗って6時前から仕事をしていましたが。。

午前中は、子どもたちと市内の児童館に。
以前は毎日のように行っていた児童館でしたが、だいぶ足が遠のきました。
すでに長男(9歳)は、最年長くらいの年になっています。
三男(4歳)でも、大きい子の部類に入るくらいです。
子どもの成長は早いものですね。

午後は、市内の事業者のかたと新規面談。
さっそく依頼をいただき楽しみです。
もどって資料をまとめたりスキャン作業を。

夕方には、延期になっていた新規のかたとの面談を。
資料がそろわず、見積もりは持ち越しに。
ですが、こちらもご依頼をいただけそうで、嬉しいです。

その後、自宅にもどって、晩酌、子どもとお風呂、という1日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

税理士試験の受験資格が緩和されます 会計2科目は受験資格不要に

税理士試験制度に大きな改正が入りました。

今回は、この改正について考えてみたいと思います。

 

 

前回の税理士試験関係の投稿では、合格後から2年後の世界をお話しさせていただきました。

 

税理士試験 合格から2年後の世界は?

 

今回は、税理士試験の改正についてお話しさせていただこうと思います。

 

税理士試験制度の改正

 

毎年のことになりますが、今年も税制改正のシーズンになりました。

令和3年12月24日のクリスマスイブの日に正式に令和4年度の税制改正大綱が閣議決定されました。

 

今回取り上げるのは、税理士試験制度の改正です。

私も11年間税理士試験に挑戦してきましたが、これだけ大きな改正は初めてですね。

では、その内容について見ていきたいと思います。

 

税理士試験の受験資格要件の緩和

税理士試験の受験資格について、次の見直しを行う。

① 会計学に属する科目の受験資格を不要とする。

② 大学等において一定の科目を修めた者が得ることができる受験資格につい
て、その対象となる科目を社会科学に属する科目(現行:法律学又は経済学)に拡充する。

(注)上記の改正は、令和5年4月1日から施行する。

 

今回の改正は2つに分かれます。

会計2科目については、受験資格不要に

 

まず第一の改正は、会計学に関する受験資格の緩和です。

 

具体的には会計学に属する科目の受験資格が不用になりました。

これにより簿記論・財務諸表論については、受験資格がなくなったため、ハードルが一気に下がりましたね。

 

というのも、受験資格については、

大学、短大又は高等専門学校を卒業した者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者

という要件があり、ここを満たしていないかたが、けっこういたんですよね。

 

私も大学を教養学部という文学部系の学部を卒業したため、法律学や経済学の単位を保有しておらず、受験資格がなかったクチです。

そういうかたは、資格による受験資格として、

日商簿記検定1級  全景簿記検定上級

のいずれかに合格をする必要がありました。

 

日商簿記1級のカベは高過ぎた

 

税理士になる道を志しスタートするためには、いきなり税理士試験の勉強をするのではなく、簿記検定からスタートするのが王道です。

 

私も日商簿記検定の3級を受験してから2級に進み、その後に会計事務所に就職をして、簿記1級に挑戦するというプランを歩みました。

 

 

この簿記1級のカベが本当に高くて、私はついに合格できないまま、税理士になってしまいました。

 

簿記1級に受からなくても、税理士になることができた私

 

↑このときの投稿にも書きましたが、私は全経簿記上級をスレスレで突破してなんとか受験資格をゲットしました。

結果としては、税理士試験の受験資格を得るために3年かかってしまったので、その3年がカットされると思うとこの改正はほんとに大きいと思います。

 

私以外にも、簿記1級のカベに阻まれて、税理士試験の土俵に立つことすらできずに悔しい思いをしている人がたくさんいるでしょう。

受験資格というチャンスが平等に与えられていないなんて、おかしいですよね。

ですので、そういう意味ではこの改正、とても大きいと思います。

 

ちなみにこの改正は、令和5年4月からの改正なので、次回の令和4年の試験には適用されません

くれぐれもご注意ください。

 

少し長くなってきたので、続きは次回にお話しさせていただこうおと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

4:30起床。

前日の忘年会でしっかり3時間以上参加してしまったため、1時間寝坊しました。
幸い子どもたちが冬休みに入ったので、朝時間のデッドラインがなくなったので、ゆっくりとブログ執筆を。

午前中は、子どもを妻にまかせて、少し作業を。
その後、近所のカフェで顧問先と打ち合わせ。
仕事以外の話しもできて楽しい時間でした。

お昼は、ダ・ゾーンでプレミアリーグのダイジェストを視聴。
毎回、動画の始まる瞬間に「Watch Premier League on DAZN」という選手のコメントが入るのですが、このコメントを見るのが少し楽しみです。
Jの試合では「Jリーグをダ・ゾーンで見よう」とか日本語で言っていると思うのですが、南野選手(リバプール所属)は、英語で言ってましたね。

YouTube [Watch Premier league on DAZN]ウォッチプレミアリーグオンダゾーン第10節まで全まとめ

↑面白いこのCMのまとめ動画発見!
南野選手は、日本語と英語バージョンがあります(笑)。
冨安選手(アーセナル所属)は日本語のみ。
マニアックですが、プレミアファンのかたは楽しめると思います。
今度はスペインバージョンで、久保選手のスペイン語をみたいですね。

午後は、年末調整の作業に集中。
一気に3件仕上げて、すっきりです。

夕方は子どもをサッカーに送って、また年末調整を。
単純作業ですが、けっこう楽しめました。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

 

税理士試験 合格から2年後の世界は?

税理士試験、合格発表がありました。

私は2年前に税理士試験を卒業しました。

 

 

昨年もこの時期に税理士試験について、投稿させていただきました。

 

税理士試験の合格発表について ゴールでもありスタートでもあり

 

今年も改めて税理士試験について、お話しさせていただこうと思います。

 

今年もすごかったTwitter上の税理士受験生

 

今年もまた、税理士試験の合格発表が終わりました。

 

発表日は金曜日(2021年12月17日)でしたので、郵送の関係上、実はまだ手元に結果が届いていない、というかたもいるようですね。

おそらく今日(2021年12月20日)には、ほとんどのかたの元に結果が届くことと思います。

 

そして今年もまたTwitterのタイムラインを眺めていて、受験生のかたからたくさんの合格Tweetが届き、とても嬉しくなると同時に驚きました。

タイムライン上の「Twitterを見ていると税理士試験が合格率7割の試験に感じる」というTweetに激しく同意してしまいましたね。

 

すでに、答練や全国模試の結果を見ていたかたは「やっぱりこの人は受かるよね」という感じだったり、わりといいねをいただいていたフォロワーさんの不合格の報を見ると「あれ、この人ダメだったのか」と一緒に落ち込んだり。。

今年は、あまりコメントを入れることができていませんが、皆さまの結果はちゃんと見させていただいています。

この場を借りて、お伝えしますね。

 

合格されたかた、本当におめでとうございます!

残念だったかは、なんとお声がけしたものかいつも迷いますが、また頑張りましょう。

私は税理士になるのに11年かかってますので、ドンマイです。

 

皆さんサラッと合格されているように感じてしまいますが、受験生のかた一人ひとりにいろいろなドラマがあって、Tweetのウラでは毎日の凄まじい努力があっての結果だと思います。

ほんとにすごいですね。

 

税理士試験卒業 2年後の気持ちは?

 

今回は、私が税理士試験を卒業して、2回目の合格発表となりました。

 

前回の発表では、自分の発表当時をありありと思い出すことができ、Twitter上の発表を見ながら、いっしょに興奮したり落ち込んだりしていました。

今年は、その作業も2回めということで、もう少し客観的に見ることができるようになりました。

こうしてあの人生を賭けた税理士試験という戦いを傍観している自分がとても不思議ではあります。

あの緊張と熱狂が渦巻く税理士試験、もう一度味わいたいと少し思ったり。。

その後も、FP検定や漢字検定をちょこちょこ受けましたが、税理士試験の熱狂には遠く及びませんでしたね。

 

その後も戦いの日々は続きます

 

試験に合格しても、不合格になっても戦いの日々は続きます。

私の場合は、税理士試験が終わった後、独立開業の道を選びました。

 

そして独立してみると今度は「顧問先獲得」というカベにぶち当たり、苦戦を強いられています。

Twitterには、私と同じような開業間もない士業のかたもたくさんいますね。

そういったかたのTweetは特に注意して見るようにしています。

 

そしてそういったかたの中には「開業初月に売上300万円」とか「開業初年度に売上1,000万円超え」といったすごいTweetを見かけることもありました。

税理士試験卒業後も、Twitterの世界では、優秀な人がたくさんいるということですね。

ですがそういった猛者たちと同じ土俵に立つことはできませんし、そうする必要もないのかなと思います。

そういったかたからも刺激を受けつつ、私もいまの自分の戦いに挑んでいこうと思います。

 

なかなかにしんどい世界ではありますが、税理士試験のように出題されるかわからない(ほとんど出ません)のに意味不明な法律の条文を丸暗記するような不条理な世界ではありません。

頑張ったら、がんばった分だけ自分にリターンがあるステキな世界です。

この世界に立つことができたことに喜びを感じつつ、これからの自分のビジネスを展開していけたらなと思います。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

3:30起床。

朝時間は事務所のホームページを更新。
いろいろ調べながら書いていると進まないですね。

午前中は、長男・次男の宿題を見て、ゆっくりと。
その後、早めのお昼ごはんを食べて、次男のサッカーの試合に帯同。

スマホにつけると25倍位まで拡大できる望遠レンズを試してみました。
ですがピントが合わなかったり、画像がゆがんでしまったりで、なかなか難しいことがわかりました。
かっこいいドリブルシーンやシュートシーンを撮りたいので一眼レフカメラを買うかもしれません。

試合は3戦全敗。
予想はしていましたが、やはり強いチームでした。
まだまだ練習していかないとダメですね。

夕方は、自宅に帰って撮った写真の整理とブログの仕込みをして、その後、サッカーの父兄のかたとの忘年会、という1日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

ブログとホームページを別々に作ることのメリット・デメリット 続

ブログとホームページを別にしたことのデメリットとは?

 

 

前回の投稿では、ブログとホームページを別々に作ることのメリットについて、お話しさせていただきました。

 

ブログとホームページを別々に作ることのメリット・デメリット

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

デメリット コストが倍かかります

 

前回はメリットのお話しですが、今回はデメリットです。

 

まず単純な話ですが、ブログとホームページを維持するのにかかるコストが倍になってしまいました。

といっても金額は、ドメインを取得した費用が1,078円と毎月のレンタルサーバー代の1,430円だけです。

ですので、年間で18,238円

WordPressは基本無料ですが、有料テーマを使うともう少しお金がかかります。

あとホームページに使った本人写真は、以前にプロのカメラマンの方にお願いして撮ってもらったものでした。

プロフィール写真をプロにお願いするには?

 

全部合わせても事務所ホームページの運用にかかる経費として、多い金額ではないと思います。

HP制作を外注すると10万円単位の金額が動くこともありますので。。

 

時間がかかるというデメリット

 

費用面よりも大きいデメリットは、ホームページを新しく立ち上げるとなると認知度がゼロからのスタートなので、Googleなどの検索システムにひっかかるようになるまでに時間がかかるということですね。

 

逆にいうと、ブログをホームページに転用すれば、それまでのブログ運営で築いてきた信用(ブログの投稿数や読んでいただける方など)をすべて引き継ぐことができるので、ホームページの立ち上げ時に、いきなり軌道に乗っている状態でスタートできます。

この点が転用の最大のメリットで、ブログを運営した時間が長ければ長いほど、ホームページの助走期間が長く有利ですね。

 

とにかくブログ運営には、1日2日でどうにかできるような即効性の技なんてなく、やっていただくとよくわかるのですが、PV(ページビュー)数が増えてくるのは、じわじわという感じなので、気長に時間をかけるしかないんですよね。

 

ホームページを軌道にのせるには?

 

開設したばかりのホームページを軌道にのせるには、とにかく投稿数を増やして更新をどんどんしていくのが近道だと思います。

 

そのために私が取った方法は、私が通っていた税法免除大学院時代の修士論文の全文を公開して、投稿するという方法でした。

 

菊地和巳税理士事務所 修士論文を公開しています(目次)

 

税法免除大学院の修士論文がどんなものか見てみたいという方のニーズはあると考えました。

ですが、ネット上で一般公開している方はそうはいないので、ある程度のPV数は得られるものと期待しています。

修士論文自体はどこの大学でも図書館に行けば見ることはできるので、一般公開されているようなものなのですが。

 

わざわざ過去の論文を取り出した理由の一つには、せっかく私が1年間心血を注いでかきあげた修士論文なので、このまま誰の目にも触れずに消えていってしまうのももったいないとの思いもありました。

また、私が取り上げたのは「消費税の事業者免税点制度をめぐる諸問題」というテーマで、現在(2021年10月)のインボイス制度導入についても密接に関わってくるホットなトピックだったので、これをネット上に置いておきたかったのです。

少なくともこのテーマの文献はすべて漁って、最新のものを取り上げた(2020年1月現在)ので、若干時間は経っていますが、まだまだ有効な内容も多いと考えました。

 

ちなみのこの論文は、A4版で210ページ、字数が8万字(注釈を入れると11万6千字)というボリュームです。

一般的な大学院生の修士論文は、5万~6万字程度で十分と言われていますので、かなりのボリュームということになります。

また、扱った文献の数も200近かったような?
取り寄せた文献は300以上は軽くありました。

論旨の質はともかく、扱った文献の量としてはこの分野で日本一(おそらく)というレベルの内容ですので、私の論文を見てビビる必要はまったくありません。

 

使用上の注意

この論文を国税審議会に提出することで、税法免除を得ることができました。

 

ですがこれからの院生が、この論文をコピペして国税審議会に提出しても、コピペチェッカーに引っかかって大変なことになると思いますので、ご注意を。

また大学生がコピペしてレポートとして使っても、内容的に厳しいかも。

先生が読めば、おっさんが書いたものであることはすぐにバレると思います。

 

自分で言ってしまいますが、ホームページに修士論文を載せるのは邪道です。

お客様にとっては、読んでもよくわからない内容でしょうし。。

本来的にはホットな話題をやさしく説明したような税務記事をたくさん投稿していくのが正道だと思います。

苦手でなかなか気がすすまないのですが。。

今後の私の課題です。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

4:25起床。
知らぬ間に二度寝をしていたようです。

急いで起きて、朝時間はブログの加筆を。

子どもたちを送ったあと、調べ物とお問い合わせ対応。
新しい方とどんどん出会えるので、楽しみです。
その後、予定がキャンセルになったのでジョギングを10キロ。
30度を超える日も、そろそろ終わりにして欲しいところです。

午後は、クレジットカード決済の方法を調べることに。
お客さんの利便性を考えて、カード決済も導入しようと思います。
なかなか手続きも大変なので、審査が通るのか心配ですが。

夕方はブログ執筆を軽くして、子供とお風呂に、という1日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

スタディプラスを使って、学習管理をしよう! 終

スタディプラスという学習管理アプリ

SNS機能もあるんです。

 

 

前回の投稿ではスタディプラスというアプリの使い方について、お話しさせていただきました。

 

スタディプラスを使って、学習管理をしよう! 続

 

今回はその続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

スタディプラスは、SNSでもあります

 

 

スタディプラスは、単なる学習管理アプリではありません。

それだけではストップウォッチに毛が生えた程度で、大したことないよね、という話になります。

 

では何が凄いのかというと、その学習記録をTwitterのようなSNSと同じ仕組みで、学習記録を登録した投稿がタイムラインに流れてシェアされる仕組みになっている点です。

 

 

こちらがタイムラインです。

TwitterやFacebookなどのSNSと同じように、この投稿を見た方が「いいね!」をしたり、コメントを付けたりすることができる機能がついています。

 

 

こちらが、スタディプラスのプロフィール画面です。

私はスタプラをSNSとしては使っていないので、プロフィール画面に目標を書いていませんし、フォローもフォロワーも0のままになっています。

(私の場合はTwitter、Facebook、InstagramとSNSに手を広げすぎて、いっぱいいっぱいなのでスタプラをSNSとしては使っていません。)

 

ですが、SNSをあまり使っていない方は、スタプラのタイムラインをチェックして、同じ資格(または受験校)を目指している方をフォローしたりして、お互いの学習記録を「いいね!」し合っても良いかもしれません。

 

こんな感じで、勉強している仲間といいね!し合うことができます。

勉強という作業は、どうしても孤独な作業になりがちです。

そんなときSNSで同じ方向性の仲間を見つけることができ、仲間の頑張っている姿に刺激を受けることで、お互いを励まし合い、高め合えれば最高ですね。

 

ですが、私自身が一番強く感じていることですが、
とにかくSNSというやつは時間食い虫でもあるので、
ご利用にはくれぐれもご注意ください。

スタプラを使いはじめて仲間がたくさんできたのは良かったけど、「いいね!」返しやTL(タイムライン)をぼんやり眺める時間で毎日30分使っていますという状態では、その分勉強したほうがよかった、ということになりかねません。。

 

魔法のアプリ!

 

スタプラの売り文句は「受験生の2人に1人が使う魔法のアプリ」。

累計の会員数は、600万人超とのことです。

これはすごい数字ですね。

 

私が学生ではないので分からないのですが、高校受験・大学受験にスタプラを利用したユーザーがその後、スタプラを卒業してしまうのか、それともその後も、スタプラを利用し続けるのか?とても気になるところです。

ひょっとして志望校の高校や大学に合格した後に、スタプラでつながっていた若者たちがリアル対面をして「あ~あなたが〇〇さんだったんですか~」なんていいながら、リアル友達になったり、さらには恋に落ちてしまったりして。。

若いって良いですね。

若者のプラットフォーマー企業の未来

 

SNSの世界は、勝者がより強くなる弱肉強食の世界。

このスタプラは、学習管理アプリ(SNS)としての国内シェアNo.1の座を押さえているので、その優位性は今後も続く可能性が高いです。

 

私が思うことは、これだけ若い世代の勉強家たちをSNSユーザーとして囲い込んでいるということは、すごいビジネスチャンスを秘めているのではないか?ということです。

スタプラを使って、勉強をして志望校合格を果たしたあとで、大学生たちはSNSとしてスタプラを使い続けるのか?

それとも、TwitterやInstagram、TikTokといった一般的なSNSに流れていってしまうのか?

スタプラを使い続けるならば、どんな使い方なのか?

とても興味がありますね。

 

ちなみに、スタプラを運営するスタディプラス株式会社は現在未上場企業です。

このアプリを通じて、今後どのようなビジネスが生まれていくのか?楽しみですね。

 

そんなスタプラに今後も注視していきたいと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

Studyplus(スタディプラス)勉強記録・学習管理アプリ Google Play

Studyplus(スタディプラス)勉強記録・学習管理アプリ App Store

 

 

【昨日のできごと】

2:22起床。
異常な時間ですが、海外サッカー観戦のためでございます。

シャワーを浴びて、朝勉強に。
最近は、月刊「税理」付録のセミナー動画を見ることにハマっていて、毎朝楽しみになっています。
研修時間(ノルマは年間36時間)もどんどん積み上がってきているので、早めにクリアしてしまおうと思います。

動画視聴後に、お楽しみのEURO2020のベルギー対ポルトガル戦を。
前半はゆったりとした入りで眠たい展開でしたが、ベルギーの伏兵T・アザールのスーパーゴールで、一気に目が覚めました。
その後は、激しい展開でドキドキが止まらなかったです。
この大会、結局私はポルトガルのC・ロナウドをずっと追いかけていたので、試合後はホントに悲しくなりました。

ベルギーはやっぱり強い。キーパー・クルトワは敵に回すとホントに最悪です(日本代表もW杯でやられたあのデカいヤツです)。

午前中は、書類整理をしたあとで、ジョギング。
午後は、次男のサッカーチームのブログを書き。
自分のブログとは違った視点で書くことができるので、楽しい作業です。

夕方は、自分のブログ執筆という一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

スタディプラスを使って、学習管理をしよう! 続

スタディプラスというアプリ

若い世代の方には定番の学習管理アプリのようです。

 

 

前回の投稿では、スタディプラスという学習管理アプリの概要について、お話しさせていただきました。

 

スタディプラスを使って、学習管理をしよう!

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

スタディプラスの使い方

 

スタディプラスというアプリ。

私も使って4ヶ月ちょっとであり、使い込んでいる方から見ると、ビギナーそのものです。

このスタプラには色々な機能があり、そのすべてを理解しているわけでは、ありません。

そんなスタプラビギナーの私が、4ヶ月間の使用の中で利用した機能について、見ていきたいと思います。

 

勉強中の本棚を登録

 

このアプリでは、勉強内容を記録するにあたって、使用した教材の登録することからはじめます。

 

 

使っている参考書のバーコードを読み取ることで、参考書を登録することができます。

メジャーな参考書であれば、そのまま参考書の画像がヒットして、登録することができます。

 

 

メジャーな教材の登録は簡単です。

 

 

私が先日、受験したCFPの参考書の定番書である「CFP受験対策 精選過去問題集」は、なぜかバーコード読み取りの対象外ですので、自分で写真を撮影して登録する必要があります。

 

ここで注意したいのが、書籍をスマホで撮影すると、表紙のビニールコーティングで反射してしまい、いい写真が撮れないんですよね。

そんなときは、フォトスキャンというアプリで写真を取ると、光の反射を除去した写真を撮ることができます。

フォトスキャン by Google フォト

 

別に写真が無くても問題はないのですが、この本棚が勉強履歴を登録するたびにタイムラインに流れますので、写真があったほうが見映えがして、良いと思います。

 

 

こうして参考書を登録して、参考書ごとに勉強時間を登録することができます。

 

記録を入力します

 

こうして使っている参考書を登録したら、実際に勉強して、学習した記録を残していきます。

記録の残し方はとっても簡単です。

その方法は、勉強中の本棚の教材を選択すると、

 

このような画面になるため、この画面から、勉強時間を登録したり、学習量(ページ数)を登録したりすることができます。

私の場合は、手持ちのストップウォッチで時間を計測して、その時間を登録していましたが、このアプリ自体がストップウォッチ機能もあるので、そちらを使っても良いかもしれません。

 

 

こちらがストップウォッチ機能の画面です。

便利ですね。

 

ですが、時間だけで成果を図ろうとすると、ボーっとしてる時間やスマホで遊んでいる時間も学習時間に含まれてしまったりするので要注意です。

特に、私のように勉強したふりをするのが得意(とにかく机に長時間かじりついていることが得意だけど、実際は頭があまり働いていない。。)という方は、時間だけで成果を図らないほうが良いのかもしれません。

そんな方は、こなしたページ数や問題数を記録するのも一つの方法です。

この方法も問題の難しさにばらつきがあると、単純に比較できる数字にならないことも多いのですが。。

 

学習データを分析 反省材料になります

 

こうして学習した記録を毎日残していくと、少しづつその記録が蓄積されていきます。

この蓄積が積み上がっていくと、学習の傾向をチェックすることができます。

 

 

私のCFPの直前期のデータでは、最後の追い込みが効かなかったことがありありと残っています。

試験前日に1時間しか勉強していないというのは、ダメですね。

 

 

このように、週単位や月単位での分析もできます。

自分の得意科目、好きな科目に勉強がかたよっていないか?
時々チェックすると良いかもしれません。

私の場合は、好きだったライフプランニングという科目に学習時間がかたよってしまいました。。

今でこそ、客観的に振り返ることができますが、受験期間中はなかなかこうして自分を客観的に見ることができないんですよね。

目先の勉強に闇雲に時間を投入するよりも、こうして自分を客観視する時間も大事なのかもしれません。

 

少し長くなってきましたので、次回、スタディプラスの持つSNS的な機能について、お話しさせていただこうと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

Studyplus(スタディプラス)勉強記録・学習管理アプリ Google Play

Studyplus(スタディプラス)勉強記録・学習管理アプリ App Store

 

【昨日のできごと】

3:08起床。
もう少しゆっくり寝たいところですが、目が覚めてしまったので。

朝勉は、税務雑誌のチェックから。
あまりタイムリーな情報がないので、オンライン動画研修を。
「スモールM&Aビジネスの始め方」というちょっと風変わりな実務家よりの研修を視聴。
まだ少ししか見ていませんが、参考になりそうです。
中小企業の事業承継、今後とても重要になるような気がしています。

朝早くから、長男のサッカーの大会のお手伝いに。
事前予報では雨予測でしたが、結局雨は降らず。
グランドはだいぶぬかっていたので、スポンジで水取りをすることなり、けっこう大変でした。

試合は、3戦全勝。
試合のたびにパスが繋がるようになり、見ていて楽しかったです。
上級生主体のチームなので、長男はボールを触るのがやっとの状態でしたが、頭を使うサッカーに少しづつ慣れてきたような気がします。

夕方は、子どもたちと進撃の巨人を見て、ブログ執筆という一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

スタディプラスを使って、学習管理をしよう!

スタディプラス、勉強した記録を残すことができる

とっても便利なアプリです。

 

先週の投稿では、私が受験したCFP試験について、不合格体験記をお話しさせていただきました。

 

CFP試験・不合格体験記① 金融資産運用設計

 

今回は、その受験勉強でお世話になったアプリについて、お話しさせていただこうと思います。

 

税理士試験時代のおっさんのアナログ勉強管理

 

私が最後に受けた税理士試験は、2年前の8月に受験した消費税法が最後です。

その時の様子は、このブログのここかしこに残しています。

 

私の合格体験記 消費税法①

 

仕事を5月末で退職して背水の陣を敷き、6月からは受験に専念して、なんとか5回目の受験で合格を手にすることができました。

 

当時の私は、学習アプリを使ってはおらず、勉強内容に関しては、手帳を使って管理していました。

 

こうしてみると、なかなかにアナログですね。

 

内容的には、覚えるべき理論(税法の条文の丸暗記です)を前日に決めておいて、覚えた(この場合は、心の中で暗証すること)ら、OKと赤ペンで記入していました。

受験に専念しているので、だいたい1日に10題くらいの理論を回している状態です。

学習時間としては、一日10時間程度(机に座っている時間は8時間くらい)。

電車に乗るまでの歩いている時間や電車の車内でも理論暗記をしていたので、トータルで10時間近く勉強していたと思います。

 

スタディプラスという常識

 

そんな私ですが、税理士試験突破後のスキルアップのために、CFP受験をしました。

その際に導入した新兵器が、スタディプラスというアプリです。

 

このアプリ、利用割合を調べてみると、

 

大学受験生の2人に1人が利用する

高校生の3人に1人が利用

累計会員数が500万人突破

 

といった記事が頭に出てきます。

私はつい最近まで、まったく知らなかったのですが、どうやら若い世代の方の間には相当浸透しているようですね。

おそらく、このアプリ以外にも学習アプリはあるのでしょうから、今の高校生の学習アプリ利用率は相当高いのでしょう。

 

そんなスタディプラスというアプリ、46歳のおっさん(世代的には、高校生の子どもがいてもおかしくないくらいなんですが。。)である私も使ってみました。

使ってみたら、最高でした

 

さっそく私もこのアプリを使って、学習管理をしてみました。

 

使ってまず、このアプリが良いな~と思ったのは、このアプリを立ち上げるといきなり、

 

 

こういった画面が表示されることです。

この画面が出てくると「うわ~宅建士、あと114日しかない!」と焦ります。

(まだ何も始めていないのに、早くも撤退を検討している私です。)

これは目標とする試験日を設定すると、残り日数のカウントダウンが表示される仕組みです。

 

この表示は勉強をサボりがちな私にとっては、焦らせてくれる良い仕組みでした。

欲を言えばもっと焦らせてほしいので、スマホを開く度(FacebookやTwitter、Tiktokを開くたびに)にこの表示が出て欲しいくらいです。

そんなアプリを飛び越えた機能はないでしょうから、もっと焦りたい方は、このカウントダウン表示をスクリーンショットで保存して、待ち受け画面にしても、良いかもしれません。

 

ちなみにこの日数表示は、5日ごとの通知のようです。

ホントは、この通知も毎回とか毎日とか個別で設定できたほうが便利だと思うのですが。。

本試験だけだと、受験前半は間延びしてしまうこともあるので、答練や模擬試験の日程もスケジュール登録して、カウントダウンを細かく刻んでおくのも一つの方法かもしれませんね。

 

少し長くなってきたので、次回、使った感想の続きをお話しさせていただこうと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

Have a wonderful weekend !!

 

Studyplus(スタディプラス)勉強記録・学習管理アプリ Google Play

Studyplus(スタディプラス)勉強記録・学習管理アプリ App Store

【昨日のできごと】

2:50起床。
少し早いですがサッカー観戦予定もあるため、起きました。

朝勉は、税務雑誌のチェックから。
7月号に入ったので、軽めのエッセイから楽しんでいます。

4時からは、EURO2020のポルトガル対フランス観戦。
PKが3回も出ましたが、見どころの多い試合でした。

レアル・マドリードファンとしては、元マドリーのロナウド、ぺぺ、現マドリーのベンゼマ、ヴァランの4選手を見ることができた上、将来の獲得候補のエムバペ選手も見ることができ、最高でした。

その後は書きかけのプログを加筆して投稿。

午前中は、図書館で借りていた「文系のためのめっちゃやさしい対数」という本を。ほんとに優しく書かれていて、対数(log)が好きになりそうです。
今は時間がないので、じっくりとは読めなかったですが、数学も面白いですね。
その後、食事前に歯医者に行き、定期検診を。

午後は、政策公庫から融資決定の書類がきたので、急いで記入を。
夕方は、子どものお迎えと宿題、ブログ執筆という一日でした。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

税法免除大学院に関するSNSなどの情報

情報が少ない税法免除大学院。

SNS上で発信されている方の情報も参考になるかもしれません。

 

 

前回の投稿では、税法免除大学院に関するお問い合わせについて、お話しさせていただきました。

 

税法免除大学院に関するお問い合わせにお答えします

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

税法免除大学院に関する情報をSNSを通じて集めてみよう

 

税法免除大学院に関する情報収集の方法は、いろいろあると思います。

一番良い方法は、その大学院に通っていた・通っている方のお話しを直に聞くことです。

それができれば、志望校の税法免除大学院に関するモヤモヤは、ほぼ解消されると思います。

 

ですが、毎年数人から十数人程度(多くても30人くらいですかね)しか入学が許可されない税法免除大学院ですので、うまいこと志望校の卒業生・在校生の方とお知り合いになるのは、けっこう難しいですよね。

志望校はおろか、税法免除大学院に通ったことがある人が知り合いにいない、という方も多いのではないでしょうか。

 

そんな数少ない手がかりの中で、SNS上やブログなどで、税法免除大学院に実際に通った方が発信されている情報も、有効に活用したいものです。

今回は、そんな税法免除大学院について、発信されている方の情報について、お話ししてみたいと思います。

 

Twitterでフォローできる税法免除大学院ブロガーさん

 

税法免除大学院のブロガーさんは、Twitterをされている方が多い印象です。

ブログリンクは、プロフィール欄にあります。

では、お話しさせていただきます。

 

丸山友幸さん

 

丸山さんは、税法免除大学院の入試コンサルタントをされている税理士の方です。

ブログだけでなく、YouTubeでも発信されています。

コンサルタントをされているので、直接相談できるのも頼もしいですね。

 

さとうさん

 

税理士のさとうさんも、税法免除大学院ブロガーです。

分かりやすい記事が多くて、とても読みやすく、私の憧れの人です。

 

だいなりさん

 

前のお二人は、関西圏の大学院を卒業された方でしたが、だいなりさんは、関東圏の大学院のようです。

ブログの記事数は少ないですが、内容は濃くで、貴重な情報が詰まっています。

 

くまおさん

くまおさんは、女性の税法免除大学院ブロガーさんです。

この春に卒業されたばかりという意味でも、貴重ですね。

 

じぇいりしさん

じぇいりしさんは、税理士試験に5科目合格した上に、税法免除大学院で修士論文も書いたという神様のような方です。

私は生まれ変わったら、じぇいりしさんのような前途有望な若者になりたい、と思っています。

 

リュウさん

 

リュウさんは、 通信制の東亜大学についてのブログを書かれている方です。

東亜大学に興味がある方は、たくさんいらっしゃると思いますので、要チェックですね。

私は、投資関係の投稿でもお世話になっています。

 

まいせんさん

 

まいせんさんは、とても知的な方という印象です。

税法免除大学院以外の投稿でも勉強させていただいてます。

 

アメブロにもホットなブロガーさんが

 

アラフォー練馬区民さん

アラフォー練馬区民さんは、Twitterをされているかは分からないのですが、アメブロで税法免除大学院について発信されています。

 

税理士を目指すアラフォーサラリーマンのブログ

 

アラフォー練馬区民さんのアメンバーになる(アメンバー申請は、一言メッセージが必要です)と、かなり詳しい情報にアクセスできます。

この春(2021年3月)卒業されたばかりの最もホットなブロガーさんかもしれません。

 

他にもご紹介したい方はたくさんいるのですが、今回はここまでとさせていただきます。

税理士試験の勉強の合間に、ご参考にしていただけたら幸いです。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

Have a wonderful weekend !!

 

【昨日のできごと】

4:40起床。
昨晩は次男のせきが止まらず、長男が私の布団にゴロゴロ転がってきたりして、なかなか寝付けず、起き出しまいました。

朝勉は、CFPの不動産運用を。
計算問題は、頭の中で解いて電卓を叩く時間をショートカットです。
時間があまりない中で、仕上げて結果を出したいです。

午前中は、主に調べ物を。

お昼休憩は、映画「七つの会議」をアマゾンプライムで視聴。
半沢直樹のキャストが多数出演している企業ドラマで、原作も池井戸さんなので、当然面白いですね。
作中に、東京中央銀行の社員さんもちょい役で出てくるので、ちょっとビックリしました。

午後からは、政策公庫に提出する資料を印刷です。
銀行口座が分散しすぎていて、こういうときに不便です。
こんなにたくさんの資料を見てもらえるのだろうか?とちょっと不安になりつつ、集めています。

夕方は、子どものお迎えと宿題、サッカー練習の付添。
最後は、ブログ執筆という一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

税法免除大学院に関するお問い合わせにお答えします

もう6月ですね。

税理士試験も、本試験まであと2ヶ月半。

直前期のラストスパート、頑張ってください!

 

 

税法免除大学院関係の投稿からスタートしたこのブログ

 

このブログは当初、税法免除大学院に関する情報を発信するところからスタートしました。

私が、税理士になるために通った税法免除大学院に関する情報が入手しづらく、自分が大学院受験生だったときに、ちょっと戸惑った経験があったためです。

 

税法免除大学院に通う人々 -年齢構成と男女比、保有科目数について-

税法免除大学院に関する情報の集め方

 

このブログをスタートした1年前と状況は若干変わっていると思いますが、税法免除大学院に関する情報はまだまだ不足しているのかもしれませんね。

おかげさまで、当ブログの税法免除大学院関連の投稿は、安定的なアクセスをいただいているように思います。

 

ただ、私が大学院に通った時期(平成30年4月~令和2年3月)は、コロナ前の状況についての内容がほとんどであるため、情報の鮮度という意味では、若干落ちてきているのかなと危惧しています。

できれば、コロナ後の大学院生活について、語ってくれる免除大学院のブロガーさんがいるといいなと思っています。

(きっと私が気づいていないだけで、いるんでしょうね。)

 

そんなわけでTwitterを通じて、私のところに大学院の受験を検討されている方からのご質問が少し届いてきました。

一般的なご質問であり、これから大学院を検討される方にとって、気になる内容だと思いますので、この場を借りてお答えさせていただこうと思います。

 

質問1 大学院の対策を今から始めても間に合いますか?

 

このご質問をいただいたのは、令和3年の6月の現在です。

結論からいうと、来春の入学であれば十分に間に合います。

 

税法免除大学院を検討される方は、多くの方が税理士試験と同時進行(さらにはお仕事もされていたりして、ホント大変ですよね)だと思います。

そういった方は、まずは税理士試験を優先して、税理士試験が終わったらすぐに、税法免除大学院の準備をしていただく、という流れで基本的には(※)大丈夫です。

※ 一部、間に合わない大学院もありますので、入試日程は直接、各校HPをご確認ください。
※ 秋入学をご希望の方は、すぐに動いたほうが良いと思います。

 

税法免除大学院の入学試験について -春入試と秋入試の違い-

 

情報収集の仕方としては、大学院予備校の大手・河合塾KALSの発信が頼りになります。

KALSの黒須先生の大学院試験情報のガイダンスをネットで見ることができますので、ご興味のある方は、時間があるときにご覧ください。

 

税理士「税法」科目免除大学院対策講座 試験情報ガイダンス&講座説明会

 

また、そのレジュメにある大学院のランク表が非常に重要な資料です。

 

2019年税法免除大学院入試難易度および結果

 

残念ながら、この資料は2019年版です。

今月6月12日にKALSの新宿本校で、黒須先生のガイダンスがあるので、ここで最新の2020年のデータが出てくるかもしれませんね。

出なくても、黒須先生に直接質問すれば、ある程度の情報は得られると思います。

現段階で動ける方(3科目揃っている方等)は、参加されても良いかもしれません。

 

6/12(土)河合塾KALS 税理士「税法」科目免除大学院 入試対策ガイダンス

 

質問2 大学院入試のレベルがまったく分かりません

 

これは、私も大学院受験前にだいぶ悩んだ問題です。

私は、大学入試で相当苦労していた(2浪してます)ので、あんな苦しみはもう味わいたくない、と正直思いました。

そもそも税理士試験に何年も合格できなくて苦しんでいるのに、免除大学院の入試でも苦しむなんて、、というモヤモヤがありましたね。

 

こちらの回答は、
受験する大学院と受験生のレベルによってまったく違います
となります。

 

税法免除大学院の受験校の選び方

 

私が受験した大学院は、先のKALSのランク付けでいうと、難易度C相当(易しめ)の大学院になりますので、それほどの準備を必要としません。

ちなみに私の母校は、ランク表に載っていない大学院(平成国際大学)ですが、ちゃんと税法免除を得ることができ、税理士になることもできました。

対策に要した時間は、多めに見積もっても、30時間程度というところかもしれません。

 

税理士試験1科目合格につき、約1,000時間かかることを考えると、だいぶラクですよね。

これは、受験生の方の保有科目数や実務経験、作文能力といった要素によっても変わってきます。

ですが、私の周りの同級生も私以上に準備した人はおそらくいなかったと思いますので、そこまで大げさに考える必要はありません。

 

税法免除大学院の入学試験 -小論文の攻略法-

税法免除大学院の入試の面接についての注意事項

税法免除大学院入試の研究計画書の作成法①

税法免除大学院入試の研究計画書の作成法②

 

とはいえ先のランク表で、SAランク(筑波、横国、一橋、早稲田等)にあたる大学やAランクに相当する大学については、自力で準備するのは難しいように思います。

そういった方はコストはかかりますが、受験予備校を利用される方が良いのではないでしょうか。

ご参考にしていただけたら、幸いです。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

3:30起床。
毎日シャワーを浴びる前に、体重計にのっています。
計測結果がアプリに自動転送されるのですが、これが便利ですね。
子どもの体温測定も、アプリに自動転送して、学校とシェアしてほしいです。

朝勉は、いつものようにCFPのライフから。
ようやく問題集の2回転目が終わりました。本試験まで、あと10日しかないですが、不動産と金融資産の方も仕上げていきます。

午前中は草取りの後に、調べ物を。
健康保険の任意継続がそろそろ切れるので、税理士組合の健康保険に入るか、自治体の健康保険に入るかの試算。
組合の方が得かな?法人作った方が良いかな、と悩むくらいの所得になりたいものです。

その後、ジョギングに。
キロ8分かけてゆっくり走る「疲労抜きジョグ」にトライ。
ゆっくり走るのも、なかなか慣れないとストレスが溜まるものです。
私の場合、1時間以内に10キロ走る(最低でもキロ6分)というクセがついてしまっているので、一度、そのくせを壊してみようと思います。

午後は、昼寝後に書類作成を。
子どものお迎えをして、ブログ執筆という一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

PAGE TOP