完全キャッシュレス・テイクアウト専門のハンバーガーストア BLUE STAR BURGER④

ブルースターバーガーの今後

国内2,000店舗は可能なのでしょうか?

 

前回の投稿では、ブルースターバーガーの仕掛け人や将来のビジョンについて、お話しさせていただきました。

 

完全キャッシュレス・テイクアウト専門のハンバーガーストア BLUE STAR BURGER③

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

他にもあるブルースターの魅力的な戦略

 

ブルースターバーガーの仕掛け人(ファウンダー:出資者という呼称のようですが)は、牛角創業者の西山知義さんです。

西山氏は牛角だけでなく、今までに様々な業態でヒットを飛ばし続けてきた言ってみれば、飲食業界の小室哲哉さんのような方です。

そんなヒットメイカーの西山さん自身が今まで最も自信がある業態、というこのブルースターバーガー。他にも、凄い点があります。

 

ちなみにその様子は、youtube(52分の長尺です)にアップされています。

【FC事業者必見!】コロナ禍に対応した新時代のFCモデル「ブルースターバーガー」 FC事業説明YouTubeライブ

 

FC事業者向けの動画ですが、分かりやすいです。

月刊食堂」の通山編集長(TBS系列の「がっちりマンデー」に、外食特集のときに出演されている方です)と対談形式で、ブルースターについて語っています。

 

 

ブルースターは、未来の飲食店の教科書

 

その魅力の一つは、接客がない(商品の受け渡しを行わない、注文・決済もスマホで行う)ので、オペレーションが軽い、という点だそうです。

そして、そこに付随するのでしょうが、現金がないので、店員さんの不正でレジ現金が合わなかったりするトラブルがないし、レジ現金をチェックする手間もかからないです。

また、売り切りでメニュー数も少なくしているため、在庫管理が楽で、テイクアウト専門であることから、店舗のスペースは従来の店の3分の1くらいのスペースでできてしまう、そうです。

そうして、人件費と家賃を削った分、商品の原価(ハンバーガーの肉質)にこだわることができるため、新しいブルーオーシャンに漕ぎ出すことができるのだそうです。

 

 

これで見る限り、たしかに「高品質×低価格」のゾーンは、ブルーオーシャンですね。

 

 

また、コロナ下で飲食店の底辺・撤退が進んでいますので、2021年7月現在では、好立地の空き店舗が多数存在するため、ブルースターにとっては好機、と考えているようです。

消費者・投資家としての私の直感

 

この通山(とおりやま)編集長との対談で、編集長は
この業態は繁華街の店舗は、ほぼ成功間違いなしだと思うが、それ以降のロードサイド店などの展開はどうか?
というストレートなツッコミを入れていました。

 

これは、私自身も感じた点なのですが、やはりアプリで注文をして決済をして店舗で接客無しで受取というスタイルがミソですね。

私自身(現在46歳)はこのサービスを利用してみてまったくは違和感はないですし、今後こういう方向に飲食店(特にファストフード)が向かっていくことに対して、むしろ大歓迎という感想を持ちました。

 

ですが果たして、同じことを私より上の世代の方たちが感じるかどうか?

私と同年輩でもスマホを持たない人もいますし、接客のない飲食店やキャッシュレス決済のみというコンセプトに違和感をもつ人も多くいるような気がしています。

 

そして一番の懸念材料は、バーガーの味にそれほどのインパクト感じなかったこと、ですね。

私は実際に食べてみて、たしかに美味しいことは美味しいと感じたのですが、この味がマクドナルドやモスバーガー等の他チェーンと味と値段で明確に差別ができているかと云われると、正直「?」となってしまいます。

今のマクドナルドは、ハンバーガーやチーズバーガーのような定番メニューはともかく、期間限定のバーガーやグランマックなどは、かなり美味しいんですよね。

 

味音痴の私のことですので、私の舌が間違っているのかな?とも思いますが、おそらく私の味覚は大衆の味覚に近いはず、という変な自信は少しあります。

 

通山編集長の言う通り、繁華街の出店に関してはある程度のブレイクはイメージできるように思いました。

私が利用するとしても、やはり仕事中のランチ利用になるように思います。

 

ですが、郊外型のロードサイド店のようなところで、私のような家族連れのファミリー層がブルースターを選ぶかと云われれば、現時点ではNOだと考えています。
(ファミリー層がマックを選ぶ理由には、価格以外にもハッピーセットのおまけ店舗内の遊具などの要素もありますよね。そして、私はマックの味で育ってしまっていて、洗脳に近いハンバーガー体験をしているので、この壁を破るのはそう簡単ではないはずです)

確かに20年30年先の未来には、確実にキャッシュレスの波は来ているでしょうが、今の時点でそこまでの広がりを見せるかといえば、まだ早いかなというのが私の感想です。

 

いずれにしても、このブルースターバーガーは、将来の飲食店を語る上で外すことのできない一つの試金石になるように思います。

あのスターバックスですら、日本に来て25年で1,600店舗超

ブランドが浸透して郊外でも認知されていくには、それなりの時間がかかるのではないでしょうか。

その間に、ライバルたちもキャッシュレスのテイクアウト専門店の出店攻勢をかけてくる可能性だって十分に考えられますね。

 

おまけ ブルースターの先には?

 

西山氏のビジョンには、ブルースターの先もあるようです。

 

西山氏がホリエモン(堀江貴文さん)と対談した際に
ハンバーガーの次はチキン」というお話しをされています。

どうやら次は、ケンタッキー・フライド・チキンの市場を奪いに行くような新しい業態を考えられているようです。

youtube 牛角創業者がマクドナルドに挑む!?コロナ禍でも好調の新業態の秘密【西山知義×堀江貴文】

 

あの鳥貴族も8月には、トリキバーガーというチキンバーガーの新業態のお店を出すようですし、チキン市場も今後要チェックですね。

 

まずはこのブルースターバーガー、西山氏肝いりのプロジェクトですので、今後どうような展開を見せるのか、とても楽しみです。

このブログでも追跡調査していきたいと思います。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

3:20起床。

朝勉は、税務雑誌のオンライン研修の視聴から。
今日は「令和元年会社法改正の概要」。大学の先生の講義でした。
私も大学院時代に会社法を少しだけ学び、懐かしい感じ。
実務というよりは、研究分野として興味深い内容でした。

その後は、YouTubeで情報収集。
YouTubeは子どもたちも毎日見ていて、CMがあまりにも多いので、ファミリープランに加入してみました。

雨で長男・次男のサッカー練習がオフになったので、家族でイオンに。
妻は、JTBで旅行の申込みをしている間に、私と子どもたちは楽器屋さんや本屋さんで遊びました。
お昼に食べたトリドール(丸亀製麺を展開)のヤマキ商店という焼肉丼のお店。
すでに3~4回食べてますが、かなり美味しいです。
ブルースターよりも正直、こちらの方が分かりやすくて美味しいかも。
ちゃんと炭火で焼いてますので、回転は遅いのですが、確実に美味しいです。

午後は、昼寝後にブログ執筆、夕方には「進撃の巨人」子どもたちを見るという一日でした。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

完全キャッシュレス・テイクアウト専門のハンバーガーストア BLUE STAR BURGER③

ブルースターバーガー

手掛けるのは、あの「牛角」の生みの親の西山さん。

今回は、どうでしょうか?

 

 

前回の投稿では、ブルースターバーガーのお店で実際に食べた様子を、お話しさせていただきました。

 

完全キャッシュレス・テイクアウト専門のハンバーガーストア
BLUE STAR BURGER②

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

ブルースターバーガーの仕掛け人は?

 

ブルースターバーガー、
店舗は現在(2021年7月1日)東京の中目黒店の1店舗のみです。

 

たった1店舗のハンバーガー屋さんになぜこれほどの注目が集まるかといえば、このブルースターバーガーの実質的な仕掛け人は、あの牛角の創業者の西山知義さんだからです。
(ブルースターバーガージャパン社長は、西山氏の長男・泰生氏)

牛角はおなじみの焼肉チェーンですが、1号店のオープンから7年9ヶ月で1,000店舗を出店したという記録も残っている伝説的なチェーンです。

西山さんが率いていたレインズインターナショナルは、牛角だけでなく、しゃぶしゃぶ温野菜居酒屋土間土間といったブランドもヒットし、一時期は、コンビニのampmや高級スーパーの成城石井も傘下におさめるほどの企業でした。

 

また現在はダイニングイノベーションという会社を起こし、一人焼肉という新業態焼肉ライクをヒットさせつつあります。

こうした飲食業界で確かな実績のある西山氏の手掛ける新業態ですので、注目度が高いのです。

 

将来は、国内2,000店舗という壮大なビジョン

 

そして西山氏自身も
国内では2,000店舗の展開を目指す」と公言しています。

現在のハンバーガー店の市場では、ダントツ首位のマクドナルドは国内2,900店、2位のモスバーガーが1,300店程度で推移しているので、この2,000店という数字はかなり強気な数字ですよね。

 

ブルースターバーガーHPより

ブルースターバーガーのHPを見ると、
「現在第1期FC(フランチャイズ)募集中!」とうたっています。

 

 

「現在624社からお申し込み済み!」という数字も。。

いきなりこれで、本当に624店舗開けてしまったら驚きですが、そういうことではないでしょうね。

あくまで資料請求レベルの数字で、その資料を具体的に検討したあとに、これからFC本部(ブルースター)と加盟希望者が交渉に入っていく、というところでしょうか。

実際に店舗のオープンにこぎつける人はどのくらいいるのか?

とても楽しみです。

 

「低価格×高品質」という空白のマーケット

 

西山氏は、2019年11月に、中国・深センの「ラッキンコーヒー」を視察し、アプリで注文・決済した商品を店舗でピックアップする様子を見て、「(完全キャッシュレスでテイクアウト専門という業態は)ファストフード業界で主流となり、日本でも5年から10年でこの形になる」と確信したそうです。

 

であれば、そのままコーヒー店をやれば良さそうな気もしますが、西山さんが目をつけたのは、世界でも最も市場が大きい(約69兆円)ハンバーガー市場です。

 

ハンバーガー市場では、ほとんどの店が

低価格×低品質 (おそらくはマクドナルドを代表とするFC)

高価格×高品質 (地域の手作りバーガーでしょうか?)

に分類されていて低価格×高品質」という空白のマーケットをITを活用してコスト削減を徹底することで実現するということがコンセプト、だそうです。

 

食品産業新聞社 「牛角」創業者が挑む高品質・低価格「ブルースターバーガー」、IT活用で非接触・テイクアウト専門のハンバーガー店、「国内2000店舗目指す」

 

理論としては整然としていて面白いですね。

では、今後のブルースターは西山氏の思惑通りに2,000店舗という具合にいくのでしょうか?

少し長くなってきたので、次回、考えてみたいと思います。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

Have a wonderful weekend !!

 

 

【昨日のできごと】

3:40起床。

朝勉は、最近日課のオンライン研修を。
今日は「償却資産の固定資産税」について。
この内容の研修を受けたのは、初めてです。講師の方は、償却資産の税務調査もされていたという珍しい経歴の方です。
実務上、償却資産については理解されてない面が多く、他の税理士さんからの引き継ぎをしたときに間違いが見つかりやすい税(地方税ですが)であります。

午前中は、freee会計について調べ物。
やはりこれからの時代は、クラウド会計に対応しなくては、ということで、まずは自分の経理をfreeeではじめてみようと思います。

お昼は、見ていなかったEUROのスペイン対クロアチアを少々。
やはりレアル・マドリードの選手が出ていないスペイン代表には、気持ちが入らないです。

午後は細かい雑用と、夏の大阪旅行の下調べを。
ホテルの値段にばらつきがあり、色々と迷います。

夕方は、子どもの宿題とブログ執筆、という一日でした。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

完全キャッシュレス・テイクアウト専門のハンバーガーストア BLUE STAR BURGER②

テイクアウト専門のハンバーガーショップのブルースターバーガー

食べてみました!

 

 

前回の投稿では、ブルースターバーガーの概要について、お話しさせていただきました。

 

完全キャッシュレス・テイクアウト専門のハンバーガーストア
BLUE STAR BURGER

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

店内の様子は?

 

スマホで注文と支払いを済ませたら、後は商品の受け取りに行くだけです。

ブルースターバーガーは、現在は都内の中目黒店のみ。

場所は、中目黒駅から歩いて3分の良い場所でした。

 

 

中目黒駅を降りて、山手通りを池尻方面に歩くとすぐに見つかります。

1号店が中目黒というのは、なかなか面白いですね。

 

 

こちらが店内の様子。

受け取り番号を確認して、棚からフードをピックアップします。

 

 

店員さんによる手渡しではなく、この棚からピックアップするんです。

これが新しいスタイル。

面白いといえば面白いですが、味気ないといえば味気ないような。。

 

 

棚に、このようにできたてのバーガーが置いてあります。

 

店内飲食もできます

 

ブルースターバーガーは、基本的なコンセプトはテイクアウト専門店のようですが、この1号店の中目黒店では、店内飲食も可能です。

オープン当初はテイクアウト専門でやっていたみたいですね。

 

 

このように店内は、縦長の店舗でそれほど飲食スペースが有るわけではありません。

最大でも10人くらいが限界でしょうか。。

コンクリートの打ちっぱなしの店舗はおしゃれですね。

 

 

この手前の作り付けのテーブルで、スタンディングで食べることができます。

テーブルの幅は狭いため、ゆっくりくつろいで食べることはできないですね。

 

私は、ピークタイムを過ぎた13時近くに行ったため、店内で食べている方は1人だけでした。

実際のお味の方は?

 

さて、それではさっそく食べてみたいと思います。

 

 

まずはバーガーから。

 

 

おっと、店内で数メートル持ち運んだだけなのに、だいぶバランスが崩れましたね。。

 

さっそくかぶりついてみると、お~旨い!

写真からも分かる通り、レタスやトマトはかなり新鮮でした。

お肉もジューシーで、質は良いと思います。

ソースは、ビックマックに似ていると思いましたが、もう少し濃い目の味になっていると思います。

ポテトは、ご覧の通りマクドナルドよりは太めで、モスバーガーよりは細め、といった太さです。

ほくほくで美味しいですね。

 

ちなみにドリンクは、ドリンクバーで自分で入れるスタイルです。

 

 

マシーンには6種類のジュースがあり、その他に自家製レモネードとオーガニックコーヒー、オーガーニックアイスティーがありました。

 

 

自家製のレモネードには、こだわりがあるようです。

このレモネードは、バーガー専用の甘さ控えめなお味なんだとか。

 

 

レモンの味を大事にして、皮の香りを残しているそうです。

正直、味音痴の私には、それほどのこだわりは分からなかったですね。

 

ただ、このコップのデザイン。

これは良いですよね。

アメリカンというのかハワイアンというのか。

これにはヒットの予感がします。

 

 

コーヒーにも、こだわりがあるようです。

私は、ハンバーガーを頼むときは無条件にシェイクを頼んでしまうので、ハンバーガーとコーヒーという組み合わせがいまいちピンとこないんですが。。

それだけ、マクドナルドに洗脳されてしまっている、ということなんでしょうかね。。

 

すでに、マクドナルドモスバーガーという巨大チェーンが完成されている超レッドオーシャン(開拓しつくされた競争の激しい市場の例え)のハンバーガー業界の中で、このブルースターバーガーは今後どうなっていくのか、次回、考えてみたいと思います。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

久々に、この名著「ブルー・オーシャン戦略」を手にとってしまいました。

 

【昨日のできごと】

3:30起床。

朝勉は、最近の日課になっているオンライン研修を。
「令和2年分確定申告のポイント」という内容。今さらですが、復習を兼ねて視聴です。

その後にブログの加筆をして、EURO2020のドイツ対イングランドを視聴。
ドイツを応援していたのですが、残念ながらこちらも敗退です。
ミュラーが決定機を外した時点で勝負ありでした。

私が応援するチームがことごとく負けていくので、とても困っています。。
レアル・マドリード所属の選手はほとんど敗退したので、来シーズンの入り(1月ちょっとで始まります)は悪くないかもしれません。

午前中は、使わなくなったパソコンの回収の手配や株主優待の優待品の選定など。
株主優待の選べるカタログギフトは有り難いのですが、選ぶ時間がもったいないのが難点です。
自営業では、自分の時間をいかに仕事に割けるかがポイントだと感じているので、時間を失ってしまうカタログ優待は微妙ですね。

夕方は、子どものお迎えと宿題チェック、ブログ執筆という一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

完全キャッシュレス・テイクアウト専門のハンバーガーストア BLUE STAR BURGER

ハンバーガー業界の新しい星

ブルースターバーガー、実際に行ってきました!

 

 

以前の投稿では、一人焼肉という新業態の「焼肉ライク」というお店について、お話しさせていただきました。

 

一人焼肉という新業態。ソロ焼肉を楽しもう! 焼肉ライク体験記 前編

一人焼肉という新業態。ソロ焼肉を楽しもう! 焼肉ライク体験記 後編

 

今回は、その焼肉ライクを手掛けた会社のさらなる新業態店について、お話しさせていただこうと思います。

 

ブルースターバーガーという期待の新星

 

ブルースターバーガー。

名前がカッコいいですね。

 

このハンバーガ屋さん、すでにメディア等の報道でご覧になっている方もいると思いますが、大きな特徴は

ニューノーマル時代に安心の“完全非接触” “で完全キャッシュレス

という点にあります。

 

すでにキャッシュレス店舗自体は、そんなに珍しい話しでは無くなってきていますが、その他にも、新しいコンセプトがあります。

 

メニューを絞り、売り切れ次第販売終了する“Limited Supply Style”無駄な在庫と廃棄を省き、常に新鮮で安全な食材を利用。
商品の注文から受渡まで完全キャッシュレスやAIなどの様々なテクノロジーを活用し、 客席が無くテイクアウトに特化する事でコストを商品に集中。
こだわりバーガーを “待たない・並ばない・お手頃価格” でお楽しみ頂けます。

ブルースターバーガーHPより

 

最新のIT技術を使っていろいろな無駄を省き、そのカットされた分のコストを商品の原価にすべて還元します、ということのようですね。

同店のホームページによると、原価率は約59%

原価率とは、飲食店の売上に占める食材費の割合のことです。

 

一般的に飲食店の原価率は30%前後が標準的とされています。

ですので、この59%という数字は、異常なくらい高い数字です。

※ この59%という数字が、バーガーだけの原価率なのか、他のドリンクやポテト等のサイドメニューを合わせての原価率なのかはわかりません。
もし後者であれば、驚異的な原価率ですね。

 

スマホで注文・支払いを済ませます

 

そんな高原価の新バーガー、まずは食べてみなければ分からない、ということで、東京都内の中目黒にある1号店に行ってみることにしました。

 

 

このバーガー店は、店で注文するのではなく、スマホで注文してから取りに行く、というスタイルです。

 

 

アプリからメニューを開き、商品を選びます。

初めてのお店では、お店のオススメに乗ってしまうことが多い優柔不断な私です。

今回は「ブルースター不動の人気No.1」という「2×2ブルースターチーズバーガードリポテセット」を選びました。

 

ブルースターバーガーHPより

 

ホントはこんなデカいバーガーを頼んでみたいのですが、絶対残してしまうので、今回はダブルで我慢しました。。

 

このようにスマホの注文するので、細かいカスタマイズが可能です。

その分、細かく課金されてしまいますが。。

これは、店頭ではなかなか細かい注文を出せない私のような小心者(後ろに人が立ってたりすると気になってしまう)にとってはありがたサービスですね。

 

決済はスマホで完結

 

スマホで注文を確定させると、支払いまでスマホで完結させることができます。

 

 

今回は、ペイペイを使って支払いをしました。

 

支払いすませると注文完了です。

受け取り番号と棚番号が出てきますので、この棚番号にしたがって、お店で商品を受け取ることになります。

 

注文したけど、取りにいけなかったらどうなるのか?

はい、60分を過ぎると破棄させていただきますとのことです。

注文した途端に、話しが長いお客さんから電話が来てしまって、取りに行けなかったなんてことにならないように、ご注意くださいね。

 

少し長くなってきたので、実際のお味などは、次回、お話しさせていただこうと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

2:50起床。

朝勉は、税制改正(法人税)のオンライン研修を。
コンパクトに解説していただいているので、大変助かります。

その後、ブログ記事の加筆をして、EURO2020のフランス対スイスを観戦。
すでに、後半も残り10分ちょっとというところでしたが、ここからが劇的な展開でした。
スイスは、目立つプレイヤーはいないけど強かった。。

フランスはPKキッカー・エンバペ選手のとき、怪しいなという雰囲気でしたね。実力は、もはやNo.1だと思うのですが、今大会は波に乗れないまま終わってしまったような気がします。
結果的には、ベンゼマ選手を招集したために、エンバペ選手中心のチームではなくなってしまい、彼の良さが活かしきれなかったのかな、という気がしています。

午前中は、アマゾンビジネスのアカウント登録をしたり、小規模企業共済の申込みをしたり。今、節税の必要はないのですが、先に加入しておきます。

午後は、古本の売却の手配と夏の旅行の下調べを。
ユニバーサル・スタジオの入場券がプレゼントでもらえたので、大阪に行くことになりそうです。

夕方は、子どものお迎えと宿題、ブログ執筆という一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

プレミアムカルビ 手掛ける企業は、あの業務スーパーの神戸物産

プレミアムカルビ

運営企業が意外なあの企業です。

 

 

前回・前々回の投稿では、プレミアムカルビというお店の魅力について、お話しさせていただきました。

 

プレミアムカルビ スイーツ充実の新しい焼肉屋さん

プレミアムカルビ スイーツ充実の新しい焼肉屋さん 続

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

プレミアムカルビは接客もすごかった

 

プレミアムカルビについては、前回・前々回に色々とお話しさせていただいたのですが、もう少し付け加えることがありました。

それは、店内の雰囲気がとても良いこと、なんですよね。

 

 

こんな感じで、席がゆったりしていて、内装はおしゃれです。

そして、店員さんに若い女性の方が多くて、とても接客のレベルが高かったのが印象的です。

スイーツをおかわりにくる子どもたちにも、ていねいな子供目線の接客ができていました。

なかなか今の時代、若い方で感じの良い接客ができる方を探すのも大変なのかなと思いますが、すごいですね。

もともと接客ができる方がたまたまお店に集まったのか、それとも研修システムが充実していて、スタッフの方が育つのか?

私には分かりません。

 

もしプレミアムカルビが後者だとしたら、このチェーンは相当伸びるのではないでしょうか。

 

業態は真似されてしまうが、接客は?

 

私が、このブログで度々取り上げているする物語コーポレーション(焼肉きんぐやゆず庵、丸源ラーメンを展開)は、業態そのものが洗練されている(おいしい、安い)のはもちろんですが、接客のクオリティが高いことが他の飲食店との違いを生み出しているように感じていました。

 

株主になって、株主優待を楽しもう⑥ 物語コーポレーション 前編

 

タッチパネルで注文する肉質が良い焼肉食べ放題店というのが焼肉きんぐの売りだとしても、その業態のアイディア自体は、いつかは真似されてしまう日がくるだろうなとは思いました。

かつてステーキハンバーグ&サラダバー けんというお店が、サラダやカレーが食べ放題の新しい業態を生み出して全国展開(ピーク時には200店舗超)したものの、あっという間に他チェーン(ステーキ◯スト等)に真似されてしまい苦境に陥ってしまった、というようなことが過去に起きているためです。

そして、コロナ下で焼肉ブームは加速していく中で、プレミアムカルビという強力なライバルが頭角をあらわしています。

プレミアムカルビは、焼肉きんぐのアイデアの上に、さらにスイーツを充実させるという違いを生み出しました。

そして恐ろしいことに、物語コーポレーションの接客の良さまでもコピーしているように感じたのです。

 

運営企業はあのスーパーの会社!

 

このプレミアムカルビを運営するのは、なんとあの「業務スーパー」を運営する神戸物産という会社です。

「業務スーパー」は説明するまでもないと思いますが、文字通り業務用のようなボリュームある商品を「プロの品質」「プロの価格」で提供してくれるスーパーです。

 

私は、実はあまり利用したことがありません。

というもの私の近所の「業スー」は人気がありすぎて、駐車場がいつも満パンでとめずらかったり、会計のレジが長蛇の列過ぎて、せっかちな私は苦手なんですよね(ドン・キホーテも、レジの行列が凄いでのほとんど行かないです)。

 

最近はセンスの良い商品も多く、もともと人気の冷凍食品などはコスパも抜群な商品が多いみたいですから、業績も好調のようです。

このコロナ下での巣ごもり消費が活発になったことで、家庭内飲食にうってつけの商品を多く揃える業務スーパーを運営する神戸物産の利益は、さらに伸びました。

競争が激しい小売業界の中でも、数少ない勝ち組プレーヤーの一角が、この神戸物産です。

 

神戸物産の株価は?

 

そんな神戸物産の株価も見ておきましょう。

 

 

こちらが10年チャートです。

現在の株価は、3,370円(2021年6月23日現在)。

10年前は株価は100円以下ですので、軽く30倍にはなっています。

株って、ホントに凄いですね。

もちろん、私は神戸物産の株を持っていません。。残念!

 

この神戸物産、業務スーパーが900店舗超あることから、母体としても盤石です。

そしてこのプレミアムカルビの店舗を見ていると、外食参入もかなり本気のように思います。

店舗数は、まだ東京・神奈川・埼玉に7店舗しかないのですが、今後の展開が楽しみです。

 

プレミアムカルビ 店舗一覧

 

もともと神戸物産は、兵庫県加古川市の関西系の企業ですので、今後は関西圏にも進出してくるのではないでしょうか。

今後プレミアムカルビがどのような成長をしていくことになるのか、見守っていきたいと思います。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※本ブログに掲載している内容は情報提供を目的としており、特定の商品、個別銘柄、取引手法等を推奨するものではありません。最終的な投資決定はご自身で判断していただくようにお願いいたします。掲載している内容は予告なしに変更または中止する場合がありますので、必ず最新の情報をご確認ください。

 

【昨日のできごと】

3:30起床。

朝勉は、昨日届いた「税理士界」という業界紙に載っていた論文のチェック。
消費税関係の論文ですが、私が大学院時代に取り上げた論点が多く載っていて、論旨も同じだったので、懐かしかったです。

その後、オンラインでの研修を受講。
税務調査対応の「事実認定」入門という内容。
この講座も興味深い内容で、ためになりました。
オンライン研修、思った以上に面白くてためになるなという感じです。

今日(6月22日)は、私の誕生日。
Facebookでは、早朝からお祝いのメッセージが大量に届いていたので、メッセージの返信を。
46歳になり、いよいよ40代も後半戦で、人生の折り返し地点、という感じでもあります。
その後、先日購入したiPhone12のカバーやケースが届いたので、しっかりと装着。前回のiPhoneは落として割ってしまったで、今回はケースをちゃんと付けました。

午後は、コメダ珈琲で打ち合わせ。
色々と勉強になる話でした。

夕方は、子どもの宿題を見て、ブログ執筆、という一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

プレミアムカルビ スイーツ充実の新しい焼肉屋さん 続

プレミアムカルビ。

本格焼肉と華やかなスイーツの共演。

いい感じでした。

 

 

前回の投稿では、プレミアムカルビという焼肉屋さんの料金や店内の様子について、お話しさせていただきました。

 

プレミアムカルビ スイーツ充実の新しい焼肉屋さん

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

色々なタレで楽しむ焼肉

 

焼肉食べ放題に行くと、お肉をたくさん食べいるうちに(そしてお酒が回ってくると)味がどんどんわからなくなってくる、ということはあります。

同じタレを使って、ずっと食べていると色々なお肉の部位を食べていても、全部似たような味だよね、ということになりかねませんね。

 

ですがプレミアムカルビでは、いろいろなタレを用意していて楽しませてくれました。

 

こちらは、ネギ塩炙り特選タン。

タレが美味しくて、ペロッと食べることができます。

 

 

こちらは、すき焼き風に卵につけて食べる「炙り牛すき焼きカルビ」。

焼肉とは違った、まろやかな美味しさが楽しめますね。

 

 

こちらは、ギアラ(牛の胃)を溶かしたガーリックバターでいただくメニューもありました。

なかなかおもしろい味ですね。

他にも写真は撮っていません(子どもを食べさせながら、自分も食べて写真も取るのはとっても大変です)が、炙り牛焼きしゃぶロース(刻みワサビ醤油)や豚トロ(おろしポン酢)など、色々な味の変化を楽しむことができました。

また、私は選ばなかった3,580円コースでは、トリュフキャビアを使ったタレなどもあるみたいです。

次回は、私もチャレンジしてみたいと思います!

サイドメニューも充実

 

焼肉と並行して、色々なサイドメニューも食べますよね。

もちろんサイドメニューも食べ放題に含まれています。

 

 

定番の石焼ビビンバ、石鍋の底で焦げ付いているご飯を食べるのが好きです。

 

 

韓国のりを使ったサラダも美味しかったです。

サイドメニューも3,580円コースではさらに充実していて、トリュフ入りのリゾットなんかもあるようです。

 

プレミアムカルビHPより

 

お待ちかねのスイーツ

 

先に肉を食べ終わった子どもたちにスイーツを食べされてから、いよいよ私のスイーツタイムです。

 

 

ショーケースは曇ってしまったのがちょっと残念ですが、このスイーツ、とってもキレイに陳列されています。

全部で10種類のスイーツが並んでいます。

よくあるファミレスのスイーツビュッフェでは、お客さんが自分でスイーツをお皿にとるので、ケーキが倒れてしまったり、ゼリーがこぼれてしまったりして、見栄えがしないときはありますよね。

 

ですが、プレミアムカルビの店舗では、スタッフの方がショーケースの中から取り分けてくれるので、キレイなディスプレイのままです。

食べてしまえば味は同じなので、私はあまり気にしない方ですが、やっぱり食べ物は見た目も大事なので、キレイにならんだケーキにはニヤッとしてしまいます。

そういうところで人件費がかかってしまうと思いますが、やっぱり気持ち良いサービスだなぁ、と好感が持てますね。

 

 

おっさんですが、甘いものも好きです。

ちょっとずつ色々な味を楽しめるのが良いですね。

ちなみに、こちらのスイーツコーナーはおかわり自由ですが、1枚のお皿に4つのスイーツまでという決まりがありました。

私は、縦長の器のシークァーサーココナッツが好きでした。

甘酸っぱい味がたまらないですね。

沖縄に行きたくなる味でした。。

 

 

あまりお腹の余裕も無くなってきたので、最後にジェラートを頂きました。

このジェラートの数が全部で18種類

これだけのジェラートをビュッフェで備えているファミレスは、見たことがないような気がします。

もう肉を食べないで、スイーツとジェラートだけに専念してもいいくらいですよね。

肉を食べなければ、スイーツ10種類、デザート18種類を完全制覇できるかもしれません。。

 

 

私が食べたのは、ピスタチオのジェラートときなこのジェラート。

見た目は地味ですが、とても美味しかったですよ。

ちなみにジェラートは、1回のお皿で2個までです。

 

 

子どもが食べたジェラート。

チョコミントは苦手だったみたいで、私が責任をもって食べました。

 

なんと店内で専属パティシエが!

 

このお店の驚くべき点は、このジェラートとデザート、すべて店内で専属パティシエが作っているということです。

 

これは凄いですよね。

普通大手のレストランチェーン店で多店舗化していく業態では、セントラルキッチンで一括して作ったもの各店舗に持っていて提供することで、コストを下げようとするのが一般的ですが、このプレミアムカルビでは、その流れの逆を行っています。

そんなプレミアムカルビ、運営するのはどんな企業でしょうか?

 

なんとこのプレミアムカルビを手掛けるのは、あの業務スーパーを展開する神戸物産という会社です。

スーパーだけでなく、外食産業にも進出しているんですね。

そんな神戸物産について、次回、お話してみたいと思います。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

3:30起床。

朝勉は税務雑誌のチェックから。
このコロナ下で税理士がやるべきことについて、改めて考えさせられます。

その後、書きかけのブログの加筆を。
最近は、前日のブログの仕込みがうまく行かず、発信直前までの時間で書き上げることが多くなっています。
リズムを整えて、立て直したいと思います。

午前中は、ある先生のセミナー動画を見て勉強。
ホームページの作成法や営業方法について、色々勉強になりました。
その後は、1時間のランニングを。
キロ4分のほぼ全力ランとキロ8分のゆっくりランを交互に走るトレーニングです。ようやくキロ4キロのペースが身についてきたように思います>

午後は、昼寝後にブログ執筆。
子供の宿題をみて、長男のサッカーの送迎後に、ブログを加筆、という一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

 

プレミアムカルビ スイーツ充実の新しい焼肉屋さん

プレミアムカルビという焼肉屋さん。

気になっていたの食べてみました。

 

 

外食産業については、このブログでも度々取り上げていますが、外食産業の中でも焼肉業界はこのコロナ下でも絶好調であるため、焼肉きんぐ焼肉ライクなど、たびたび取り上げてきました。

 

一人焼肉という新業態。ソロ焼肉を楽しもう! 焼肉ライク体験記 前編

物語コーポレーション 上方修正・増配・株式分割・優待変更を発表 前編

 

物語コーポレーションとは、焼肉きんぐを展開する会社です。

今回は、同じ焼肉店のプレミアムカルビというお店に行ってきたので、そのお話しになります。

 

プレミアムカルビ 焼肉きんぐに似ています

 

プレミアムカルビ。

以前から気にはなっていました。

店の外観からして、私がオススメしている焼肉きんぐにとても似ています。

また業態的にもタッチパネルで注文する焼肉食べ放題の店、ということはネットで調べていたので、焼肉きんぐの〇〇リだね、と思っていました。

 

ネットで確認すると料金的にも、

焼肉きんぐHPより

 

焼肉キングでは食べ放題の標準コース「きんぐコース」が、2980円

 

プレミアムカルビHPより

 

プレミアムカルビの食べ放題の標準コースも、大人2,980円

全く同じ金額ですね。

※ 小学生幼児(4~5歳)については、若干プレミアムカルビの方が高いのでご注意ください。

 

このように料金設定は、ほぼ同じですね。

 

ですので、いわゆる模倣店だろうなと思っていたのですが、この先入観は間違っていることが今回の実食でわかりました。

 

店内の様子は?

 

ということで、さっそくお店に行き、食べてみることにしました。

 

プレミアムカルビHPより

 

こんな感じのおしゃれでキレイな店内です。

そこで目に飛び込んでくるのは、なんとジェラートコーナーです。

 

 

色鮮やかなジェラートがたくさん並んでいます。

これは、子どもたちや女性陣には受けますよね。

私も甘いもの好きなので、けっこうテンションが上ってしまいます。

 

 

さらには、スイーツコーナーもあります。

先ほどのジェラートと一緒ですが、ファミレスでおなじみの取り放題スタイルではなく、店員さんに取ってもらうスタイルですので、ちょっとしたホテルのビュッフェみたいですね。

これは、期待度が一気に上ってしまいます!

 

コース設定はどうか?

 

食べ始める前に、スイーツやジェラートが凄いことはよく分かりました。

ですが、ここはあくまで焼肉屋さん。

お肉が美味しくなれければ「やっぱりダメだよね」ということになりかねません。

ということで、実食です。

 

ちなみに食べ放題メニューは、3,580円コース2,980円コースの2種類。

2,980円コースでも、ジェラートとスイーツのビュッフェは全て食べ放題です。

値段の差は、高級なお肉の種類が多く頼めるのが3580円のコースですね。

 

わが家では、セコく2,980円のコースを選びました。

こういうときに迷わずに、上のクラスが頼めるような人になりたいものです。。

 

 

メニュー的には、食べ放題店のおなじみのメニューのように思います。

 

 

さっそく注文をして焼いていきます。

焼肉を注文するときに、本当はタン塩などの味が薄いものから注文して行くと良いみたいですね。

ですがわが家では、3匹の腹減り兄弟(男子8歳・6歳・3歳)がいて、渋いタンなどはあまり食べないので、いきなりカルビから入ります。

 

プレミアムカルビという店名なのですが、なぜかカルビはなかなか来なくて、ハラミやレバーなどの方が先に来ました。

 

 

どんどん焼いて、どんどん食べさせます。

焼きながら、自分でも食べていきます。

お肉の質もなかなか良いように思います。

とっても美味しかったですね。

 

少し長くなって参りましたので、次回、お肉やデザートについてお話しさせていただこうと思います。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

3:40起床。

朝勉は、税務雑誌のチェック。
溜まってしまった分を流し読みしました。

その後、月間「税理」のオンライン研修。
令和3年度の税制改正のダイジェスト講義を1時間視聴。
期待していなかったのですが、実務家の講師の方のお話しは面白く、とても参考になりました。
研修もだいぶサボっていたので、ここからはオンライン研修を利用して、実務の最新情報も吸収しようと思います。

その後、昨晩行われた、EURO2020のドイツ対ポルトガルを観戦。
序盤からドイツペースでしたが、ポルトガルがカウンターのワンチャンスを利用して、先制。
ハンガリー戦ではちょっとテンパっていたジョタ選手も落ち着きを取り戻し、ロナウド選手のゴールをしっかりアシストしました。

とはいえ、試合は完全にドイツペースで4対2。
ドイツのゴーセンスという選手。知らなかったのですが、凄い選手ですね。

あいにくのお天気で、長男・次男のサッカーの練習・試合が休みになり、家族でイオンにお出かけ。
ゲームコーナーに行って、ショッピングをしてお昼を食べ、久しぶりのゆるい休日を過ごしました。

夕方は、長男のリフティング練習の付き合い、進撃の巨人のアニメを見て、ブログ執筆、一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

ドン・キホーテの新業態「お菓子ドンキ・お酒ドンキ」に行ってきました 結

ドン・キホーテの新業態「お菓子ドンキ・お酒ドンキ」

について、まとめです。

 

 

前回・前々回の投稿では、ドン・キホーテの新業態「お菓子ドンキ」「お酒ドンキ」についてお話しさせていただきました。

 

ドン・キホーテの新業態「お菓子ドンキ・お酒ドンキ」に行ってきました

ドン・キホーテの新業態「お菓子ドンキ・お酒ドンキ」に行ってきました 続

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

お菓子ドンキ、お酒ドンキは免税店

 

八重洲地下街は、日本最大級の地下街です。

東京駅にも直結していることから、日本中の方が集まる場所でもあります。

そして海外旅行客も、新幹線やJR各線の利用をするため、この東京に集まりますね。

 

 

この新業態の店舗は、免税店でもありました。

もし仮にコロナウイルスの影響が無かったとしたら、東京オリンピックの開催に合わせて、この7月からの東京は外国人観光客であふれかえっていたはずでした。

今回のオリンピックがもし開催されるとしても(開催されるのでしょうが)、多くの外国人観光客が来ることはおそらくないでしょうね。

 

ですが、すでに世界的にはワクチン接種率もだいぶ上ってきており、今後はある程度の外国人観光客が戻ってくるでしょう。

そんなときにこのお菓子ドンキ・お酒ドンキ、外国人客にも受けるかもしれませんね。

派手派手なシャンパンも海外の方の爆買いが復活すれば、けっこう売れるのかもしれません。。

 

お菓子ドンキとお酒ドンキの今後は?

 

今回見たお菓子ドンキとお酒ドンキ、なかなかおもしろい店舗でした。

これがどんどん展開されて行くのか?

といえば、そうでも無いようですね。

現段階では、他の場所での出店計画は無いそうです。

 

ちなみにドン・キホーテは、日本国内に現在585店舗
(アピタ・ピアゴ含めて)。

旧ユニー系のスーパーだったアピタやピアゴは、2022年中には、ダブルネームの「MEGAドン・キホーテUNY」に業態転換する計画が進んでいます。

そうなると郊外型の大型店も、だいぶ行き渡ってくるところですね。

 

当然、都心の狭小立地店にも関心はあると思います。

その意味で、今回の新業態店は実験店舗でもあるのでしょう。

 

ですが、こうした狭いお店でドンキらしさを出すには、けっこう難しいですよね。

なぜなら、ドンキのお店の楽しさは、広い店内に迷路のように張り巡らされたよくごちゃごちゃした通路の中を、膨大な量の商品点数(怪しい商品を交えて)で埋め尽くすことで成立しているからです。

 

おそらく、今回の新業態店のように商品のテーマをしぼることで、狭い店舗でもドンキらしさを演出することに成功したのだと思います。

こうしたコンセプト・商品を絞った狭小店舗、お酒やお菓子に限らず、他のものも見てみたい気もしています。

ちょっと猥雑な感じを駅ナカでどこまで再現できるのか?楽しみですね。

 

パンパシの株価は?

 

そんな将来が楽しみなドン・キホーテ。

展開するパンパシフィックインターナショナルホールディングス(略してパンパシ)の株価も見てみましょう。

 

 

↑こちらが、10年間の株価チャートです。

10年前は、株価は300~400円台で推移していますが、
現在の株価は、2,272円(2021年6月9日現在)。

10年間で6~7倍になっていますので、かなりの好成績ですね。

 

私は、残念ながらパンパシの株を保有していないのですが、いつも良いなあと思いながら見ていました。

このパンパシ株、株主優待制度が無いため、優待好きの私の投資対象には入っていなかったのです。

 

このように、株主優待制度にばかり注目していると、このような素晴らしい業績と株価の推移を見せている銘柄を見落としてしまうことになります。

株式投資歴14年目にして、ようやく気づいたことです。。

 

 

業績についても軽く見ておくと、2019年に連結売上高1兆円を達成してもなお成長のスピードは止まっていないようです。

今後は、海外展開に成長のステージが移行していくことになるドン・キホーテ。

この快進撃がどこまで続くのか、見守っていこうと思います。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※本ブログに掲載している内容は情報提供を目的としており、特定の商品、個別銘柄、取引手法等を推奨するものではありません。最終的な投資決定はご自身で判断していただくようにお願いいたします。掲載している内容は予告なしに変更または中止する場合がありますので、必ず最新の情報をご確認ください。

 

【昨日のできごと】

4:20起床。
最近は、3時半置きのリズムが崩れてきました。
最近は、睡眠時間(今までは6時間弱)を伸ばして、日中のパフォーマンスを上げたほうが良いかも、という考えに傾きつつあります。

朝勉は、CFPの不動産運用の問題演習。
試験まであと5日。ちょっとドキドキしてきました。

子どもたちを送り出した後、政策公庫の担当者の方と初面談のために準備。
移動中の車の中では、自分の経歴などをプレゼンテーションをしながら運転をしていました。

面談時間は40分弱。思った以上に短時間で、クイックに質問されるんだなという印象でした。
私が税理士なので、投資額が小さく事業内容は分かりやすいことから、融資案件としてはあまり難しくない案件なのかも知れません。
融資を希望するお客様の気持ちになることができ、色々と勉強になりました。

その後、公庫そばの以前の職場に挨拶。
お世話になっていた先生に色々と開業後のアドバイスをいただき、勇気づけられました。

午後は、調べ物のあと、子どものお迎え、ブログ執筆という一日でした。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

 

ドン・キホーテの新業態「お菓子ドンキ・お酒ドンキ」に行ってきました 続

ドン・キホーテの新業態「お菓子ドンキ・お酒ドンキ」

楽しいお店に仕上がっていました。

 

 

前回の投稿では、ドン・キホーテの新業態「お菓子ドンキ・お酒ドンキ」と題して、お菓子ドンキについて、お話しさせていただきました。

 

ドン・キホーテの新業態「お菓子ドンキ・お酒ドンキ」に行ってきました

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

お酒ドンキは、ド派手です

 

前回お話しさせていただいたお菓子ドンキは、扱っている商品が低価格のお菓子だったこともあり親しみやすい雰囲気でしたが、お酒ドンキの雰囲気はガラッと変わってかなり派手です。

 

 

通りに面した目立つところに、ド派手なケースを出しています。

 

 

ケースの中には、シャンパンが並んでいました。

シャンパンといえば、ドンペリ一択!

というポップが印象的です。

 

そういえば、ドン・キホーテといえば、この手書きのポップづくりが秀逸なんですよね。

これを見るだけで「あ~ドンキに来たな」と思います。

 

 

税理士受験生時代は、税理士になったら、シャンパンを買おうと思っていたのですが、未だその夢は果たしていません。

税理士になっても、まだまだシャンパンなんか飲んでいる場合ではありません。

その夢は、もう少しお預けですね。

怪しげなお酒もあります

 

それにしても、この演出や商品、とにかく派手ですね。

八重洲というよりは、新宿の歓楽街・歌舞伎町という感じの雰囲気です。

 

 

こちらの一角は、怪しげなお酒のコーナーです。

コカの葉を使った合法リキュール、なんていうお酒もありました。

コカの葉の成分が交じることで、通常のお酒とは違う酔い方をするんですかね?!

 

その隣は、お酒のゼリーような商品です。

これは、食べたことないけど、けっこう強いお酒が仕込んでありそうな雰囲気ですね。

ゼリパという言葉がポップにあるので、リキュールゼリーを楽しむパーティーが流行っているのかと思いましたが、そんな流行はないみたいですね。。

なかなかこのゼリーは、カラフルで映えるので、ひょっとするとブームになるのかもしれません。

 

普通のお酒もあります

 

高級酒やちょっと怪しげなパーティ用のお酒が、表側には陳列されていましたが、店内には普通のお酒もたくさんありました。

 

 

こちらは、ワインコーナー。

この店舗の界隈には、八重洲や大手町に本社を構える大企業のビジネスパーソンがたくさんいるので、需要はありそうですよね。

残業終わりの方たちが、ビザをつまんでワインを飲むみたいなシーンがあるのでしょうか。

そんなおしゃれな丸の内ライフ、ちょっと憧れます。

高層ビルに囲まれた空間は苦手なんですが。。

 

 

通路奥には、普通のビールや発泡酒も少しありました。

 

 

こちらの冷蔵ケースには、クラフトビールが冷やされていました。

八重洲は、東京駅の地下街でもあります。

旅の出発点としても重要なんですよね。

新幹線や特急に乗る前に、ちょっと贅沢なクラフトビールとつまみでも買って飲みながら、のんびりと列車の旅を楽しんでみたいものです。。

 

 

クラフトビール、充実してますね。

 

ウイスキーガチャというイベントに参加!

 

先日のTwitterでつぶやきましたが、このお酒ドンキでウイスキーがちゃというお遊びに参加しました。

 

 

響21年山崎が当たるかもしれない。

すべて価格以上のものしかないから損はないな、と判断してチャレンジです。

 

その結果は、

 

 

はい、残念!

出てきたのは、いちばん末席のモンキーショルダーというウイスキーでした。

 

出た瞬間は、頭に血がのぼって「もう1回やったろか!」という気分でしたね。

こんな気分は、パチンコ屋通いをしていた20代の頃以来、久しぶりです。

ですが私も大人になったので、そこは冷静に去ることができました。

 

ちなみにこのウイスキー、瓶にのっているお猿さんがおしゃれでいい感じですが、味は4千円近く払って飲むほどではないかな、という感想です。

普段千円台のウイスキーボトルしか飲まない私からすると、十分美味しいですが。。

損した感はない、といえば嘘になりますが、こうしてブログやTwitterのネタにできた上に、新しい味も覚えることができたので、良かったと思います。

 

少し長くなってきたので、続きは、また次回お話しさせていただこうと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

3:40起床。
久しぶりにスッキリ起きられました。

朝勉は、相変わらずCFP。
不動産運用と金融資産の問題演習を半分づつ。
仕上がってきたとは言い難いのですが、なんとか2回転目は終わりそうです。
ライフについても、問題を解かずに答えを見るだけという形で、3回転に入りました。

午前中は、融資関係の資料を再整理。
細かい部分を見直していると、間違いがあったので修正しました。
明日は、金融公庫の融資担当者の方と面談。楽しみです。

お昼は、アマゾンプライムで「容疑者xの献身」を視聴。
だいぶ古い作品(2008年)ですが、見ていなかったので。
この頃の福山雅治さんは、シャープでほんとにカッコいいですね。
他の俳優さんもみんな若くて、いい感じでした。

午後も、融資関係の資料整理と面談のロールプレイング。
融資担当者との応答事例を調べて、回答を一人で喋っています。
ちょっと危ないおっさんですが、こういった準備が大事なのです。

夕方は、子どものお迎えと宿題のお相手、ブログ執筆という一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

ドン・キホーテの新業態「お菓子ドンキ・お酒ドンキ」に行ってきました

ドン・キホーテの新業態「お菓子ドンキ・お酒ドンキ」

1号店が2021年5月21日にオープンしました。

 

 

八重洲の地下街にドン・キホーテ

 

ドン・キホーテ。

云わずと知れた激安の殿堂、ディスカウントストアの大手です。

正式な社名は、パンパシフィックインターナショナルホールディングス。
(恐ろしく長い社名ですね。)

競争が激しい小売業界の中にあって、売上高※を順調に伸ばし続けている数少ない「勝ち組」のプレーヤーです。

※小売業界の売上高ランキングでは、イオン・セブン&アイ・ファーストリテイリング(ユニクロ)に次ぐ4位です。

 

ドン・キホーテのお店は、最近は郊外型の大型店舗のMEGAドン・キホーテの出店が進んでいる印象でした。

私が住む春日部にも、MEGAドンキがあります。個人的には、あまり寄り付かないですけどね(笑)。

 

ですが今回は、郊外型とは真逆の都心です。

この新業態の1号店は都心も都心、東京駅の八重洲地下街に出店しました。

さっそく私も店舗に行ってきたので、その様子をお伝えしたいと思います。

 

お菓子ドンキは

 

今回の出店は「お菓子ドンキ」と「お酒ドンキ」という異なったコンセプトのお店が、同時に出店していました。

 

 

こちらがお菓子ドンキです。

お菓子と言っても、店頭の看板商品には、一蘭のカップラーメンがありました。

この一蘭のカップラーメン、私はずっと気になっていた商品だったので、思わず購入してしまいました。

 

 

発売されたことはTwitterでだいぶ前に知っていたのですが、なかなかネットでも入手できなかったんですよね。

やっと入手できて嬉しいです。
私は30代の頃、ラーメンの食べ歩きが趣味だったのですが、一蘭は一番食べたラーメンです。

 

このお菓子ドンキ、店舗の感じでいうと、お菓子専門店の「お菓子のまちおか」というようなコンセプトではなく、私が感じた雰囲気が近いお店は「KALDI」になります。

KALDIのように、海外のお菓子や食材、珍しいネタになりそうな商品が並んでいます。

 

 

KALDIでは欧米の食材やお菓子が多いと思いますが、このお菓子ドンキは、アジアにこだわった商品ラインナップだったんですね。

その時は、気にしていなかったですが、云われてみるとアジア特化ですね。

 

 

面白そうなカップラーメンなんかが所狭しと陳列されています。

ドンキらしさは健在

 

ちなみに店内では、あのおなじみの
ドン、ドン、ドン、ドンキ~、ドンキ、ホーテ!
の歌がなっていました。

八重洲であのドンキの歌が聞こえてくる感覚はちょっと不思議でしたね。

 

 

もともとこの店舗自体、八重洲地下街の一角の10数坪の狭い店舗です。

そして店内はドンキらしく何だかわからないけどごちゃごちゃしていて楽しい感じになっています。

宝探し感覚とでもいうんでしょうかね。。

 

噂のあの商品も

 

正直なところ、私は「お酒ドンキ」が気になってしまい、この「お菓子ドンキ」にはそれほど関心を示さなかったのです。

ですが、やはり面白い商品は目に止まりました。

 

 

まずは「秘蜜な干し芋」。

「こっそり美人のおやつ」というキャッチフレーズが付いています。

買っていないのでよく分からないですが、美味しそうですね。

私は干し芋好きなので、なんでこの商品を買ってこなかったのか、今となってはちょっと不思議です。

 

 

こちらは、カップに入ったポップコーンです。

どういうわけか、艶めかしい色の照明に照らされて陳列されています。

よく見ると「ゆずはちみつ」「抹茶ミルク」「チーズ&キャラメル」といった変わった味のポップコーンなんですね。

写真ではわかりにくいですが、おそらくポップコーン自体も面白い着色がされているんだと思います。

ちょっと話のタネに、食べてみたくなりますね。

 

 

最後に、話題の昆虫食のコーナーもありました。

私は、食べられないものがほとんどどないことが自慢なのですが、昆虫はちょっと厳しいです。

イナゴの佃煮くらいは余裕で食べられますが、ここに売っているような虫さんは苦手ですね。。

姿形がそのままでなければ、大丈夫だと思いますが。。

 

このように、「お菓子ドンキ」なかなかおもしろい店舗でした。

次回は「お酒ドンキ」の方のレポートをさせていただこうと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

4:55起床。
一度起きたのですが、スッキリしないので2度寝です。

朝勉は、CFPから。
不動産運用と金融資産の問題演習をじっくりと。
試験は、来週の日曜日。
試験会場は、因縁の早稲田大学。

私が、高校(早大本庄)と大学(理工学部、現役・1浪・2浪)で受験して、落ちつづけた憧れの場所です。
今回は、3科目(1科目の試験が2時間)も受けるので体力的に持つかが、少し心配です。

午前中は、子どもたちの宿題を見て、ブログの下書き。

午後は、次男のサッカー練習の付添です。
移動中に雨が振り始めたため、今日は中止かな?と思ったのですが、練習開始前に雨が上ったので、大丈夫でした。

帰宅後に呪術廻戦を見て、ブログ執筆という一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング