クラウドファンディングに10年投資した結果について③ 破産に巻き込まれることも

10年付き合っているクラウドファンデイング。

良いことばかりでも、無いんです。

 

 

前回のクラウドファンディングの投稿では、私が好きだった「奥播磨ファンド」や「うなぎいもファンド」等について、お話しさせていただきました。

 

クラウドファンディングに10年投資した結果について②

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

投資家が集まらず、ファンドがスタートしないまま終了

 

私が投資したファンドは、この10年で29件でした。

 

このすべてが、上手く運用されたわけではなく、残念ながらうまく行かなかったパターンが数パターンありました。

これから、クラファンに出資をしようという方にご参考のため、ちょっとリアルな負の側面もお話しさせていただこうと思います。

 

まず、始めにご紹介するのは、ファンドを立ち上げて募集をかけたものの、思うように出資金が集まらずにファンドがスタートできなかった、というケースです。

このケースでは、事業者が期待したほどの資金をファンドから調達できずに事業にチャレンジすることができないケースで発生します。

 

特に、ある程度のまとまった金額の設備投資を予定していたときは、金額が集まらないと事業そのものがスタートできないことがあります。

このケースでは、出資した資金と手数料が全額返還されますので、出資者のふところが痛むことはありません。

残念だな、とは思いますが「まぁ、しょうがないか」となりますね。

 

他にもファンドがスタートしなかった要因として、

従業員が独立してしまった

出店する店舗が見つからない

といった理由で、プロジェクトが中止になって返金されたケースもありました。

 

事業に撤退はつきものですし、甘い見積もりで見切り発車して大怪我をするよりは、中止は良い決断だと思いますね。

 

事業者がファンド運用中に破産してしまった

 

私が投資した29件のファンドのうち、たった一つだけ、厳しい結末を迎えたファンドがありました。

具体的なファンド名をあげることは控えます(調べると再起をかけてチャレンジされているようですので)が、とあるお菓子の製造に関するファンドに出資をしました。

そのお菓子はとても美味しくて、私の当時の勤務先のそばにも支店があったので、何度か利用しているお店でした。

知人や親戚への手土産にも利用していたのですが。。

 

出資は、一口3万円で2口出資したので、6万円。

全部が戻ってこないわけではありませんが、一部は戻ってきませんでした。

 

 

ある日、突然、裁判所から手紙が届くので、ちょっとドキッとしますね。

私は、職業(会計事務所勤務歴10年超です)柄、裁判所から手紙が届くことは何度か経験しているのですが、一般の方がこれを経験するとちょっと引いてしまうかもしれません。

 

ちなみに、裁判所からの手紙の内容は「債権者集会」の案内です。

破産を決意せざるを得ないほどの切迫した資金状況ですので、小口の出資者である私達には、お金は帰ってこない(帰ってきても、微々たる金額)と考えたほうが良いと思います。

また、集会には別に行く必要はありません。

旅費・交通費のほうが高くついてしまいます。

 

私が出資したファンドの運用成績ベスト5は?

 

このように、クラウドファンデイングでは、思わぬリアルな事業トラブルに巻き込まれてしまうリスクがあります。

巻き込まれるといっても、出資したお金の一部が戻ってこない、という程度ですので、出資金以上のリスクはないので、ご安心を。

 

ですが、クラウドファンデイングは元本保証ではないんですよね。

 

そこで、実際の私が出資したファンドの運用成績のベスト5ワースト5をお伝えしようと思います。

 

出資金額 分配金額 償還率
50,000 62,666 125.33%
30,000 34,553 115.18%
50,000 55,029 110.06%
50,000 54,927 109.85%
100,000 107,232 107.23%

(単位:円)

 

こちらが、運用成績のベスト5です。

なかなか悪くないようにも思えますが、実はいろいろと問題もあります。

 

まず始めに、ファンドというものは運用期間が2~5年間とけっこう長いです。

運用期間が5年ということは、ファンドの募集から精算までは、軽く6年近くかかってしまいます。

 

しかも、分配金額には、出資者特典の商品(例えば、前回のお酒やカニなど)の分も含まれての金額になります。

この点は、株式投資における株主優待とは計算方法が異なりますね。

 

さらには、この分配金額は、源泉税引前の金額ですので、実際の分配額はもっと少なくなります。

この点をどう評価するか。

 

次回以降で、運用成績ワースト5とトータルの運用成績、私がクラウドファンディングから撤退した理由について、お話しさせていただこうと思います。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

Have a wonderful weekend !!

 

【昨日のできごと】

3:33起床。
朝勉は、いつもどおり税理3月号とCFPの勉強。

午前中は、メルマガを読んだり、株価をチェックしたり。
このブログでもたびたび取り上げている物語コーポレーションの株が株式分割(100株が200株に)したので100株を売却して、資金移動させ名義分散して、もらえる株主優待を増やします。
株式相場は、株価のアップダウンが激しくなってきたので、ちょっと怪しい雰囲気ですね。

その後、ランニングを10キロ全力で。45分代とタイムはいまいちでしたが、気持ちよく走れたので良かったです。

午後は、自分の確定申告に着手。給与所得は、就職して以来最小(4月末で辞めてしまったので)になってしまいました。
住宅ローン控除で、株の譲渡所得で天引きされていた税金が戻ってくるので、助かります。

夕方は、ブログを執筆して、お迎え、という一日でした。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

 

コメント欄をつけましたので、ご感想・ご質問等いただけたら、とても嬉しいです。(メール・サイトアドレスは入力不要です)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA