金投資のすすめ③ インフレや有事に強い金

金の魅力

もう少し続きます。

 

 

前回の投稿では、金の歴史や魅力について、お話しさせていただきました。

 

金投資のすすめ②

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

金の魅力 おさらい

 

前回からの繰り返しになりますが、金の魅力には、次のようなものがあります。

 

希少性 オリンピックプール3.8杯分しかないというレア感

不変性 2000年前の金印もそのまま変わらないという不変性

換金性 世界中どこでも換金できるのは金のみ

宝飾美 ただただ単純に見て美しい

 

これらの性質・魅力に加えて、経済的な側面からも金には魅力があるのです。

 

インフレに強い金

 

ご存知の通り、インフレとは物価が上昇することをいいます。

最近では、ガソリン価格が上昇しているため、車を使う方はインフレを身近に感じる方も多いのではないでしょうか?

 

インフレになることで、企業は製品の原材料価格が上がってしまうことになり、収益を上げづらくなります。

外食産業では、スシローが一皿100円をやめて、値上げをするというニュースも入ってきていますね。

おそらく同業他社もこの値上げに追随することになると思いますが、外食産業に限らず、今後の日本・世界はインフレに突入していく流れが見えてきたように思います。

 

そんな中で、物価高の流れの中でモノの代表である「金」は、このインフレに波に乗って、その価格がどんどん上がっています。

物価高の中で、貯金をしておくと資産はどんどん目減りしてしまいますが、モノに投資しておけば、物価高になっても資産を目減りさせることはありません

 

モノといっても、何に投資したら良いかわからない?

そうですよね。

そういった方におすすめなのが、モノの代表である「金」なのです。

 

有事の「金」

 

こうしたインフレ傾向の原因の一つには、ロシアがウクライナに侵攻したことにより、ロシアがEU諸国から経済制裁を受けていることも挙げられます。

つまり、ロシア産の原油や天然ガスが、今までのように世界各国に輸出できなくなってしまったことにより、原油や天然ガスの供給が滞り、値段が上がっているのです。

 

ひょっとするとロシア側(ロシア国民)は戦争をしているという認識では無いのかもしれませんが、私のような外部からの視点では、第3次世界大戦というには大げさではありますが、完全に世界は有事モードに入ってしまっているように思います。

 

こうした有事の際には、往々にして株価は下落してしまいます。

戦争になると通常の経済活動は大きく制限されてしまい、また世界経済に対する先行き不透明感が高まることによって、株は大きく売り込まれてしまいます。

株だけではなく、債券・通貨といったペーパー資産に対する信用が一気に落ちてしまい、これらの資産も売り込まれることがあります。

 

逆にこうした有事の際に、注目をあびるのは、現物資産である「金」です。

人間の深層心理の中には、どこかでペーパー資産を信用していない部分もあって、こうした有事モードの際には、手に持って運ぶことができる金で安心を得たくなるものなのかもしれませんね。

 

実際に金の地金1キロを手に持ってみるとわかるのですが、金の比重はとても重く、水の重さの19倍になります。

そのずっしりとした重みとひんやりすべすべとした感触、そして高貴な輝きを見ると、不思議な安心感があるものなのです。

 

こうしたインフレや有事に強い「金」は、まさに今のきな臭い時代にうってつけの資産なのかもしれません。

少し長くなってきましたので、続きはまた次回に。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

4:30起床。
この時間でも、空が明るい季節になりました。

起床後はいつものようにブログ投稿を。

午前中は子どもを保育園に送ったあとに、庭の草取り。
芝生の中に生えてしまう雑草を丁寧に取り除きます。
芝生をキレイに保つのも大変です。

そういえば、サッカースタジアムの芝生ってほんとにキレイですよね。
あの芝を保つのに、どれだけの手間をかけているのか?ちょっときになります。

その後、事業復活支援金の申請業務を少し。
今度は、申請後の追加資料のラッシュになってきました。

決算書と概況書の売上の数字が違うという確認作業。
これほんとに意味あるんですかね。
この作業のために膨大な時間が失われていると思うんですが。。

午後は、残念ながら支援金の対象にならかった方に、お電話を。
なかなか悲しいお知らせになってしまいました。
私自身ももらえていません。

これは業種によって相当、有利不利がある結果になりましたね。
売上が安定的な方にとっては、30%以上売上下落のハードルは高かったです。

あとちょっとの差で、支援金が100万円もらえるはずがゼロになってしまうというケースもあるので、この仕組みは見直しが必要ですね。

夕方は、子どもの宿題を見て、サッカー練習の送迎という一日でした。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

金投資のすすめ②

久しぶりに金の世界について

語ってみたいと思います。

 

 

前回の投稿では、金投資について思い出話を交えつつ、お話しさせていただきました。

 

金投資のすすめ

 

今回はその続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

金の歴史

 

私がいまさら語るまでもありませんが、金は希少性が高く、見て美しいものであるため、太古の時代から価値を持っていました。

古代の王族の装飾品として金が使われているように「権力と富の象徴」として、金は常に人々を魅了してきました。

 

日本でも金印(漢委奴国王印)に金が使われていますね。

 

 

金印については、いつ頃制作されたものなのかはっきりしておらず、いろいろな説があるようですが、一応、西暦57年に後漢の国王から日本に贈られたものとされているようです。

正確なことは私にはわかりませんが、とにかく、そんな大昔の話でも、金は一切劣化することなく、その姿がそのまま千年の時を超えても残り続ける、ということが重要な点ですね。

 

金とは「お金」そのもの

 

金とは、日本語で書くと「金」となりそのままお金と同じ意味です。

世界中のいろいろな国で、金が金貨としてお金になってきましたし、日本でも大判小判が金で鋳造されていて、通貨として利用されてきました。

 

それこそ、20世紀の初めまで「金本位制」という制度によって、世界各国の国のお金の基準を金に求めていたこともあるくらい、金は人類にとって普遍的な価値を持つものだったのです。

 

金本位制が無くなったあとも、金はその価値を失うことなく、価値を保ち続けています。

 

金の魅力とは?

 

金の魅力とは、まず単純に見て美しいということです。

女性の宝飾品には、ダイヤモンドやサファイヤ、エメラルドなどの宝石とともに金やプラチナといった貴金属が今でも利用されていますね。

誰に教わったわけでもありませんが、人間は本能的にこれらの宝飾品を見ると無性に欲しくなってしまう生き物のようです。

 

そして、金は人工的に作り出すことができないという希少性も兼ね備えています。

今まで人類が掘り出してきた金の総量は、オリンピック公式競技用のプールの約3.8杯分

私もその昔、セールストークでよく話していました。
当時はオリンピックプール約3杯といっていましたが。。
だいぶ掘られたということですかね。

 

残りの埋蔵量もあと1.5杯分くらいと言われていれて、極めて限られた資源なのです。

このように、金は限りある資源であるからこそ、その価値が損なわれることなく、貴重であり続けることができるのです。

 

一説には、金は海水にも非常に薄い濃度ながらも含まれていて、海水から金を採掘する技術が開発されれば、理論上は50億トンもの金を採掘できるそうです。

もし仮にそのような海水から金を取る技術が確立されたときは、金がその価値を失うときかもしれません。

ですが、すべての海水から金を採掘するということは、海水を特殊なフィルタで濾過して回収するのか?海水を蒸発させて抽出するのか?

謎ではあります。

いずれにしても、コストの面から考えても現実的ではありませんね。

 

そして、金は換金性に優れていることも重要です。

世界中どこでも、金を持ち込めば現金に変えることは可能です。

サムネイル写真のカンガルー金貨は、重さった3.1グラムでサイズは1円玉よりも小さいくらいですが、換金すると数万円の価値があります。

これは、すごいことですよね。

 

少し長くなってきましたので、続きはまた次回に。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

4:30起床。
前日の21時に寝ているので、7時間半寝ていることになりますね。
実際はトイレに1~2回は起きていますし、その時に少しスマホに触ったりもするので、7時間くらい寝ている感じです。

睡眠時間を増やして、1日の濃度をあげようとしているのですが、今のところ目立ったパフォーマンス改善はないですね。。

午前中は、顧問先の事業復活支援金業務を。
ようやくゴールが見えてきました。

お昼は、YouTubeを視聴。
フランチャイズチャンネルで、いろいろなビジネスを学びます。
ここ数ヶ月、忙しくてインプットが全然できていなかったので、少しずつ立て直していきたいと思います。

午後は、再び事業復活支援金業務。
申請もだいぶ慣れてきましたが、申請したあとに追加の資料を求められたりもするので、本当に厄介な仕事です。

夕方は、子どもたちとジョジョの第四部を視聴。
3部からの流れで空条承太郎が出ますが、学ランではない承太郎はちょっと不思議です。
杜王町という場所(どうやら仙台市がネタ元のようですね)とポップアートのような妙な色彩、怪しすぎる敵、東方仗助の変な髪型(NGワード!)など、相変わらず奇妙な世界でナイスです。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

金投資のすすめ

インフレに強いものは?

ご存知でしょうか?

 

 

以前の投稿で、あまりおすすめできない投資として、外国為替証拠金取引について、お話しさせていただきました。

 

私が失敗した投資について FX(外国為替証拠金取引)①

 

今回はおすすめできる「金投資」について、お話しさせていただこうと思います。

 

「商品」を取引する会社?

 

私が最初に就職した会社は、商品先物取引の会社でした。

 

商品先物取引とは、会社の株ではなく「商品」そのものを取引する投資です。

商品とは、金やプラチナなどの貴金属、原油やガソリンなどの資源、とうもろこしや大豆などの穀物、といったものです。

商品自体を対象とするのですから、扱うものは無限にありそうですが、日本商品取引所で取引されている商品は、せいぜい数十種類しかありません。

 

そんな商品取引の中でも、お客様に一番人気があるのが「金」でした。

「金」は商品取引のなかでも、一番親しみやすく、ビギナーの方にもわかりやすかったからかもしれません。

 

外務員になるための勉強

 

商品取引の会社では、営業を担当することになりました。

 

営業課に配属されると、最初にやったのは膨大な数のDM(ダイレクトメール)の宛名書きです。

外務員免許がない新入社員時代には、営業ができないため、まずDMの宛名書きを一日中することになるのです。

 

宛名書きを何日かやると、その後、新入社員が一斉に集められて、外務員免許取得のための研修が始まります。

(研修では全国の支店から新入社員が集まってきて、ゴリゴリ体育会系のキャラの濃い人達とほぼ缶詰状態でずっと勉強という濃密な時間を過ごしました)

研修は1ヶ月ほどで、その後、外務員試験を受けて合格すると晴れて外務員デビューです。

 

デビューは「金」の飛び込み営業

 

外務員としてデビューすることになり、はじめての営業活動は電話セールスでした。

電話をかけて知らない方とお話をするというのは、当然ですが難易度は高く、なかなかうまく行きません。

 

そこで当時の上司は、電話セールスから飛び込み営業に方針を転換。

私を含めた社歴の浅い社員たち7~8人でグループになって、東京の神田・神保町の古書店街のあたりを飛び込み営業することになりました。

神保町は古書店街というイメージとは違って、けっこうなビジネス街でもあり、雑居ビルが無数にあって、その中に中小企業もたくさんありました。

 

私たちは、こうした中小企業の経営者の方にターゲットを絞って、ひたすら飛び込みの営業をしていきました。

飛び込み営業といっても、いきなり商品取引の話をしたり、金の話をすることはできません。

そこで、まずは名刺交換をお願いしたり、アンケートをお願いしたりして、世間話をたっぷりして仲良くなってから、金の話をするという段取りでした。

 

 

こちらは、純金(24金)のカンガルーコインです。

10分の1オンスという単位でグラムにすると3.1グラム。

大きさは、ちょうど税理士バッジと同じくらいでした。

こんな金のコインや地金(1キロ)を持ち歩いて、お客様に見せて、売り歩いていたのです。

 

そんな金投資の魅力について、次回以降でお話していきたいと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

3:30起床。
久しぶりに早起きです。
早朝時間は、いつもどおりのブログ投稿からスタート。

その後、海外サッカーを視聴。
カディス対レアル・マドリードは1対1のドロー。
この試合で、マリアーノが今季初ゴール。
フォワードでこの時期に初ゴールとは、ちょっと厳しいシーズンでした。

一度、レンタルで大ブレイクしたマリアーノですが、レンタルバックは残念ながら失敗でした。
もう一年見てくれるのか?フロント陣の考えはわかりませんが、個人的にはもう少し見ても良いのかな?という感じがします。

この時期には1部残留の争いや昇格争いが熱いですが、一方では、選手の移籍や引退の話も出てきてちょっと寂しい気分です。

昨日も、ディバラ(ユヴェントス)やスアレス(アトレティコ)といったスター選手が移籍の発表をして、今後の動きが気になるところです。
目玉は、PSGのエムバペ。
マドリーに来るのか来ないのか?決断のときは迫っています。

子どもたちを送り出した後は、資料作りを。
書面での契約書作成や郵送物の手紙などを作成。
契約書の電子化も取り組んでみたいところです。

午後は、事業復活支援金の申請業務を。
微妙に該当しないケースが出てきて、困ります。

夕方は、子どもたちと「ジョジョ 第3部」を視聴。
とうとう宿敵DIOを倒して、長い長い50日間の旅が終わりました。
DIOはカッコよかったですが、若干調子に乗りやすいタイプで、戦い方はけっこうアホでしたね。
花京院やアブドゥルといった仲間が死んだままなのもちょっと寂しかったな、という感じの一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

オリックス 株主優待廃止発表の余波

オリックスの株主優待廃止

今後の影響が心配です。

 

 

前回の投稿では、オリックス株の株主優待の廃止が発表されたことについて、お話しさせていただきました。

 

オリックス 株主優待廃止を発表

 

今回はその続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

人気が過熱していたのか?

 

今回の優待廃止が決まったオリックス株。

個人投資家の方に大人気でした。

しかもその人気はどんどんヒートアップしていました。

 

というのも2015年に「ふるさと優待」というオリジナルなカタログギフトを開始してから、株主数が年々10万人単位で増加していて、すでに80万人というところまで膨れ上がっていたようです。

この勢いで行くと、あと数年で100万人を突破!という矢先での優待廃止です。

これだけの100株株主がいると優待維持コストも半端ではなかったと思います。

しかも年々、すごいスピードで株主数が増えていくので、どこかで歯止めをかける必要はあったでしょうね。

 

市場再編が株主優待に及ぼす影響

 

先の2022年4月4日に、東京証券取引所は市場再編を行いました。

これまでの「東証1部」「東証2部」「JASDAQ」「マザーズ」という4区分から、「プライム」「スタンダード」「グロース」の3区分の市場に再編されました。

 

この市場再編で、上場基準が明確化されることになりました。

最上位の「プライム」では、上場維持に必要な株主数が800人以上、ということになりました。

この株主数がポイントで、以前の最上位だった「東証1部」では上場維持に必要株主数は2,000人以上というハードルがあったのです。

 

この2,000人をキープするために、株主優待を使って個人投資家を引き付けておく必要がある企業がたくさんあったため、株主優待制度が維持されていた側面はありました。

ですが今回の市場再編によって、この維持基準がかなりゆるくなったので、企業は株主数を必要以上に抱える必要はなくなってしまったのです。

 

今後の株主優待はかなり絞られてくると予想

 

今回の市場再編にオリックスやJTのような超人気銘柄は、直接の関係はありません。

オリックスやITは株主数が数十万人規模ですので、優待を廃止したところで、2,000人も800人も割り込むことはまず無いからです。

 

ですが今後関係があるのは、今までなんとか2,000人を維持してきた企業です。

これらの企業は、いままでの2,000人縛りが緩くなる分、優待制度を少し厳しくして個人投資家の数を減らして、優待コストを減らそうと考えても不思議はありません。

 

ましてや人気銘柄のJTやオリックスが優待制度を廃止しているのですから、この波に乗って、優待制度を縮小・改悪、廃止したり、といった流れは加速するものと私は予測します。

 

特に要注意なのは、個人株主数が少なくて、優待内容がクオカードだったりカタログギフトだったりするような企業

優待内容が自社製品やサービスではない優待実施企業は、優待実施の目的がほぼほぼ株主数維持の可能性が高いのではと考えています。

そういった企業は、今後、優待を縮小・廃止する可能性がかなり高いものと思われます。

 

逆に言えば、そうではない企業は優待を維持してくれる可能性大。

例えば、日本マクドナルドや吉野家、ゼンショーといった外食産業系の株主優待はもともと個人投資家の数が多く、自社製品・サービスの優待であるため、今後も優待制度は揺るがないのではないかと個人的には考えています。

 

ご参考にしていただけたら幸いです。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※本ブログに掲載している内容は情報提供を目的としており、特定の商品、個別銘柄、取引手法等を推奨するものではありません。最終的な投資決定はご自身で判断していただくようにお願いいたします。掲載している内容は予告なしに変更または中止する場合がありますので、必ず最新の情報をご確認ください。

 

【昨日のできごと】

4:30起床。
早朝時間は、仕事を少々。
土日でも仕事は、ちょこちょこしています。

社員時代から、土日にも仕事はしていましたので、まったく苦ではないですね。
その分、平日にがっつり8時間仕事をすることもないので、バランスは取れていると思います。

午前中は、家族全員でバースディという子供服やさんに。
はじめて訪問しましたが、なかなかいい感じの子供服店ですね。
西松屋やアカチャンホンポとは違って、新鮮でした。
こちらは「しまむら」系列というで、流石ですね。

おもちゃが沢山売っているのも特徴で、私はモノポリースピードというボードゲームを購入してみました。
子どもたちと暇なときに遊んでみようと思います。

 

その後、公園にもよって軽く遊びを。
3兄弟で公園に行くものちょっと久しぶりです。

午後は、長男と次男のサッカー練習の送迎を。
練習中は昼寝をして、週末の試合の選手や父兄の配車割りを。

夕方は再び仕事をちょこっとして「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」視聴。
花京院のダイイングメッセージで最強スタンド「ザ・ワールド」の正体を知った承太郎。
とうとうDIOを追い詰めました。
残すはあと1話。寂しい限りです。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

オリックス 株主優待廃止を発表

JTに続いてオリックスの株主優待廃止

とうとう来るべき日が来てしまいました。

 

以前の投稿で、オリックスの株主優待についてお話しさせていただきました。

 

株主になって株主優待を楽しもう⑳ オリックス ふるさと優待

 

今回はそのオリックスの株主優待に動きがありましたので、お話しさせていただこうと思います。

 

とうとう優待人気銘柄の代表選手が、、

 

以前の投稿でJT(日本タバコ産業)の株主優待廃止について、取り上げました。

JTは株主優待や高配当で、個人投資家の間ではかなりの人気銘柄でした。

日本たばこ産業 株主優待を廃止

 

 

ですが、今回のオリックスは、そのJTの人気をも軽く凌駕する超人気銘柄です。

雑誌などで、株主優待の人気ランキングの特集をするとだいたいベスト10には入りますし、好きな優待銘柄1位に上げる人も多いです。

一説には、オリックスの個人の株主数が80万人とも言われています。

これだけの人気銘柄の優待廃止のニュースは、他の優待実施企業の株主優待のあり方にも影響を与える可能性大です。

株主優待ファンの方は注意しましょう。

 

優待廃止の理由は?

 

今回の優待廃止のニュースは、2022年5月11日の取締役会において正式に決定されました。

では、その発表について、詳しく見ていくことにしましょう。

当社は、株主の皆さまに株主優待を通じて、オリックスグループの多角化した事業内容に対する理解を深めていただくことを目的に、2010年より「株主カード」のご提示による当社グループが展開するサービスの割引優待制度を開始し、2015 年よりカタログギフト方式の「ふるさと優待」を実施してまいりました。

また、株主優待の拡充に加え、安定的かつ継続的な配当と機動的な自己株式取得など、株主還元策を総合的に展開してまいりました。この度、中期的な方向性を設定し、さらなる事業成長に努めるとともに、株主の皆さまへのより公平な利益還元のあり方という観点から慎重に検討を重ねました結果、株主優待制度については廃止し、今後は配当等による利益還元に集約することといたしました。今後も、資本の効率的な活用と持続的な企業価値の向上に努めてまいりますので、何卒ご理解賜わりますようお願い申し上げます。

 

オリックスHP 株主優待制度の廃止に関するお知らせ より

 

内容については、あたり触りのない文章が並びました。

 

理由としては「公平な利益還元のあり方」ということです。

これは、株主優待をもらうことができる個人投資家と、大量の株数を保有しつつも株主優待をもらうことができない(株数分のメリットがない)機関投資家(投資ファンドなどプロ)の間にある「不公平」を埋めるという内容です。

その点、配当であれば持ち株数に応じて公平に配分されますので、不公平感はありません。

 

もともと株主優待は、個人投資家の株主数を増やすことを目的にしており、制度自体が機関投資家にとって「不公平」であるのは間違いのないところです。

それでも企業は、株主優待を通じて自社のファンとなってくれる個人投資家を増やすことでブランドイメージを高めたり、自社のサービスを広めてもらうための宣伝効果を見込んだりして、株主優待を利用してきました。

 

ですので、この理由については「何をいまさら」ということになります。

つまりこの理由は表面上の理由で、真相は別のところにあるのでしょう。

 

優待廃止はデクレッシェンドで

 

このブログでも何度も取り上げていますが、株主優待廃止のニュースはいつも唐突です。

優待確定の期限まで、あと10日くらいしかないという期日に優待廃止を発表する企業や、最悪なケースでは、優待の権利確定日以降に「やっぱや~めた」と優待廃止を発表する企業すらあります。

株主優待銘柄で失敗してしまうこと③ 優待改悪、優待廃止

 

権利確定日以降に優待をさかのぼって廃止するなんて約束違反で法的に問題あるんじゃないの?という感じすらしますが、実際にそんな企業があるのです。

このように株主優待は、企業が思うままに減らしたり無くしたりできるので、個人投資家は目を光らせておく必要がありますね。

 

ちなみに今回のオリックスの優待廃止は、2024年3月31日の優待実施を最後に廃止という形です。

つまり、優待廃止までにはあと2年近い猶予期間があります

ここまで長い期間の猶予を与えてくれた会社は私が知る限りでは、オリックスがはじめてですね。

 

このようにスマートな別れを用意してくれたオリックスに「あっぱれ!」をあげたいと思います。

少し長くなってきましたので、続きはまた次回に。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

Have a wonderful weekend !!

 

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※本ブログに掲載している内容は情報提供を目的としており、特定の商品、個別銘柄、取引手法等を推奨するものではありません。最終的な投資決定はご自身で判断していただくようにお願いいたします。掲載している内容は予告なしに変更または中止する場合がありますので、必ず最新の情報をご確認ください。

 

 

【昨日のできごと】

4:30起床。
早朝時間はブログ投稿からスタート。

午前中は、少しラインなどの連絡を。
その後、近所の同業の先輩の事務所に訪問。
いろいろとアドバイスをしていただき、大変助かっています。

お昼は、YouTubeを視聴。
中田敦彦さんの動画で、イーロン・マスク氏がTwitter社を買収した件について学びました。

午後は顧問先に1件訪問して、自宅で作業。
事業復活支援金の申請作業もだいぶ慣れて来ました。

夕方には、子どもたちの宿題を見て、夕食の準備を。
お昼に近所の無人持ち帰り餃子店で買ってきた冷凍餃子を焼いてみました。

以前に当ブログでも取り上げた雪松餃子のインスパイア系ですね。。
といっても、インスパイアしたのは、餃子の味よりも無人販売というシステムの方です。

 

思ったより良い焼色に仕上がりました。

にんにくが効いていて、非常においしかったです。
同時に食べ比べないとわからないですが、雪松より今回の方がおいしかったような。

これがあるから、飲食業界というのは怖い(簡単にパクられてしまう)ですね。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

従業員持株会 企業側のメリット・デメリット

従業員持株会

企業の側のメリットはあるのでしょうか?

 

 

前回の投稿では、従業員持株会の使い方について、お話しさせていただきました。

 

従業員持株会とは?④ 会社と心中してしまうことに

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

企業側から見ると

 

前回までの投稿では、主に従業員の方の視点から持株会について見てきました。

 

今回は投資家としての視点で、企業が従業員持株会を導入するメリット・デメリとがあるのか?について、見ていきたいと思います。

 

従業員の方の意識がアップ?

 

まず、従業員の方に株を持っていただくことで、従業員の方は自社の経営状況について興味を持つようになりますね。

そして自分が頑張ることで、会社の業績に貢献して自社の株価が上がれば、テンションが上がるかもしれません。

そういった社員の方のモチベーションを上げる効果が期待できます。

 

つまり、自社株を持つ前は単なる企業の歯車の一つとして働く当事者意識の低い方が、自社株を持つことで株主の視点も持つことができ、経営に積極的に関与しているような意識の高い社員になる、ということですね。

 

まぁ、これに関しては理想論という感じもあります。。

というのも、実際に私が持株会を通じて、自社株を持ったことで、テンションが上ったりモチベーションが上がったかと言えば、かなり微妙でした。

持株会を始めた頃には、株を持った嬉しさもあってテンションが上ったことはありましたが、その後はだんだんと惰性の日々になっていたような気がしますね。

 

安定株主の確保

 

従業員持株会は、長期に株を保有してくれる安定した株主になる傾向が強いです。

私も実際、退社をしたときしか株を売りませんでしたし、在職中に自社株を売却している人を見たことがありません。

(理由は前にも書きましたが、換金するのに手続きが面倒で時間がかかるためです。)

 

上場企業の場合は、株が自由に売買されているため、常に敵対的買収をされてしまうリスクにさらされています。

(実際に私が勤めていた会社は、私が退職した数年後に外資系ファンドに買収されてしまい、最終的には上場廃止になりました)

 

ですが、従業員持株会はそういった外部の株主に対してなびくことのない、企業に忠誠心が強い株主です。

つまり持株会の存在が大きいほど、企業にとっては買収されるリスクが下がる、ということになります。

 

デメリットは?

 

企業側にとって、都合の良いことが多い従業員持株会ですが、デメリットも当然にあります。

まず考えられるのが、従業員持株会を維持するコストがかかるという点ですね。

 

上場企業で、数百人から数万人という規模の従業員の方の持株購入を手続きをするということになると専門の部署や人材の確保は必要でしょう。

当然、証券会社や専門のコンサルタントに対する手数料も発生し、企業の規模によっては、かなりの金額にのぼることもあるでしょう。

 

また、従業員とはいえ株主である以上、配当は支払う必要があることから、そういったコストも追加でかかります。

こういったコスト面での負担はそれなりにかかりますね。

 

企業がほしいのは「忠誠心」?

 

もともと持株会は、社員の福利厚生の一環として行われていることでもあります。

社員の資産形成のサポートを会社がすることで、社員の方に安心感を与え、企業に対する忠誠心を高めてもらう、という趣旨ですね。

 

今の時代には、こういった「忠誠心」を企業が求めても、なかなか社員の方には響かないかもしれません。

逆に「会社に忠誠心なんかないよ、いつでも独立できるように準備しているよ」というくらいの方のほうがいい仕事をするような気もしますね。

 

そういった意味でも、今の時代には持株会の持つ意義は薄れているのかもしれません。

ご参考にしていただけたら幸いです。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

4:20起床。
なかなか連休疲れが抜けず、朝スカッと起きられないです。

早朝の時間はのんびりとブログ投稿から。
昔のことを懐かしく思い出します。
今思うとなかなかにアホな時代でしたが、当時は当時でそれなりに一生懸命に生きていたんですよね。

午前中は、メールやチャット、ラインの対応をして、事業復活支援金業務に。
1件ほぼ終わったので、久しぶりにジョギング。

10キロちょっと走りましたが、なかなか足取りは重く。
この冬にほとんど走らなかったせいで、筋力が大幅に落ちてしまったようです。

今月を超えれば、仕事は一段落してくるので、改めて体作りをして、走り込んでいきたいと思います。

お昼休憩は、YouTube視聴。
りらくる創業者の竹之内さんが「令和の虎」に似た新チャンネル「虎の壁」を立ち上げたので、その初回を視聴。

プレゼンターは優秀な方でしたが、虎達のツッコミも鋭い。
見ていて、こっちがドキドキします。
普通に会社を立ち上げて仕事をするだけなら、あんなに人から突っ込まれることはないでしょうに、とは思います。
虎にも若い人がいて、みんな優秀だなと感心します。

午後は、引き続き事業復活支援金のお仕事。
夕方は子どもの宿題のチェックとサッカー練習の送迎、という一日でした。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

従業員持株会とは?④ 会社と心中してしまうことに

従業員持株会

どのように使えば良いのでしょうか?

 

 

前回の投稿では、従業員持株会の従業員にとってのデメリットについて、お話しさせていただきました。

 

従業員持株会とは?③ 従業員のデメリット

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

どのくらい貯まるのか?

 

従業員持株会の制度は、社会に出たてで貯蓄習慣がなくもちろん投資経験もないフレッシュな社会人に向いています。

そういった方が、まずはお金を貯める練習として、はじめてみるのは悪くないと思います。

 

私の場合は、まずは最低額の月額3,000円から始めてみて、少し余裕が出てきたところで5,000円に増やし、仕事や生活が安定してきた入社3年目くらいからは、1万円に増やしていきました。

その結果として、最終的には勤務していた7年間で100万円弱の持ち株を積み立てることができました。

 

その間、まったく努力しているという感じはなく、自然に貯まっていったという感覚なので、やはり給料からの天引きというのは有効ですね。

 

実際の運用成果は?

 

無理なく自然に貯めることができた持株会。

貯める段階までは良しとしても、その後のことも気になりますよね。

 

↑こちらは、私が実際に売却した自社株の結果です。

なんと7年間かけて購入した1,900株を3年かけてすべて売却したところ、461,889円の損失になっていました

 

これは、正直この記事を書くまで認識していなかったので、ちょっとびっくりですね。

96万円貯めたのに46万円の損失ですので、これはけっこうな失敗です。

 

やはり持株会は危険かも

 

前回の投稿でもお話した通り、持株会の最大のデメリットは会社の業績が傾いてしまったときのダブルパンチです。

 

実際に私が良い例です。

私の場合は、リーマンショックでお客さんが資産を失い、私自身も顧客基盤をなくしてしまったため、望まない名古屋支店への転勤という話になりました。

すでに簿記3級の勉強を開始していて、別の道を探ろうとしていた私は、この転勤話(実質は部署異動も兼ねた左遷でした)にはのらず、自主退職の道を選びました。

名古屋には興味があるので、一度住んでみたかったんですが。。

 

退職したことで当然収入はゼロになってしまった上に、唯一の資産であった従業員持株会の積み立ても、価値が半分になってしまっていました。

客観的に見ると、キャリア形成も資産形成もどちらも失敗した形です。

ここから税理士を目指して勉強をしつつ、株主優待投資をして人生の逆転を図っていく過程を描いているのが当ブログ=私の人生です。)

 

このように従業員持株会による資産運用は、勤務先の会社と一蓮托生の運命共同体になってしまうので、かなりのハイリスクです。

会社の役員クラスであれば、経営に関与しつつ、会社にフルベット(全額投資)する人生もありかもしれません。

むしろそういった方こそ、会社にフルベットして背水の陣で勝負、という考え方もあり(私はそれも勧めませんが)ですね。

 

ですが年若い社会人の方が、そこまで会社に人生を預ける必要はありません。

実際に失敗した私が言うのですから間違いありません(笑)。

当ブログなども参考にしつつ、従業員持株会以外の資産運用方法を見つけていただけると幸いです。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

4:30起床。
シャワーを浴びて、ブログの投稿から。

子どもたちを送り出して、15分ほど草むしり。
この時期の雑草はあっという間に大きくなってしまうので、地道に抜いていきます。

少し休憩をして、仕事に。
事業復活支援金の申請を1件。
なかなか手間がかかる作業ですが、もらえる額は大きいのでスルーできませんね。

お昼には、床屋さんに行ってカットを。
ずっと1,000円カットに行っていましたが、ここ数年は、カット+シャンプー+シェービングで2,100円というお店に行ってきます。

個人営業の1,000円カット店は、開店当初は丁寧でいい感じなんですが、だんだんお客さんがついてくると、サービスの質が下がる(カットが雑になる)んですよね。
これは、きっと開業税理士も同じでしょうね。
他山の石としたいところです。

その後、ランチは床屋さんのそばの渋い町中華で、四川タンタンメンをオーダー。

 

まあまあおいしかったですが、特に面白みはなくリピートする必要はないレベルですね。
メニューが50種類くらいあったので、別メニューを試して見たいとは思いました。
これからも地元のお店をコツコツ食べ歩いて行こうと思います。

午後にも事業復活支援金の仕事をして、子どもの宿題をチェック。
夕方は、子どものサッカーの送迎と連絡など、という一日でした。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

従業員持株会とは?③ 従業員のデメリット

投資のスタートとしておすすめできる

従業員持株会のデメリットは?

 

 

前回の投稿では、従業員持株会の従業員のメリットについてお話しさせていただきました。

 

従業員持株会とは?② 従業員のメリット

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

デメリットもあります

 

前回の投稿では、従業員持株会のメリットをお話しさせていただきました。

 

私の場合、振り返ってみてもメリットありと感じていますが、その反面で実は、デメリットも多いのです。

今回は、そのデメリット面について確認してみたいと思います。

 

すぐに売ることができない

 

従業員持株会で購入した自社株は、実はすぐに売却することができません。

お金が必要だから売却して、おろそう!と思っても、数日といったレベルで現金化することは不可能です。

 

というのも、従業員持株会の株を売却するには、証券会社に自分の証券口座を開いて持株会にある自分の持分を自分の証券口座に移管する手続きが必要になります。

証券口座を開くだけでも数日はかかるでしょうし、持ち株の移管する手続きにには、1~2ヶ月はかかるものと思ったほうが良いです。

私の場合も、会社を退社するまで売却をしたことは無かったのですが、退社後に持株会の出庫手続きが完了するまでに、2ヶ月ちょっとかかっています。

 

これは、考え方によってはメリットにもなりえますね。

すぐに売却できないので、長期的な資産としてしっかりロックすることができるので、お財布のヒモが緩めの方(若いときの私がそうでした)には、このデメリットはメリットになる可能性もあります。

 

株主優待がもらえない

 

もう一つのデメリットとして、株主優待がもらえないことが挙げられます。

これは、株主優待を実施している企業で働いている方に限られる話ではありますね。

先日の投稿のブロンコビリーの社員の方たちは、持株会として株をもらうと食事券がもらえないので、ちょっとかわいそうだな、と思った次第です。

ブロンコビリー 従業員の方に100株プレゼント

 

ちなみに私が働いていた会社では、株主優待は無かったので、この点での損はありませんでした。

 

会社と心中することに?

 

そして持株会の最大のデメリットは、会社の業績によっては株価が下がることもあるため、ダブルパンチを受けることになることもある、ということです。

 

より具体的にいうと、従業員の方は会社の業績が不調になってしまった場合に、給料が減額になったり、望まない人事異動(降格、部署異動、地方転勤、子会社出向)になったり、社員から身分の不安定な契約社員になったりといったことが現実に起こり得ます。

そういったリアルな事情で、会社の業績が懐具合が直結している上に、株価も下落してしまうと、資産的にも大きくすり減らしてしまうことになり、大ピンチですね。

 

このデメリットも逆に言えば、会社の業績が好調で、ご自身も出世街道に乗っていればダブルで儲かって最高、ということになります。

少し長くなってきましたので、続きはまた次回に。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

3:30起床。
4時からは、海外サッカーの視聴。
アトレティコ・マドリード対レアル・マドリードのスペイン首都ダービーマッチです。
クラシコ(対バルセロナ)に次いで、大事な国内の試合になります。

ですが、すでに前節にリーグ優勝を決め、残りの目標はチャンピオンズリーグの決勝(対リヴァプール)のみという中で、マドリーはエースのベンゼマや守護神のクルトワといった主力を温存しました。

勝負は、1対0でアトレティコの勝利。
前半からマドリーの立ち上がりの守備が不安定だったところでしたが、アトレティコの攻撃陣のシュートはいまいちでした。
これが、シティやリヴァプールであれば、前半で2~3点は取られてもおかしくないですね。

後半は、ベンゼマとクルトワ以外の主力を出して、軽い調整を。
バルベルデは好調そうですが、ヴィニシウスはいまいちな感じでした。

この試合で、はじめて見た第2キーパーのルニンですが、思った以上に良いキーパーでクルトワの控えとしては悪くないですね。
また、スタメン出場したバジェホは、普通にレギュラーで出ても良い水準のようです。
だいぶたくましくなって帰ってきてくれました。

逆にフォワードのヨビッチ選手は、試合勘も鈍ってしまったのか、良いところがなく、おそらくこの試合のパフォーマンスでこのオフの放出が決定的ですね。
たぶん、この選手は別のチームでまた輝きを取り戻すと思います。

試合としては退屈(もっとアトレティコの攻撃にビビらされたかった)でしたが、マドリーの普段見ることができない選手を見ることができたので、良かったです。

午前中は、面談を1件。
戻って家事をこなした後に、さらに面談を1件。

事業復活支援金の事前確認を顧問先外でもだいぶ受けてきましたが、ここらで打ち切りにして顧問先の申請に集中したいと思います。

夕方は子どもたちの宿題を見て「ジョジョの奇妙な冒険 第3部」を視聴。
ついに宿敵ディオの登場。
謎のスタンド「ザ・ワールド」。
とても不思議ですね。続きが楽しみすぎます。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

従業員持株会とは?② 従業員のメリット

従業員持株会のメリットは?

 

 

前回の投稿では、従業員持株会についてお話しさせていただきました。

 

従業員持株会とは?

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

若い頃の貯蓄には持株会が便利

 

従業員持株会に、私も若い頃、入っていました。

本格的に株取引をやる前に、持株会での積立をしていたんですね。

入社して数ヶ月してから退社するまでの約7年間、続けていたことになります。

 

従業員の方にとって、持株会はメリットがいくつかあります。

今回は、そのメリットについて見ていきましょう。

 

会社から奨励金をもらうことができる

 

従業員の方にとっての一番のメリットは、会社から奨励金をもらうことができるということです。

私の場合も、毎月の積立購入額の3%か5%の奨励金をもらうことができたと思います。

なにしろ持株会を始めた頃の話は20年前にさかのぼるので、その辺りの記憶は曖昧ですね。

 

記憶が曖昧なのは、持株会の制度がよくわかないけど、とにかく上司にやりなさいと言われたからやった、という消極的な理由で始めたことも大きいような気がします。

奨励金がもらえるから、株価の上下動にかかわらずとりあえず3%~5%お得に積立ができるよね、という程度の理解でスタートしました。

 

ちなみにこの奨励金が10%に及ぶ企業もあるみたいです。

10%はなかなかすごいですね。

 

インサイダー取引になりません

 

従業員持株会のメリットのもう一つとして、インサイダー取引に該当しない、ということも挙げられます。

 

これは、普段あまり意識することがないかもしれませんが、通常、ご自身が勤務している会社の株を取引することはインサイダー(内部者)取引として法律で禁止されているのです。

というのも、会社の内部にいる社員であれば、外部の一般の投資家よりも会社の内情がよくわかりますよね。

 

例えば、製薬会社の社員の方が、自社が新型コロナウイルスの新薬の製造に成功したとか、国からの許認可がおりたとか、そういった情報を仮に入手できたとします。

そうした方が、その情報をもとに全財産を自社株に投じて、情報が一般の方に届いて株価が高騰したところで売却して莫大な利益をあげたとしたら、これはおかしい、ということは感覚的におわかりいただけると思います。

 

ですが、従業員持株会の制度を通じて購入する自社株については、インサイダー取引にならずに安心して自社株を買うことができます。

自分の会社の株を買いたくなるほど、自分の会社が好きであれば幸せですね。

ちなみに私の場合は、会社が好きだったわけではないです。。

 

お金を貯める習慣の第一歩として

 

私は若い頃には、貯金にはまったく興味がなく、給料をもらえばもらっただけ使ってしまっていました。

使い切るだけでは足りずに、クレジットカードのキャッシングで少額を借りたりもしていましたので、一歩間違えば、カードローン地獄に陥るところでしたね。

 

そんな貯金習慣がまったくなかった私でも、従業員持株会に加入して毎月のお給料から一定額を天引きされていたので、この持株会の分だけは貯金ができていました。

この持株会で積み立てた金額を元手に、退職後に大きく株取引をすることができるようになったので、私の投資遍歴においては、けっこう重要な役割を果たしていたと思います。

ですので、投資の第一歩として従業員持株会は悪くないかもしれません。

 

ですがこの持株会、デメリットもしっかりとあります。

続きは、次回お話させていただこうと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

4:30起床。
この連休中は、ほとんど子供のサッカーの試合が入っていて、私も一緒に帯同しているため疲れが溜まっています。
そのため、睡眠を多めにとって回復です。

早朝は事業復活支援金業務をちょこちょこ。
なかなかの作業量で、確定申告後も気が休まりませんね。
ですが、やりきれば必ず成果が出るのでやりがいもありますね。

午前中は、次男(小2)のサッカーの試合に帯同。
朝の7時45分に現地に入って、ピッチの設営を父兄が担当します。

今回は、前日に利用したチームが引いたラインが残っていたので、そのラインをそのまま流用。
おかげで、設営時間を大幅に短縮できました。

午前の次男の試合を終えたら、午後は、長男(小4)の試合。
こちらもピッチの設営を仕切ります。
と言っても、前日のラインが残っていたので、なぞることができたため楽でした。

試合は、長男も次男もいい感じに。
この連休中の連戦で、だいぶ実力がついたように思います。

特に、この10連休で5日間の試合(トータル25試合くらい)をこなした長男。
最終ラインから、一人でドリブルしてシュートからのゴールというシーンも見ることができ、良かったです。

夕方は子どもたちと風呂に入って「ジョジョの奇妙な冒険」を視聴、という一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

従業員持株会とは?

従業員持株会

ご存知でしょうか?

 

 

前回の投稿では、ブロンコビリーの創業家が従業員の方に株を100株プレゼントというお話しさせていただきました。

 

ブロンコビリー 従業員の方に100株プレゼント

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

株主優待はもらえるのか?

 

前回の投稿の際に、ブロンコビリーの社員の方は100株もらうことができて、株主優待をもらうことができるのか?

その点が少し疑問でした。

 

もし社員の方が、株式取引の口座を証券会社に持っていなければ、もらうことが出来るブロンコ株をもらうこともできないんですよね。

これを機に株式口座を作って、その個人の口座に株を移すことになるのか?

気になるところです。

 

またそれとは別の方法で、従業員持株会に株を移すという方法もあります。

この方法だと、個人の口座は不要ですが株主優待をもらうことはできませんね。

 

従業員持株会とは?

 

従業員持株会について、いままであまり触れたことが無かったので、ここで簡単に取り上げてみます。

 

従業員持株会とは、その企業で働いている社員の方が加入する団体です。

 

その従業員の方の毎月のお給料の中から、例えば3,000円とか5,000円とかを天引きして、その天引きされた金額で、自社の株を少しづつ買うことができる仕組みです。

持株会は強制ではない(ブラック企業ではどうかわかりませんが)ので、従業員の方の自由で、加入を決めることができます。

 

企業によっては、天引きされた金額に一定の奨励金を出して上乗せしたりして、インセンティブを付与しているところもあるようです。

 

持株会のメリット

 

実は私自身も若い頃、従業員持株会をやっていました。

大学を卒業して26歳のときにはじめて就職した会社(会計事務所ではなく投資の会社です)では、持株会制度がありました。

 

最初は月に3,000円からスタートして、余裕ができてきたら5,000円に増やして、最後には10,000円にまで増額していたいような気がします。

その会社には7年間在籍していたので、その7年の間にそれなりの金額を積み立てることができました。

 

入社当時は300円台だった株価は、その後、FX(外国為替証拠金取引)ブームに乗って、一時期は1,600円台をつけました。

ですがリーマンショックによってFX事業は大打撃を受けて、株価は下落。

私自身も多くのお客さんを失い退社するころには、500円台になっていました。

少し長くなってきましたので、続きはまた次回に。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

Have a wonderful weekend !!

 

【昨日のできごと】

3:30起床。
前日の夜は子どものサッカー少年団のお父さん達との飲み会で、けっこう飲みました。
ですが、1年で一番重要な試合を前にシャワーを浴びて身支度を整えます。

4時からは、レアル・マドリード対マンチェスター・シティの2ndレグ。
1stレグでは、シティにいいようにやられていましたが、この試合はマドリーは良い入り方ができました。

ボールもそれなりに保持することができ、シティの攻撃もしっかり防げていました。
前半はスコアレスのドロー。

試合が動いたのは、後半から。
交代選手のギュンドアンとジンチェンコがボールを繋いでベルナルド・シウバのドリブルからマフレズのゴール。
このゴールでマドリーも終わったかと、正直思いましたが。

マドリーは左サイドのヴィニシウスがウォーカーに止められていたので、もっと右サイドのロドリコの方から攻めた方が良いのに、とは思いました。

そして、敗退の色が濃厚になってきた90分。
私も観戦しながら、負けたときのメンタルの準備をしていました。

そんな矢先にベンゼマのクロスにそのロドリゴが合わせて、ゴール。
最近のラッキーボーイのゴールで一気に流れがマドリーに。

その後、91分にカルバハルの渾身のクロスにアセンシオがヘッドでかすめたこぼれ球をロドリゴがヘッドで合わせて、ゴール。
またしても奇跡が起きて同点になり、延長戦に突入です。

そして延長戦では、マドリーが押せ押せのムードの中で、ベンゼマがPKを獲得して逆転に成功。
この1点を守りきり、CL準決勝に勝利しました。

マドリーはやはり途中出場のロドリゴとカマヴィンガ、この両選手が素晴らしかったです。
また、最強のシティ攻撃陣を止めたカルバハル、ミリトン、ナチョの守備陣も完璧でした。

シティは選手層も厚く、マドリーより戦力は上だったはずですが、マドリーのCLで現れる馬鹿力のようなものに負けてしまったようですね。

今日は、子どもたちのサッカーの練習がオフなので、午前中からお出かけ。
県内の「むさし野村」というちょっとした遊園地に。

お天気が良すぎて(暑い)すぐに疲れてしまいましたが、子どもたちは久しぶりに遊ぶことができて楽しめたと思います。

夕方は自宅に戻って、バリカンで子どもたちの髪をカット。
霧吹きを使って髪を湿らせたところ、スムーズにバリカンが動き、上手にカットすることができました。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


税理士ランキング

PAGE TOP