サッカークラブに投資する方法 ユヴェントス、アヤックス、暗号資産など

サッカークラブ投資。

マンチェスター・ユナイテッド以外はどうでしょうか?

 

 

 

前回の投稿では、夏休み特別企画として、サッカークラブに投資する方法として、マンチェスター・ユナイテッドの続きをお話しさせていただきました。

 

サッカークラブに投資する方法 マンチェスター・ユナイテッド 続

 

今回は、その続きから、お話しさせていただこうと思います。

 

外国株投資は、楽天証券でしています

 

前回・前々回のブログでお話したマンチェスター・ユナイテッド株投資。

方法についても、かんたんにお話ししておきます。

 

マンU株は、ニューヨーク証券取引所に上場されている米国株ですので、私の場合、楽天証券の口座で特に手続きすることなく、売買することができます。

つまり、楽天証券に口座があれば、日本株と同じ感覚で売買できてしまうのです

購入資金については米ドルの資金を用意する必要などなく、日本円を入金しておけば、日本円のまま買付をすることができます。

税金についても特定口座を使って購入すれば、日本株と同じように売買したときや配当をもらったときに、税金は源泉徴収されるため、特別な計算は不要※です。
※厳密に言うと、配当については外国と日本の両国で源泉徴収されてしまうので、確定申告をして取られすぎた税金を外国税額控除する方法があります。

また、私のように外国株をNISA口座で購入することで配当金や譲渡益が非課税になるという方法もあります。

楽天証券 米国株式

米国株投資であれば、楽天証券にかぎらず、マネックス証券やSBI証券といったところでも取引が可能です。

 

ユナイテッド以外のサッカー株は、難易度高し

 

マンチェスター・ユナイテッド以外に上場しているサッカークラブは存在するのでしょうか?

 

実は、上場しているクラブは割とあるようです。

プレミアリーグではユナイテッドだけなのですが、イタリアでは

ユヴェントス

ASローマ

ラツィオ

の3チームが上場されています。

 

この3チームであれば、興味があるのはユヴェントスですね。

今期はリーグ制覇を逃しましたが、昨期までセリエAで9連覇をしていたという強豪クラブです。

 

 

こちらが、過去5年間のチャート図です↑。

C・ロナウドが加入した2018年の夏から株価は上昇しましたが、その後は、落ち着いてもとに戻りましたね。

今期は、アッレグリ監督の復帰という好ニュースもありますが、まだ株価は反応していません。

アッレグリ監督の元で再びセリエAで優勝するか、もしくはチャンピオンズリーグ制覇となれば株価的には面白いかもしれません。

個人的には、レジェンドOBのジダンさんが監督に復帰というシナリオも面白いのかなと思います。

 

話しが脱線してしまいましたが、イタリア株を買うのはけっこう大変みたいです。

証券取引所はイタリアのミラノ市場

私は買ったことがありません。

 

実際に株を購入された方は、極東証券の対面口座で、しかも最低投資額は1銘柄100万円以上というひどい(と言っては申し訳ないですが)条件で取引されていました。

日本国内から購入可能な欧州サッカークラブチームの株

 

この方によると、他にも

ポルトガルのポルト、ベンフィカ、スポルティング

ドイツのボルシア・ドルトムント

フランスのリヨン

オランダのアヤックス

などのクラブも上場しているみたいですね。

 

個人的には、選手育成がうまいアヤックスなどはクラブの収支的に非常にうまく行っているような印象を受けます。

株を買えるのであればなら、少しのってみたいですね。

暗号資産を導入するクラブも

 

ですが残念ながらユナイテッド以外の株は、ネットで取引するのは難しいようです。

このインターネット全盛時代に、欧州株が一部の証券会社の(しかも対面取引口座でしか)取引できないなんて、良く考えるととっても不思議ですね。

こんな状況がいつか変わるのか?

よく分からないですが、期待はしています。

 

実は、このサッカー株投資関係の投稿のコメント欄で、PSG(パリ・サンジェルマン)の暗号資産を売買しているという先輩からの貴重なコメントをいただきました。

調べたところ「ファントークン」という仕組みで、ファンは株式を買うようにクラブが発行するトークンを保有することができるようです。

 

しかもこのトークンを保有することで、

イベントへの参加権

投票企画

などのおまけがついてくるみたい(あくまで国内の「湘南ベルマーレ」の例ですが)です。

まるで株でいう株主優待のようですね。

 

すでに、このファントークンの仕組みは、

ユヴェントス

バルセロナ

パリ・サンジェルマン

といったビッグクラブが取り入れているようです。

 

日経MJ スポーツ版暗号資産、海外強豪サッカーチームも導入

 

これは、盲点でした。

クラブが株式を上場するとどうしても企業がのっとられてしまうリスクがあるため、なかなかハードルが高いようにも思っていましたが、暗号資産ではその心配はありません。

しかも株式以上に国家間の壁が薄い(というかないに等しいです)ので、グローバルに資金調達をしやすいと思います。

暗号資産は、若い世代にとっては使いやすいでしょうから、今後のファンとの距離感ももっと近づきそうですね。

 

この方法がもっと普及していて、バルセロナが資金をファンから多く集めることができていれば、メッシを流出させずにすんだのではないか、という気がしてなりません。。

 

このファントークンという仕組み、面白そうなので私もさっそく参加してみようと思います。

成果はまた、当ブログにてご報告させていただきます。

 

 

↑試しに少しだけ触ってみました。

アーセナルも入ってますね。ハマりそうでちょっと怖いです。。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※本ブログに掲載している内容は情報提供を目的としており、特定の商品、個別銘柄、取引手法等を推奨するものではありません。最終的な投資決定はご自身で判断していただくようにお願いいたします。掲載している内容は予告なしに変更または中止する場合がありますので、必ず最新の情報をご確認ください。

 

【昨日のできごと】

3:10起床。

午前中の保険の試験があるため、ちょっとだけ気合が入っています。
朝勉は、今まで勉強したことの見直し。
この試験、生保の仕事をする方が必ず受ける試験のようですが、けっこう大変でした。
数時間程度勉強すれば十分と聞いていたのですが、私には難しくて、10時間以上を投じてしまいました。

その後、ブログの加筆・投稿を。

試験は大宮のとあるパソコンスクールにて行われるCBT試験。
試験時間40分のところ、20分以上余らせて88点。
無事合格することができました。
結果が、受験後にすぐ分かるところがすごいですね。
これで、ようやく試験から開放される、、ハズでしたが、このあと会計ソフトのfreeeの認定アドバイザーの試験を受ける予定もあります。。

試験後は、少し大宮の街をウオッチ。
ブログのネタになりそうな店を探して歩き回ってきました。
成果は薄かったですが、また投稿したいと思います。

夕方は、自宅に戻って昼寝後に子供たちとサッカーを。
グランドが野球クラブの使用中でしたが、隅っこで1時間半ほど遊ぶ、という一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング