クラウドファンディングに10年投資した結果について④

10年間で、29件のクラファンに投資した結果について

けっこう厳しい結果になりました。

 

 

前回のクラウドファンディングの投稿では、ファンド事業者が破産してしまったケースや、プロジェクトが中止になりファンドがスタートしなかったケースといったちょっと厳しい面について、お話しさせていただきました。

 

クラウドファンディングに10年投資した結果について③ 破産に巻き込まれることも

 

今回は、その続きからお話しさせていただこうと思います。

 

10年間で完走した22ファンドの全成績公開

 

私が、過去10年間の間に出資したファンドの数はトータルで29件

そのうち4件は、前回お話ししたように、運用がスタートする前に事業者サイドのトラブルで、返金になったケースです。

また、残り3件は、まだ運用中であったり、分配原資がなく分配ができない(厳しいケースですね)ため、最終清算が終わっていないケースもあります。

 

前回ファンドの運用成績のベスト5とワースト5を紹介するとお伝えしましたが、それほど多いわけでも無いので、運用が終わった(完走した)ファンド22件の運用成績の全データを、この場でお伝えしたいと思います。

 

出資金額 分配金額 償還率
50,000円 62,666円 125.33%
30,000円 34,553円 115.18%
50,000円 55,029円 110.06%
50,000円 54,927円 109.85%
100,000円 107,232円 107.23%
15,000円 16,175円 107.83%
50,000円 53,593円 107.19%
30,000円 31,887円 106.29%
40,000円 42,692円 106.73%
20,000円 21,356円 106.78%
100,000円 105,022円 105.02%
50,000円 52,486円 104.97%
30,000円 31,062円 103.54%
30,000円 30,004円 100.01%
50,000円 50,246円 100.49%
60,000円 60,292円 100.49%
40,000円 39,036円 97.59%
30,000円 24,563円 81.88%
20,000円 7,681円 38.4%
50,000円 14,019円 28.04%
40,000円 10,408円 26.02%
50,000円 12,169円 24.34%
985,000円 917,098円 93.11%
-67,902円

 

どんな内容のファンドなのか、気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、事業者さんの迷惑になってはいけない(上場公開企業ではないので)ので、あえて事業内容は伏せさせていただきます。

 

ですが、ほぼ食べものとお酒(日本酒・ワイン・焼酎)の製造・販売プロジェクトに関するファンドがメイン、とだけはお伝えしたいと思います。

 

投資家目線で見るとこの成績では、、

 

上記の表をご覧になってみて、いかがでしょうか?

思ったより、儲かっていると思われるでしょうか?

それとも余り儲からないんだな、と思われるでしょうか。

 

私の感想は、後者(儲からないな)です。

というもの、この分配金額には、投資家特典としてもらった商品(の売価)が入っての金額でもあるからです。

つまり、手元に戻ってきた金額としては、もっと少ないのです。

 

ファンドの運用期間は主に、2011年から2016年の5年間です。

この時期は、日経平均株価が1万円割れの水準から1万9,000円まで上昇した時期です。

そのため、この時期に日本の株式運用をメインに投資していた私は、アベノミクスの恩恵をたっぷりと受け、2倍3倍になるような株高のメリットを享受することができたのです。

そんな私からすると、これらファンドの運用成績は、かなり物足りないパフォーマンスに映ってしまいました。

 

結論:ハイリスク・ミドルリターンです

 

そのようなわけで、クラウドファンディング自体は、上場企業の株主優待よりも事業者さんとの距離感が近くて「応援している」感は感じることができたのですが、「投資」という視点に立つと、物足りなく感じてしまったのが私の経験です。

私の数少ない事例だけで、クラファン全体を論ずる、というつもりはなく、こういう事例を知っていただくことにも価値があると考え、公表してみました。

 

先程の表の下位の部分を見ていただくと分かるように、運用成績が厳しいものは2割~3割になって戻ってくるという大ダメージです。

私は、株式投資14年目を迎えますが、どんなにひどい銘柄でも半値ぐらいの損で済んでいたので、この結果は割とショックでした。

 

この結果を見ると、ミドルリスクというには余りに厳しいので、ハイリスクと言って良いと思います。

反面、リターンは数年の運用で良くて20%ですので、ハイリターンではなく、ミドルリターンです。
個人的には、ローリターンだと思っていますが。

 

私が出資したファンドがたまたま、うまく行っていなかったという可能性もありますが、おそらくそうではないだろうと思います。

実際、会計事務所勤務歴10年超の私から見て、一般の事業会社が、上場企業のパフォーマンスを上回るような利益を出すということは、非常に難しい(特に飲食業界は)ということは、肌身で感じているところでもあります。

 

クラファンは投資目的としては厳しい商品

 

以上4回にわたって、長々とクラファンについて語ってきました。

私の結論では、クラファンは投資目的としては、投資妙味の少ない難易度が高い商品であると考えます。

リスクが高く、それを回避する情報を探すこともできないので、投資上級者向けといっても良いとすら思えます。

 

ですので、クラファンに出資をお考えの方は、利益分配を目的にするよりも、寄付に近い感覚で、事業者さんを応援するスタイルが良いと思います。

 

リスクは大きいので、金額は抑えめに。

投資目的であれば、上場企業の株式や投資信託の方が個人的にはオススメです。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

3:22起床。
朝勉は税理3月号のチェック。
納税環境整備の記事。国税関係書類のほとんどがハンコが不要になる、という内容。すでに電子申告がメインなので、今さらハンコなしでも余り嬉しくはないのですが、正式に制度化することは大事ですね。

CFPの勉強は、不動産運用と金融資産。
苦しみながらも、もうすぐ問題集が1回転。2回転目はラクになっているのか、不安です。

午前中は、雨のためジョギングできないため、自宅で読書。
グッドウィル・グループ創業者の折口雅博さんの「アイアンハート」。壮絶すぎる人生とビジネス伝。面白すぎです。

お昼には、週末の海外サッカーをチェック。
スペインでは、A・マドリード対R・マドリードのダービーマッチがドロー。
レアルにとっては痛い引き分けですが、まだ諦めずにアトレティコを追いかけて欲しいです。
英プレミアリーグでは、ユナイテッド対シティのマンチェスター・ダービー。こちらは、ユナイテッドの勝利。私は、こっそりマンUの株を買っているので、ユナイテッドに頑張ってもらいたいです。

午後はブログ執筆後に、子供のお迎え、という一日でした。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

 

コメント欄をつけましたので、ご感想・ご質問等いただけたら、とても嬉しいです。(メール・サイトアドレスは入力不要です)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA