健康診断の話し⑥ 治療費や教訓めいたお話し

健康診断で、左の腎臓に結石がみつかった私。

つらい体外衝撃波の治療を2回受けたあと、、最終回です。

 

 

前回の投稿では、体外衝撃波の2回目の治療を終え、3回目の診察のアポのところまで、お話しさせていただきました。

 

健康診断の話し⑤ 衝撃波は一度だけじゃない

 

今回は、その続きをお話させていただきます。

 

三度目の衝撃波にうっとり

 

2度の衝撃波治療で、諦めの境地に達した私は、次の診療後に、「まだ石が残っているようです。もう一度、(衝撃波を)当てていきましょう」という話しになるだろう、というつもりでいました。

実際の診療で、やはり石が残っているということになり、その日のうちに、衝撃波の治療が行われました。

痛み止めの麻酔をたっぷりしていただけば、もはや、衝撃波も恐れるに足りません。またしても、夢うつつになりながら、「ドッ、ドッ、ドッ、ドッ、ドッ」という強烈な衝撃波に身を任せて、うっとりしていました

人間の適合力というのは、すごいですね。
こんな環境にも慣れてしまう自分が、ちょっと怖いです。

ですが、途中で、先生から
今日は、いい感じですよ!もうほとんど、石もないみたいです」
ということで、2,000発程度で、打ち止めになりました。

(後日、石が何個か出てきたことも確認できました。)

 

翌月の診察の結果、レントゲンで石の影が映らないことが確認でき、無事、この治療から、卒業することができることになりました。

ちょっと寂しい気持ちもありましたが、とりあえず健康になってなによりです。

 

今回の治療にかかった費用は

 

ちなみに、今回の人間ドックから、体外衝撃波の治療の過程で、どの程度の費用がかかったのか?

あまりこういった治療にいくらお金がかかったか、ということを意識したことがなかったので、自分への備忘録の意味も込めて、記録しておこうと思います。

 

人間ドック     45,400円(自費診療)
CT検査      8,360円(保険診療)
体外衝撃波1回目 59,240円(保険診療)
体外衝撃波2回目 1,620円(保険診療)
体外衝撃波3回目 1,560円(保険診療)

合計は、116,180円でした。

実際には、これ以外にも、診察代や薬代がかかりますので、トータルは13万円程度ですね。久しぶりに、確定申告で医療費控除を使いました。

今回治療をうけた大病院では、会計は、電車の券売機のような機械で行い、支払いでカードも使えました。これは、とっても便利ですね。

 

今回の治療を受けての教訓は

 

結石は、尿に溶け込んでいるカルシウムやシュウ酸、リン酸等がその成分だそうです。

石ができる原因は不明だそうですが、食事の乱れや、内蔵の機能が低下していること(年齢上、ある程度はしょうがないですね)などが、関係あるのかな、という気がしています。

結石は再発しやすい病気なので、要注意ですね。

なるべく水分を多く摂ることが大事だそうですが、私は、冬場は特に、水分をあまり取らないので、水分を多く取りたいと思います。

 

お客様の立場にたった説明を

 

今回の治療では、治療内容を患者である私自身がよく理解できないままに進んでいくという状況で、色々と不安な面もありました

衝撃波の治療では、1回の治療で何千発もの衝撃波を当てること、1回の治療では終わらず、3~4回は当てる人が多いことなどが、事前に知らされておらず、患者である私の立場では、

え!そうなの!聞いてないんですけど!!

と驚く場面が、何回かありました。

きっと、説明することで、患者さんの恐怖心をあおってはいけないという先生の優しさであると思いたいですが、私としては、ある程度、事前に痛いことでも言っておいてほしかったな、と思います。

私たちの仕事の場面(会計事務所業界)においても、お客様の確定申告や法人の決算の場面で事前にシミュレーションをして、税額をざっくりとでも伝えておかないと、納付期限直前で税額が判明して、お客様からクレームを受けるというシーンがよく見受けられますね。

そうならないためにも、私は悪いことも含めて、早めにお伝えすることで、お客様にココロの準備と納税資金の準備をしていただく時間を設けたいと思います。

 

なんか、途中までふざけておいて、最後に仕事に無理やり結びつけてしまいました。

この健康診断とその後の治療の話しは、これで終わります。

しょうもない話しに長々とお付き合いいただき、感謝しております。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

【昨日のできごと】

4:10起床。
昨日に引き続き、今後の勉強についてリサーチ。
ビジネス実務法務検定というのがあるんですね。税法以外の法律は、あまり知らないということを大学院に通って知ったところなので、この資格も面白そうですね。
また、4連休を前にして、今さらGotoキャンペーンを利用できる宿泊施設があるかを調べました。が、さすがに、すでに時遅し。
連休中は、子供のサッカーの試合もあるため、宿泊は難しそう。時期を見て、行けたら近場に一泊旅行、したいです。

その後、子どもたちを送って、図書館に行き、本とCDを借りました。買ったものの読んでいない積読本がたくさんあるのに、あえて新しく借りてきて、古いものを押し出そうという、妙な試みです。

お昼前に、11キロジョグ。爽やかな秋の気候で、タイムが伸びました。1キロのファステストラップは、4分21秒。今年は、暑い夏にしっかり走り込んだので、これからのベストシーズンで、キロ3分台を出すのが夢です。ちょっと無謀ですかね。

午後は、昼寝後にブログ執筆。何年ぶりかに購入したCD(葉加瀬太郎さん)を聞きながらの執筆、はかどります。夕方に、子供のお迎えという一日でした。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると、とっても嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

健康診断の話し⑤ 衝撃波は一度だけじゃない

健康診断で、左の腎臓に結石がみつかった私。

体外衝撃波の洗礼を受けたあと、、続きです。

 

 

前回の投稿では、体外衝撃波の治療を受け、初めての車椅子も体験したことについて、お話しいたしました。

 

健康診断の話し④ 泌尿器科での治療開始

 

今回は、その続きからです。

 

血尿が出て、石が出た

 

体外衝撃波の治療を受けた後、さっそく病院のトイレで小用をすると、先生のお話しにあった、血尿が出ました。

あれだけの衝撃を受けて、痛かったのでだから、そりゃ血も出るよな、という感じではありました。

また、その後、自宅で小用をしていると、尿に混じって、石が出てきました。

実物は手元にありませんが、大きさにして、2~3ミリくらいの石で、パッと見は小学校なんかにあるような校庭の小石、という感じです。

こいつが俺の腎臓の中にあったのか、と思うと不思議な感じで、保存しておこうかとも思いましたが、やめときました。

 

ちなみに、人によっては、この石が排出されるタイミングで激痛が走ることもあるようです。私は、幸いこの石が排出されるときの激痛には、今のところ、当たっていません。

 

年明けの診察では

 

前回の体外衝撃波の治療(12月)を受けてから、年明け1月4日に診察があり、レントゲン撮影をして、結果を見ました。

残念ながら、前回の治療後から、まだ石がそれほど小さくなっていないこと、再度、衝撃波の治療を受ける必要があることの説明を受けました。

 

衝撃波の治療が複数回に及ぶとは考えていなかった私は、

え~、嘘でしょ!あの衝撃波、またやるの!
あれ、めっちゃ痛いんですけど!

と内心思いましたが、あきらめて了承しました。

 

ネバーエンディング衝撃波

 

2回めの衝撃波では、前回、私が痛がっていたことをご理解いただき、痛み止めの麻酔をたっぷりしていただきました。

裏では「あのデカイおっさん、けっこう痛がりでウケるよね」とか言われてそうで恥ずかしいですが、しょうがないですね。

もし、私と同じように、腎臓結石で体外衝撃波の治療を受けられる方がいらしたら(かなりレアだと思いますが)、痛がりの方は、痛み止めの麻酔をすることをオススメいたします。

 

夢の中で3,000発

 

2回目の衝撃波は、繰り返しになるので詳細は書きませんが、1回目以上に強い衝撃を何回も何回も当てました。

結局、2回目はトータルで3,000発の衝撃波を受けたみたいです。

 

私は、強い麻酔によって、半分夢うつつの状態で、意識はあるのですが、どこかフワフワしていて、夢の中を漂っているような不思議な感覚です。

腰に受けている衝撃波の衝撃は、確実に前回以上に強烈なのですが、麻酔で体の感覚がマヒしているので、痛みはあまり感じませんでした。

 

 

3回目の衝撃波は、余裕

 

2度の衝撃波の治療を受け、次の診断のアポという段取りのときに、次の診断では、診断の結果、石が残っていれば、その場ですぐ、衝撃波に行きましょう!という話しになりました。

もはや、諦めの境地に達している私は、

はいはい、どうせやるんでしょ!3,000発でしょ!

と思わなくもなかったですが、少し衝撃波が楽しみにもなってきました。

 

なんだか、怪しい話しになってきましたが、次回がこの話しの最終回です。

しょうもない話が、長編化してしまい、すみません。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

【昨日のできごと】

3:30起床。
早朝の時間は、今後の勉強について、リサーチ。FP2級の勉強は、次の1月の試験まで4ヶ月もあって、ちょっと間延びしてしまうので、間にちがったものを勉強しても、面白そうだなと思いました。

時期的にも内容的にも、宅建が良かったのですが、申込期間がとっくに過ぎていて、間に合わないため、断念。来年(宅建の試験は、年に1回しかない)に備えて、電子書籍で参考書を購入してみました。

その後、子どもたちを送り出し、給油と買い物を済ませて、読書。
お昼前に恒例の11キロジョグ。すっかり秋らしくなり、気温25度くらいで、だいぶ楽に走れるようになりました。

お昼休憩は、海外(欧州)サッカーをダゾーンのダイジェストでチェック。
早くも新シーズンがスタート。注目は、英プレミアリーグでは、大型補強をしたチェルシーとハメス・ロドリゲスが加入したエバートンです。フランスでは、パリとマルセイユの試合も凄かった。。

午後は、昼寝後にブログ執筆、子供のお迎えという一日でした。

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

健康診断の話し④ 泌尿器科での治療開始

昨年、健康診断に行って、異常が見つかりました。

その時の話しの続きです。

 

 

前回の投稿では、泌尿器科の先生に見ていただいたところ、左の腎臓に石があり、衝撃波をあてて腎臓の結石をくだく、という治療方針が決まった、というところまで、お話しいたしました。

 

健康診断の話し③ CT検査の結果、大病院の泌尿器科に

 

今回は、その続きです。

 

まずは、座薬の注入から

 

大病院の泌尿器科の先生は、私の左の腎臓に石があることを指摘しました。

この石が、私の背中痛(腰痛)の原因でした。

この石を取り除く方法として、体外衝撃波という方法が選ばれました。

体の外から衝撃波を当てて石を砕く、というのがいまいちイメージがつきづらくて、どのようなものか良くわからないまま、初診の日から1ヶ月後くらいに、手術の日を迎えました。

 

治療室に一人で横たわり

 

衝撃波の治療を受ける前に、まず、麻酔をするため、看護師さんに座薬を入れてもらいます。この時点で、慣れていな方は、いきなりショックかもしれませんね。

私はどういうわけか、肛門科の方で、すでに経験があったので、この点は大丈夫でした。

その後、30分くらい麻酔の点滴をして、少し眠くなってきます。

眠くなってきたところで、治療機のベッドにのり、いよいよ衝撃波を当てることになります。

(病院内は撮影禁止なので、写真が出せないのです。気になる方は、下のHPをご覧ください)

 

体外衝撃波の様子 高山病院様HPより

 

私は、治療機のベットに寝そべり、石があると思われる部分の背中を機械に押し当てて、待機します。

治療部屋には、私一人がベッドに横たわっていて、先生は、治療室の外から、声をかけてくれます。

 

治療開始 衝撃波の衝撃が徐々に

 

はじめま~す」と先生(若い女性の方です)から、明るい声がかかると、衝撃波が「ドッ、ドッ、ドッ、ドッ、ドッ」と1秒間に1回くらいのペースで私の腰に放たれました。

最初は、昔流行った「電気ショック」(電子ライターの着火部分を取り外して、着火ボタンを押すと「ビリっ」と電流が走ります)というのがありましたが、あれのような、しびれるような軽い痛みがあります。

私は、この時点で
え?なにこれ?
衝撃波って、一回だけじゃないの?
これ、いったい何回食らうの?

という状態になっていました。

まさか、この衝撃波を何十発も何百発も食らうとは思ってもいなかったので、この時点でけっこうショックでした。

しかも、時間がたつごとに、だんだんこの衝撃が強まっていきます

最初は地味~な痛みでしたが、次第にパワーアップしてきて、この「ドッ、ドッ、、ドッ、ドッ、ドッ」が恐怖の音に感じられます。

先生からは「大丈夫ですか~」という明るい声がかかり、私も最初は「大丈夫です!」と答えていました。

が、何度か同じやり取りをしているうちに、
これ、いったいいつになったら終わるんだろう?
もうちょっと、きつくなったらヤバいな

というところまで、追い詰められていました。

時間にして15分くらいでしょうか?

ガラスの向こうの部屋では、先生と看護師さんが楽しそうに談笑している声が、うっすらと聞こえてきます。
その間にも、私にあてられた衝撃波は、段々とパワーが上がっていきます。

 

先生が「大丈夫ですか?」とふたたび確認されたので、私はとうとう「ちょっと、痛いっすね」と弱々しい声で、泣きつきました。

その後、衝撃波のパワーを下げてもらいながら、まだ「ドッ、ドッ、ドッ、ドッ、ドッ」は続きました。

その日は、結局30分くらい治療台にのったように思います。

ですので、放たれた衝撃波は、30分×60秒=1,800発 くらいです。

これは、かなり痛くて、ショックでしたね。

 

人生初の車椅子体験

 

治療台から降りて、看護師さんに手伝ってもらって、車椅子に乗ります。

麻酔が残っていて、危ないためだそうです。

ここで、人生初の車椅子を経験しました。

小さな段差や坂にもひっかかるし、けっこう不便なんですね。

その後、先生からは、この後に尿に血が混じることがことがあると説明を受けて、次回の診察のアポを取って、その日は終わりました。

麻酔が残っているため、車の運転もできずに、歩いてとぼとぼ帰りました。。

 

少し長くなってきたので、続きは次回に、お話しさせていただきます。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

2:15起床。
昨晩に、たくさんの方からTwitterでいいねをいただいたので、興奮して夜中の0時から1時くらいまで起きていました。その後も、ちょっと興奮気味で早起き。
FP3級の試験問題の復習をしました。このまま、1月の2級の試験に向けて少しづつ、勉強は継続する予定でいます。その予定で、3級も少し余分に勉強したつもりです。

子供たちを送った後に、久しぶりのジョギングに。中三日開けて休養十分。先週の金曜日には、足裏とふくらはぎのマッサージをうけてきたので、足のコンディションも良くなったようです。気温も26℃前後の秋らしい空気の中で、気持ちよくタイムを伸ばせました。

お昼休憩は、お待ちかねの半沢直樹(第8話)。相変わらずの畳み掛ける展開で、息をつく暇もくれませんね。後2話、とっても気になります。

その後は、昼寝後にブログ、子供のお迎え、という一日でした。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

健康診断の話し③ CT検査の結果、大病院の泌尿器科に

昨年、健康診断に行って、異常が見つかりました。

その時の話しの続きです。

 

 

前回、前々回と健康診断の話しをさせていただきました。

 

健康診断の話し① バリウム検査より胃カメラ検査が好きです

健康診断の話し② 人生初の人間ドックに行くことに

 

人間ドックで左側の腎臓に異常がみつかり、CT検査をするように先生から診断されました。

 

これまた人生初のCT検査

 

人間ドックを受けたところはクリニックで、CT検査は、クリニックでは受けられないため、近くにある本院に行くことになりました。

私は、44歳(当時)まで生きてきて、大病をしたことがなく、骨折等の大怪我もしたことがなかったため、人生初のCT検査になります。

 

 

↑こんな機械で撮影しました。

撮影の前に入院服に着替えて、点滴をうつのですが、点滴ですら人生初?かもという感じですので、新鮮ではありました。

と、同時に、「あぁ、とうとう俺も病人になってしまったか」という妙なあきらめ感が、あったように思います。

撮影自体は、数分で、あっさりと終わりましたね。

料金は、保険が適用されて、8,360円でした。

 

CT検査の結果は

 

本院によるCT撮影を終えて、ふたたびクリニックの先生にCT検査の結果を見てもらうと、どうやら左の腎臓に石があるようだ、という診察になりました。

尿道結石という病気で、尿管に石がつまってしまい、尿をするときに激痛が走るという話しを聞いたことがあったのですが、それに似たようなものですね。

 

治療については、大きい病院でないとできないということで、市内の市立医療センター(旧市立病院)の紹介状を書いていただきました。

 

泌尿器科での治療がスタート

 

市立医療センター(旧:市立病院)は、私にとっては因縁の場所です。

というのも、30年前に私の母親ががんで亡くなってしまった病院だからです。

とはいっても、病院自体は場所も移転していて、とてもキレイでハイテクな病院に生まれ変わっていました。

ですので、あまり気にしないで、治療生活に入ることができましたね。

 

ただ、泌尿器科というのは、なんとなく、名前的に恥ずかしいな、という感じはありました。なんとなく、あまり人には話したくないですね。

整形外科とか内科とかなら問題なく、人に話せますが、泌尿器科や肛門科は、人に話すのは、ちょっと恥ずかしい感じがあります(私は、どっちも通ってましたが。。)なんででしょうね?

 

 

市立医療センターで見せてもらったレントゲンの写真はこちら↑

泌尿器科の先生に見ていただくと、左の腎臓に1センチちょっとの石がある、とのことです。

確かに、背骨の横に赤丸で強調した部分に、はっきりと白いかたまりが写っています。

 

治療法としては、

① 薬を飲みながら、尿と一緒に石がでてくるのをまつ

② 体外から衝撃波を当てて、体内の石を砕く

③ 手術をして、石を取り除く

 

の3つがあるとのこと。

ただ、①の方法は、石が1センチより小さくないと出てこないので、私の場合は、1センチちょっとあるから、出てこないかもしれない、ということで、②の方法が③の方法かという選択になりました。

ただ、③は手術をして、何日か入院して様子をみることになるため、一般的には、②の方法で直す人が多い、というお話しでした。

衝撃波、というのがどういうものか、さっぱり分からない(イメージとしては、ドラゴンボールの「かめはめ波」ですかね)のですが、衝撃波の場合は、手術をしたその日に帰ることができる、ということだったので、②の方法により、治療することを選ぶことにしました。

 

とりあえずは、安心するものの

 

とりあえず、背中痛の原因がはっきりして、治療法・治療方針も決まったので、安心しました。ひょっとして、がんではないかという心配もあったので。。

どうやら、この石が、サッカーなどの運動することにより、腎臓の中で場所が変わったりすると、激痛を引き起こすみたいですね。

結局、大学院の論文指導で脂汗をかいたときから、一度も激痛は来なかったのですが、たまに痛みを主張してきたりして、ずっと背中の中で異物感は残っていました。

 

ここから、私の治療生活がスタートです。

衝撃波は、私の想像を超えて、色んな意味で衝撃でした。

続きは、引っ張るようで申し訳ありませんが、また次回にお話しさせていただきますね。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

Have a wonderful weekend !!

 

 

【昨日のできごと】

3:30起床。
FP3級の勉強は、タックスプランニングの問題集続き。
昨日に続き、順調な仕上がりです。

次男と三男がウルトラマン(いつもは、最新のウルトラマンゼットですが、今日は初代のウルトラマン)を見ているスキに、洗濯物を干さずに乾燥機を回して、ブログの執筆に。これは、ラクすぎる!洗濯物を干す生活に戻れないかも。。

次男・三男を送った後に、再びブログの執筆に。書き終えたら、11キロジョグに出発。曇り空の秋モードで、走りやすかったです。
その後、ララガーデンに行って、丸亀製麺で天ぷらを家族分購入して、ミスタードーナツでドーナツを購入してきました。
ちなみに丸亀、ミスドとも株主優待券を使っています。

夕方、3兄弟を迎えに行き、夜は、大学院の仲間たちと卒業以来の飲み。久しぶりに仲間たちに会えて、ほっとしました。でも、もっと話したかったな。
その後は、うっかり電車で寝過ごして、一駅乗り過ごして午前様、という一日でした。。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

健康診断の話し② 人生初の人間ドックに行くことに

昨年、健康診断で異常が見つかりました。

その時の様子をまとめておこうと思います。

 

 

前回の投稿では、健康診断の話しとして、バリウム検査より胃カメラ検査が好き、というお話しをさせていただきました。

ちょっと脱線気味ですが、胃カメラ検査を受けたことがないという方も、けっこういらっしゃるので、胃カメラ検査について、少し詳しく、お話しさせていただきました。

 

健康診断の話し① バリウム検査より胃カメラ検査が好きです

 

今回は、人間ドックに行く話しをさせていただこうと思います。

 

原因不明の腰(背中)の痛み

 

実は、健康診断に行く前から、腰(背中)の痛みを感じるようになっていました。

特に腰の痛みを強く感じるようになったのは、子どもたちとサッカーをしたあとです。

サッカーをすると、シュートの動作をするときなど、普段使わない腰回りの筋肉をつかうので、当初は腰を痛めてしまったのかと、思っていました。

その後、割とすぐ痛みはなくなり、ジョギングをしたりしても、痛みが出ることはなかったのです。

 

論文指導の初回に体調が急変

 

無事に、税理士試験に本試験を終えて、大学院の論文指導がいよいよ本格化する論文指導の第1回目の日。

マンツーマンで2時間に及ぶ対面指導でしたので、私はガチガチに緊張していました。

先生の指導を受けている最中に、じわじわと腰が痛みだし、体調がどんどん悪化し、気分が悪くなり、脂汗が浮いてきました。

先生には言い出せず、その場は、なんとか水を大量に飲みながら、しのいだのですが、先生の話しは上の空で、あまり頭に入らなかったですね。

 

きっと先生の直接指導で緊張のあまり、具合が悪くなったのだろうと考えていましたが、帰りの電車の中でも腰(背中)の痛みが収まらず、家に帰ってからも2時間くらい、動けないほどの激痛に苦しめられました。

「もしかして、これ救急車呼ばないとダメなやつかな?」と思いながら、その日は寝て、なんとか痛みは収まりました。

 

人生初の人間ドックに

 

その背中の痛みも、やわらいだり全くなくなったりと、日によって波があるようになりました。

とはいえ、救急車を呼ぼうか考えるほどの激痛に苦しめられたので、これはちゃんと見てもらわないとダメだなと思い、翌日、病院に行きました。

検査をしてみないと分からないということだったので、いつもの健康診断ではなく、もう少し詳しく見てもらえる人間ドックに行くことにしました。

私も(当時)44歳、若くはないので、ここらでちゃんと調べてもらって、悪いところは全部、治療しておこうと思ったのです。

 

ちなみに私は、人間ドックのことをずっと「人間ドッグ」だと思っていました

同じようなことを考えている人が、おもしろ画像を作成してくれていますね。

お暇な方はどうぞ 人間ドッグの画像

つらいとき、悲しいときに、私はこれらのドッグたちの楽しい画像をみて、笑い飛ばしています。ホントです。

 

人間ドックは、自由診療で5万円程度の料金がかかりました。

オプションを増やすことで、10万円を超えるようなコースもありましたが、とりあえず脳のCT検査とかは良いかな、と考えはずしました。

 

診断の結果は

 

人間ドックについては、なんとなく、泊りがけで見てもらうイメージだったのですが、通常の健康診断と変わらず、午前中の半日で終りました。

料金的にはだいぶ違いますが、内容的に何が違うのか?良く分からなかったぐらいです。

そして、人間ドックで見てもらった結果、

 

 

腹部の超音波検査で「左腎 腎盂(じんう)拡大」という異常がみつかりました。

どうやら、左側の腎臓が腫れているみたいです。

 

 

腎臓に異常が認められたため、先生にCT検査を受けるようにすすめられました。

CT検査、受けたことはなかったので、当然不安です。

 

少し長くなってきましたので、続きは次回にお話しさせていただこうと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

【昨日のできごと】

3:30起床。
FP3級の勉強は、タックスプランニングの問題集2回転目。
専門分野といえば、専門分野ですので、ここでの失点は許されませんね。この部分は、順調に仕上がっているように思います。

洗濯物を干して、その後、次男と三男を送った後に軽く読書。
ちなみに、洗濯物を干すのに要する時間は、毎日だいたい20分、取り込む時間も5分くらい。なかなか負担が大きいので、乾燥機を使うか、実験してみようと思います。洗濯物はたたむのも、ホント大変なんですよね。

お昼前に、11キロジョグ。9月に入っても、日差しは強烈。昨日の失敗を生かして、今日は、キロ5分30秒くらいのゆったりしたペースから入ると、後半バテずに走り切ることが出来ました。

その後、昼寝をして、ブログ執筆。夕方は、長男のサッカー練習(ナイター練習はテンションが上ります)に付き添い、という一日でした。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

 

健康診断の話し① バリウム検査より胃カメラ検査が好きです

毎年、税理士試験が終わったこの時期(9月)になると、健康診断を受け、歯医者に通っていました。

昨年、健康診断で異常が見つかりました。その時の様子をまとめておこうと思います。

 

 

健康診断は一年で一番、憂鬱な日

 

健康診断に行くのは、毎年、9月か10月頃にしていました。

理由は、8月の税理士試験が終わってから、気分的にリラックスできる時期に受けるためです。

というのも、以前は、健康診断でバリウム検査を受けると体調が悪化し、その日一日動けなくなってしまうことがあったためです。

そんな健康診断の日は、私にとって、一年の中で一番憂鬱な日になっていました。

そこで、試験前の貴重な一日を失うわけにはいかないことから、毎年9月か10月の時期に、健康診断に行くようになりました。

 

バリウム検査は、ほとんどS◯(元上司談)

 

健康診断では、35歳以上になると、胃の検査をすることになり、バリウムを飲む必要があります。

私は、あのバリウムが苦手で、何度飲んでも好きになることが出来ませんでした。

飲んだことがないという方に、私なりの感覚でご説明申し上げると、バリウムとは「紙粘土を水でドロドロに溶かして、その液体にヨーグルト味を付けたようなもの」です。

ご想像いただければ、おわかりかと思いますが、紙粘土は飲み物ではありませんので、飲んでも体が拒絶反応を起こします。

さらには、バリウムを飲む前に発泡剤というソーダジューズの粉のようなものを飲まされて、ゲップが出そうになっている中で、紙粘土ドリンクを飲んでゲップを我慢しなければなりません。


このソーダの粉を知っている方は、アラフォーですね。

 

その上で、レントゲン技師の方のお導きによって、撮影マシーンの硬いベッドの上を右に回ったり、左に回ったり、横を向いたり、といったつらいつらい仕打ち(私の上司は、S◯と言ってました)をうけることになります。

おまけに、そのバリウムを排出するために、下剤も飲むことになります。。悪夢はどこまで続くのでしょうか?

 

胃カメラを飲むことをオススメします

 

そんなつらいバリウム検査は、レントゲンを撮る際に被ばくするというリスクもあるようです。

何よりも、レントゲンを撮って異常が見つかった際に、結局、胃カメラ検査により、再検査をすることになるから二度手間ではないか、という方もいます。

 

そこで、私は、5年くらい前から、胃カメラ検査を受けることにしました。

そんな胃カメラのメリットはこちら↓

 

とある病院のHPより 細野医院様

 

胃カメラ検査は、鼻からカメラを入れる方法と、口からカメラを入れる方法の2種類があり、私は、口からカメラを入れる方法をいつも選択しています。

胃カメラの検査がつらい、という方もいますが、おそらく、麻酔をしないで検査を受けられたかもしれません。

というのも、麻酔を十分にしていれば、胃カメラの検査は、さほどには苦痛ではないからです。

 

胃カメラも、楽ではありませんが

 

とはいえ、口からチューブ状のカメラを入れて、喉を通って、胃に達する状況は、口内から喉にかけて、たっぷり麻酔をしていただいているとはいえ、違和感もあります。

特に、カメラが喉元を通過するときに、異物感を感じて、「おえっ」っとくることは、どうしてもありますね。

さらには、カメラが映し出す映像を、その場で、先生が見せてくれて、解説していただけるものの、「そんなん見てる余裕ないから!」というのが、初回のホンネでした。

ただ、私も5回くらい胃カメラの検査を受けていて、昨年は今まで検査を受けていた病院とは、別の病院にしたところ、今まで苦痛だったことが嘘のように、あっという間に検査を終えることができました。

ですので、胃カメラ検査がけっこうつらい、と感じる方は、一度、違う病院で検査を受けて見るもの手だと思います。

※胃カメラ検査は、オプション(追加料金で2000円程度、通常はこの料金は自腹ですね)になっていて、申告しないとバリウム検査に自動的になってしまうところもあるようですので、ご注意ください。

追加料金の2000円程度で、あのバリウムの苦痛から逃れることができるのであれば、安いものと私は考えています。

バリウム検査がつらいという方は、一度、胃カメラ検査をご検討いただければ幸いです。

 

少し長くなってきてしまったので、続きは次回にお話しさせていただこうと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

 

【昨日のできごと】

3:05起床。
FP3級の勉強は、金融資産運用の問題集2回転目。
ここは得意分野なので、だいぶ仕上がってきました。試験まで、あと5日。油断せずに、ラストスパートをしたいと思います。

その後、次男を幼稚園に送り、図書館に本を返しに行った後、三男のやけどの痕をみてもらうために皮膚科に。順調に回復していて、包帯を巻く必要がなくなり良かったです。ホント子供の回復力はすごいですね。

戻って、いつも通り11キロジョグ。強い日差しが、私の体力を奪い苦戦しました。
お昼休憩には半沢直樹(第8話の収録が間に合わなかったことによる生放送スタジオトーク)。香川照之さんのあの演技、アドリブがかなり入っているんですね。感心しました。

その後、お昼寝をして、ブログ執筆、という一日のハズが、書きかけで、保育園から連絡があり、三男にじんましんがでているとのこと。急遽、早退させて、小児科に。2回も病院に行く、大忙しの一日となりました。

 

ブログランキングに参加しています。
よろしければ、↓のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


税理士ランキング

 

レーシックの手術をして6年が経ったおっさんの現在

中学2年生のときから、近視がすすんで、眼鏡をかけました。

以来25年間、眼鏡をかけつづけた人生でした。

が、6年前にレーシックの手術を受けました。

今日は、そんなお話しをさせていただきます。

 

レーシックとは?

 

改めて、ここで説明するまでも無いことかもしれませんが、もしご存じない方がいたらいけませんので、念の為、レーシックについて、説明させていただきたいと思います。

 

JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会) レーシック情報より

 

ちょっと難しいですが、要は、
レンズである角膜をレーザーで加工することで、屈折を矯正する方法のことのようですね。

私も、正直なところ、細かい理屈は分かってはいません。

 

なぜ、レーシックをしたか

私の場合は、営業マン時代の上司やお客さんが、レーシックをして快適だという話しをしていたので、つられて乗ってみた、というのが実態ですね。

もともと、眼鏡をかけていて困ることの一つに、子供が眼鏡をいじりたがることがありました。

長男が1歳になり、活発に動き始めた頃、眼鏡をいたずらされて、イライラしていたので、レーシックの手術を受けることにしました。

 

乱視混じりの近視で、視力は、両目とも0.05くらいのど近眼だった私ですが、レーシックによって、両目とも視力は1.5に回復しました。

 

レーシックのメリットとデメリット

 

レーシックのメリットは、なんといっても眼鏡をかけなくても良いことです。

そこから派生するものを思いつくままにあげてみますと、

 

朝起きて、眼鏡を探す時間がなくなる

眼鏡を磨く時間がなくなる

眼鏡を買い換えるコストがなくなる

子供に眼鏡を触られてイライラする事がなくなる

スポーツするときに、眼鏡がジャマということがなくなる

温泉やプールや海で、眼鏡がなくても困らない

雨の日や風の日も眼鏡のことを考えなくても済む

 

などなど、眼鏡に関するお困りごとは、すべて解決されてしまいます。

個人的には、スポーツ(ジョギング)しているときに眼鏡が無いのが、一番のメリットだったかな、という感じがしています。

特に、現在のような夏の時期に、眼鏡に汗がかかったりすると、走っているときに気がかりで、気持ち悪いんですよね。

 

これに対してレーシックのデメリットは、

手術費用が高額

なんだか分からないが、痛そう

失敗例(ドライアイ等)もあると聞く

夜の電灯がぼやけて見える

眼鏡をしていないと、顔が寂しい

眼鏡をやめると、恥ずかしい

 

デメリットに関しては、一応、ご説明申し上げます。

まず、手術費用についてですが、私の場合は、総額で31~2万円の費用がかかりました。

安いところを探せば、もっと安いところはいくらでもあると思いますが、私の場合は、術後のアフターフォローも考えて、自宅の近所で腕の良さそうな眼科医にお願いしました。

考えようによっては、2年に一回3万円くらいの眼鏡を買い換えるとすれば、20年で元が取れるという計算もできますね。

眼鏡のメンテナンスコストは一生モノですが、レーシックは6年たった現在でもほぼ0です。

また、朝、起きたときに眼鏡を探す時間のロス(ってどんだけ探すんだ、と笑われそうですが、酔っぱらいは、けっこう探すことが多いのです。また、子供が夜にいじってどっかにやってしまうパターンもあります)もなくなるので、これが大きいですね。

 

次に、なんだか分からないが痛そう、ですが、手術の瞬間は麻酔が効いているため、全く痛みはなく、麻酔が切れる、術後1時間から翌日の間くらいは軽く痛みます。

が、その後は全く痛み無く、通常の生活を送ることができています。

あえて、リンクは貼りませんが、You Tubeでレーシックの手術動画を見ることもできます。私は、全部は怖すぎて見れませんでした。。

 

失敗例(ドライアイ等)に関しては、私からは何も言えません。

私はたまたま失敗しなかっただけ、と言ってしまえばそれまでですし、私が大丈夫だったから、皆さん大丈夫です、とは言えませんので。

ただ、もともとドライアイの傾向がある方は、レーシック後にその傾向が強くなる可能性はあると思います。

 

つづいて、夜の電灯がぼやけて見える、ですが、これが、6年経った現在の私が考える唯一のデメリットです。

特に、夜に車の運転をしていて、トンネルに入ったときは、光の量が多すぎて、視界がけっこうぼやけて怖いです。

私の場合、夜に運転する機会は、ほとんどないため、それで困ることもほとんど無いのですが、夜の運転が必要なお仕事の方、プライベートで夜に運転される方は、ご注意ください。

 

そして、眼鏡が無いと顔が寂しい眼鏡がないと恥ずかしいは、私の場合です。

このギャップを埋めるために、レーシックをしたあとも、仕事中は、ずっと伊達眼鏡をかけていました。

仕事柄「眼鏡=知的」というイメージは残すために、というのも理由の一つですし、仕事=眼鏡、オフ=素顔、という切り替えも楽しめます

それすらも面倒になって、最近は伊達眼鏡をかけることもほとんどなくなりました。

 

リスクもあるので、オススメはしません

 

 

レーシックに関しては、歴史が浅いこともあり、20年後30年後に実際どうかを語ることができる人は、ほとんどいないのが実際です。

ですので、私にしても、このあと、術後10年20年後にどうなるのか、老後の白内障になったときどうなるのか?

問題ないと聞いていますが、そのときになってみないと分からないことも多いと思います。

 

ただ術後6年の私の個人的な感想でいうと、
レーシックでの視力回復には、大変満足しています
し、このあと視力が下がってしまっても(実は、すでに0.8くらいになってますが)また、再度レーシックの手術を受けて(受けられるのであれば、ですが)視力回復を図りたい、と思っています。

それぐらい、眼鏡がない生活は、ストレスフリーだということです。

 

あくまでの個人的な感想ですので、ご参考まで。

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

Have a wonderful weekend !!

 

【昨日のできごと】

2:50起床。
FP3級の勉強は、財産の評価。これで、参考書が1回転しました。
来月の試験まで、あと1ヶ月。参考書をもう1回転しようと思います。
あとは、過去問にも挑戦予定です。

今日も天気は良かったものの、ジョギングは休足の日として、余った時間で、旅行のことについて、久しぶりにInstagramやFacebookに投稿しました。

その後、子どもたちがプールをやりたいというので、朝9時から自宅プール。
子どもたちの全力少年ぶりに、ついていけないですね。

その後、お昼にそうめんを食べて、昼寝、ブログ執筆。
夕方からFacebookでつながった中学校時代の同級生4人で地元飲み。
楽しすぎて、4時間半があっという間でした。
ちなみに、飲んだ焼き鳥屋さんもFacebookでつながった大昔の友達の店。
Facebookのおかげで、いろんなつながりが復活し、最高です!

千里の道も散歩から -私のダイエット格闘記①-

気温が30度近くになってきたこの季節。

薄着になる機会も多くなりますね。

思わず隠したくなるお腹。何とかしたい方、必見です。

 

 

 

鏡を見て、悲しくなった30歳の夏

 

 

私の体重は、現在65キロから66キロのあたりを推移しています。

身長は188㎝ありますので、適正体重は77キロぐらい、BMIは18.67という数字です。痩せている、とよく言われますが、この数字は、標準体重みたいです。

 

BMIについては、こんな計算サイトがありました。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1161228732

 

私は、骨格が細くて、昔から痩せている時代の方が長いですが、何を食べても太らない、というタイプではありません。

実際に30歳の頃は、体重が90キロぐらいあり、お風呂に入る前に鏡に立った時、ぶよぶよにたるんだお腹周りを見て、

「一体、こいつ、いつの間に!」

と悲しくなった記憶があります。

当時の私は、会社の社員寮に入っていて、寮母さんがメチャクチャ美味しい晩御飯を作ってくれていましたので、そのおいしい晩御飯を夜の10時くらいにお腹いっぱいに食べていました。

その後、部屋に帰って、缶ビール2本(500ミリ)を飲みながら、亀田の柿の種を2袋食べ、更にはウイスキーや焼酎を飲みながら、別のつまみを食べ、、と恐ろしく不摂生な食生活を送っていたのです(今でも柿の種は一日に二袋食べてますが)

 

一念発起して、ジョギングを始めたものの、、

 

そこで、ダイエットをするために、ジョギングを始めました。

ジョギングは、20歳のころまではしていましたが、それ以来、全くしていませんでした。ところが、30歳で全く運動をしない上、90キロの巨体ですから、ほとんど走ることができず、最初は500メートルくらいで、ばててしまったと思います。

その後、少しづつ、距離は伸びていきましたが、寮にいた時代には、5キロも走ることは出来なかったと思います。今では、ジョギングで20キロ走ることもできるようになりました。ジョギングの話しは、また後日、お話ししたいと思います)

 

そこで私は、走る前に、まずは歩くことから始めました。

当時の私の勤務先は、勤務時間が恐ろしく長い会社(朝7時から夜9時までが定時)で、散歩をするための時間を作る程、時間的な余裕がなかったため、歩くのは通勤のついでにしていました。

朝にいつもより早く(20分から30分くらい)出発して、最寄り駅より1~2駅先の駅まで歩いたり、または会社のある渋谷駅の1~2駅前(池尻大橋、三軒茶屋)でおりて、会社まで歩くことで、運動量を増やしていきました。

また、歩く道も毎日ちょっとづつ、変えてみることで、飽きないような工夫をしてみるのもおススメです。私の場合は、寮にいた当時は、田園都市線沿線の高級住宅街で、住んでいる人の家や庭、車をチェックしたり、渋谷近辺ではビルやお店をチェックしたりすることができ、飽きることなく、この出勤前の散歩を楽しむことができました。

 

歩くことで、「欲望脳」が目覚める⁉

 

この散歩の習慣は、当時読んだ「たった3年で楽しいお金持ちになる方法」佐藤富雄著(朝日新聞出版)によるところが大きいです。


この本によると、歩くことで人間は、

「欲望脳」が目覚め、色々な夢が見つかるようになる

とのこと。

実際、私も仕事がハードな会社で、流されるままに、社畜(余り使いたくない言葉ですが)同然の生活を送っていたのですが、毎日歩くことで「欲望脳」が目覚め、「少しづつ人生を変えて行こう!」という前向きな気持ちが芽生え、仕事やお金、そして体重をコントロールすることができるようになりました

 

そんなわけで、体重が気になる方、運動を始めたい方は、いきなり走るのではなく、まずは歩くこと、できれば、通勤中の朝のさわやかな空気の中で、歩いてみることをおススメいたします

 

この体重との闘いの記録、次回は、ジョギングの方法(一応、ジョギング歴15年です)についてお話ししてみたいと思います。

 

【編集後記】

昨日も子供たちと公園に。

外出規制が緩和されそうな空気感もあり、だいぶ公園に来る人が増えました。

それでも、春日部の公園は、都内の公園に比べると、スカスカですけど。

アフターコロナの時代には、郊外の戸建てがブームになるんですかね。